スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

AV男優の生でだらだらイかせて!! VOL2

 前回の続きです。

 次のコーナーは、会場に集まった男優たちに「なぜこのAV男優という特殊な職業を選んだのか?」という質問を投げかけるコーナー。

 これに関する理由は各男優様々。
 フーゾクに行く金欲しさに金を借りに行ったら、行った先で「フーゾク行くくらいなら、セックス出来る職業を紹介してやる」と言われて。
 就職した先輩の話がどれもつまらなく、どうせなら面白い職業に付きたかったから。等々。

 セックス通算7000本を超える猛者(乳首に換算したら14000粒だよ怖ぇ)も数人いる中、「AV男優はプライベートでもセックスをするのか」という話題に。

 する日もあればしない日も普通にある、という答えの中、黒田さんから飛び出したしみけんさんのセフレ被りの話※がメチャクチャ面白かった。

※黒田さんが1日で6発ヤッたセフレにケーキをプレゼントしたら、その女性は実はしみけんさんともセフレだった。更にその女性は黒田さんからケーキを貰った翌日、そういう趣味のあるしみけんさんへのクリスマスプレゼントとしてウンコを渡した。つまり、黒田さんから貰ったケーキが女性の体内を経てウンコとなってしみけんさんへ渡った。

 何ちゅー話だよと思われますでしょうが、イベントの内容はこんな話ばっかりでした。

 あと面白かったのは、酒井法子が呪怨2で寝転がった畳の場所は、しみけんさんがスカトロの撮影の時にウンコをした場所と全く同じだったっていう話でした。「あ!! のりピーが寝転んでる場所、前にオレがウンコした場所だ!!!」の台詞で腹筋が切れそうになった。

 次に、「ハードだった現場の話」に移る。

 AVの世界に入って一年目の望月 輝さんにマイクが渡ると、客席から「可愛い~」と声が飛ぶ。

望月さん「僕は最初、おしっこが好きで……」
久保田さん「今可愛いって言ったの誰だ?」
望月さん「それで、最初の現場がおしっこを全身に受ける現場で……たくさん」
久保田さん「風邪ひくで、ソレ」
望月さん「それで、受けるのは寝っころがってと……コップに受けてと、あと……」
久保田さん「綺麗な目でこっちを見るなよ!!」
森林さん「要するに、冬の寒い時期にたくさんおしっこ浴びせられて大変だったってことだよね」
望月さん「あ、はい……そんな感じです」


IMG_1436.jpg


 望月さんは終始、夕日の射す河原で、イタヅラをされた少年が雲に向かって告白しているような空気感を醸し出していた。望月さんの出てる作品、観てみたいなぁ。作中でもあんな夕日に立ちつくしてそうな感じなんだろうか。

 そのまま、望月さんの通訳と化していた森林さんにマイクが渡った。

森林さん「ニューハーフの童貞奪った※とこと同じ会社の作品なんですけど
平均年齢65歳のおばちゃん5人を相手にする現場で
久保田さん「こんな一瞬でおしっこの話消える!?」

IMG_1443.jpg


 森林さん曰く、その日撮影の楽屋を開けると、そこにいたおばちゃん達がお互いの裸を褒め合っているという、地獄のような光景が広がっていたらしい。自分の母親位のおばちゃんが「綺麗なおっぱいねぇ」「あなたこそ綺麗なお尻」とか言い合ってるのを想像するだけで、自分には何の業があるのか想像しちゃうよね。前世で賽銭箱に脱糞でもしたのかなぁ、とか。

 今回の出演者中一番の狂気(後述)を放っていた森林さんもそこまではまだ堪えられたものの、おばちゃんがウェットティッシュのことを「脱脂綿」と言っているのを聞いたところで心が折れたそうだ。

 大変な仕事だなぁ……。

 しみけんさん曰く、「生活保護の申請が通りにくくなってきた影響から、AVに流れてくるおばあちゃんが多い」という話に、この日一番の日本の闇を感じました。

※「最近ニューハーフになったばかりで女の悦びを知らないので、処女を奪ってください」と言って撮影に来たニューハーフがいたので、森林さんはニューハーフの目をつぶらせて上に跨り、処女ではなく童貞を奪ったことがあるそうだ。一言で言ったら、正常位ではなく騎乗位になったってこと。

IMG_1427.jpg

 一部の終わりに、各男優さんが「この仕事を続けるコツ」を挙げていった。ただし、ほぼ全員に共通していた意見が

・栄養管理
・SEX出来るありがたみ
・女性に触れられるありがたさ

 素晴らしい。ということで、続きは追記で。

続きを読む

2014-05-24 22:37 : アングライベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

AV男優の生でだらだらイかせて!! VOL1

 5月16日、ロフトプラスワンで行われた『AV男優の生でだらだらイかせて!!』に参加してきました。
 http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/23263
 タイトルからしてヒドいんですが(パクリだし)、内容はまぁさらにヒドかったです。

 そもそもこのイベントがなぜ行われたかというと、主催者のおぱんぽんさん(無職)が阿佐ヶ谷ロフトでうんこ味のカレーを作るというイベントを行い、その際に今回の出演者の一人であるしみけんさんと知り合い、それがきっかけとなり発生したイベントだそうです。

 イベントは3部構成で行われるそうで

第一部 AV男優徹底解剖
第二部 AV男優と試練の七番勝負
第三部 AV男優に相談しようそうしよう

 こんな感じで……ねぇこれ内容詰め込みすぎじゃないでしょうか? 具沢山すぎる。そう思いながら出演男優の全員のサインが書かれたTENGATシャツがステージ脇ではためくのを眺めていたら、船員オーバーのまま嵐に向かう海賊船を眺めているような気分になりました。

 というか、イベント出演者の男優さん、爽やかな見掛けに反して性欲は海賊並みって感じでとてもいいですね。(そしてこれ書きながらおぱんぽんさんのツイッター拝見したら、企画数オーバーに関してとんでもないネタバレが記載されていた。)

 そして何の前触れもなく始まるLOVELY POP社のバイブのCM。これが白昼堂々、ヒルナンデスとかキューピー三分間クッキングの合間のコマーシャルに流れるような世の中になったらいいのにな。チャレンジジョイみたいなノリで……駄目だ、それAVだ。(バイブ片手に玄関ガチャッ「奥さん、これ使ってみてください!」)

 立て続けに流れ出す壮大過ぎるオープニング映像、怒涛の勢いで映し出されてゆく驚異のテロップ!

IMG_1376.jpg

『芸術的クンニ!!!』
『彼らはAV女優とSEXしているのではない、地球とSEXしている!!!』
『全身を性感帯に変える魔術師』
『AV男優である前に紳士たれ
 AV男優である前に変態たれ』

 なんだこの観終わった後の充実感……顔射で宇宙人撃ち殺したり、ピストンで隕石砕く映画の宣伝って言われたら、ちょっと信じたかもしれないクオリティだった。合間合間にセックスやクンニの映像挟んでたけど。

 オープニング終了後、まずイベントオーガナイザーのおぱんぽんさんと司会のとろサーモン久保田さんが入場。

おぱんぽんさん「当日券抽選になるほどの満員ですね」
とろサーモン久保田さん「俺昨日ネゴシックスとやったイベント、客5人やったで」
おぱんぽんさん「今日日本で一番股間が熱い会場ですからね、ここは」

 そしてゾクゾクとステージに現れるAV男優陣。


IMG_1384.jpg


 ステージ上には10人余りしかいないのに、なんか密度高い。一見、乱交前。最初の方にも書いたけど、今回のイベントは大入り満員だったためかイベントの注意事項の紙に「かなり暑く、酸素不足になる可能性もあるので、具合が悪くなったらお店の人にお伝えください」と記載してあった。これ……このAV男優イベントの後にデブカワナイトやったら、プラスワンの空調とんでもないことになるんじゃなかろうか。

 ところで、このイベントで聞いたAV男優の基本生態によると、AV男優は日本に100人もいないそう。イリオモテヤマネコと同じくらいの個体数ですね、性産業が産んだ人工の天然記念物です。

 続きは追記で。

続きを読む

2014-05-17 20:21 : アングライベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

信号ハウス

 引き続き北海道のアレが続きます。 
 せっかく北海道来たので、前に某テレビ番組で紹介された「札幌にある妖しい家」をどうしても見てみたくてですね。見て分かる通り、タイトルすらもどうしていいか分からんのですが、前回言った通りに今回載せる写真は個人亭のモノです。何か問題があったら、消す方向で。

 さて。
 そういうわけで帯広から札幌に移動した後、今回一番気になっていた物件を探していたら

IMG_1231.jpg


 突如として、その物件が目の前にその姿を現した。


sinngouhouse_minoritycamp.jpg

 こういったスポットに必ず一体は置かれている例のネズミのレプリカも、ちゃんと観測した。
 圧巻ですなぁ……。
 いくら個人亭とはいえ、この規模と衝撃は想像以上。

 続きは追記で。

続きを読む

2014-05-16 03:11 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

幕別忠類ナウマン象記念館

 札幌へ向かう途中、幕別町で「ナウマンゾウ記念館」と書かれた看板を発見。なんとなく気になったので、寄って来た。

公式HP
 http://www.town.makubetsu.lg.jp/kyouiku/matikadogallery/naumanzokinenkan/naumanzo.html

 像の肌をイメージしたという外壁には、麦飯石が使用されているそうです。麦飯石って、岩盤浴に使われる石っていうイメージが強すぎて象のイメージ正直あんまり浮かばない……。
 で、こっちのサイトはテーマパークとしてのおすすめ度が載ってるんだけど……
 http://www12.plala.or.jp/k-hirao/kankou/41_18.html
 ★★☆☆☆って低いだろ! もっと推そうぜ、そこは。


IMG_1065.jpg


 パッと見たところ、町で造った資料館のようなので、珍的要素は薄いかもなぁと思ったのですが……そんなこたなかったね。


IMG_0976.jpg


 そんな被り物で、人がジャングルに溶け込めるとでも思ったか!
 なんで胴体部分から顔を出そうと考えたんだ……グレンラガンじゃないんだから。


IMG_0983.jpg


 資料館へ通じる道の前に広がる芝生には、ナウマンゾウ親子のモニュメントがある。公式サイトによると冬場はマフラーをして、ブランケットを被っているようです(今は五月なので、当然その状態の写真はありません)。


IMG_0985_2014051222385377f.jpg


 施設のエントランスには、色んな象の模型が飾られている。


IMG_0988.jpg


 この臨場感、いいですね。

 長くなるので、続きは追記で。

続きを読む

2014-05-13 02:37 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

帯広

 こんばんは、何ヶ月かぶりの躁の波が来て大変なことになりながらお送りしています。普段コキュートスの底のようなテンションなのに、いざ躁の波が来ると、新宿東口警察署前でキンチョール顔にぶっかけながら
「ふあぁぁぁッッッ!!! しゅ、しゅごいぃいッッドーパミンどぱどぱでてりゅぅううぅっっっっ!!!!!!!11」
くらい言いそうになるくらい凄い。通常時はほんとなんか……死―ン……って感じだから、波キテル時に色々やらんと駄目なのよマジで……。テンションはクソ高くて多幸感ぶち溢れているのに肝心の根っこがダウナーなもんだから、半笑いで画面の向こうに「ウヒヒ……つらぁい……えひひひ……ウヒィ……死にてぇえへぇ……」って語りかけてる。

 で、今はアッパー鬱※だから全然なんでもいいんだけど、本気で辛い時もそりゃあるわけ。人間だから。
 でも、その結構きつめの心情を綴ったツイートを見た人から「あのツイート、面白かった」って言われるの、正直辛い。君たちは笑っているが、私は泣いているんだ。
 ただ、感傷を笑いに変換できる人間でありたいという目標がそれなりに叶いつつあるということでもあるので、いつだって間をとって半笑いしてる。半笑いで歯間ブラシを弦代わりにスーホの白い馬ごっこしてる。あの、なんか、楽器、馬琴頭? 死姦ブラシに形似てるよね。なんでこの誤字なんだ?
(これ書きながら馬琴頭調べたんだけど、全然歯間ブラシに形似てなかった。一体私、何の楽器と勘違いしたんだろう……メンドクサイから調べないけど)

 なんちゅーか、世の中って、感傷と同じだね。細かいことまで複雑に考えれば考える程辛くなるし、逆にシンプルに考えればどうでもいいことばっかりで。私は感傷的になるのは作品の中でだけと決めているので、テキトーに、いついかなる時もニヤニヤして過ごす! 泣きたくなったら饂飩煮てわかめ入れて食う! うめぇ!

 ちなみに、最初の方に書いた顔面キンチョールは小学校の時に経験した。死にたい目的があったわけじゃなくただの興味でやってみたんだけど、キンチョールが顔に掛かった瞬間甘い味が口に広がり、目の中に沢山の光の玉が舞って、そのまま5秒程気を失った。だが重度の貧血のような、甘い味が目の奥に広がるのを感じながら倒れる心地よさがあったので、今再び顔面キンチョールを試したい気持ちになっている。来る初夏、キンチョールを手に新宿東口へ。がお~ん! ありがとうございました♥(新宿東口にあるライオン像にお金入れると鳴る音声)。

 さて5月のゴールデンウィークは北海道に行ってきた。そう、今回はこれが本題なんです!!! 
 つーか北海道何年振りだろう? ……二年半ぶりくらい? 今回も結構廻れたと思うので、順繰り書いていこうと思います。過去に廻った北海道の珍スポはこちら。

白鳥湖遊園地
http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-350.html
ノースサファリサッポロ
http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-551.html
レトロスペース坂会館(多分北海道で一番ヤバい場所だと思う)
http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-555.html
登別熊牧場
http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-354.html


 4日の朝帯広へ到着後、先に着いていた連れと合流するために帯広空港からタクシーで待ち合わせ場所へと向かう。


obihiro_minoritycamp4.jpg



私「あのお宅、コンパクトで可愛いですね」
タクシーの運転手「あれは公衆便所ですよ」


 適当な場所で下してもらい、待ち合わせまで時間あったので、帯広の町をふらふら。


obihiro_minoritycamp3.jpg


 早速発見アウト臭いネーミングの喫茶店。


obihiro_minoritycamp1のコピー



 つか名古屋かどっかにもあるよね、これと同じ名前の喫茶店。


IMG_0812.jpg


 なんか、牛が……。


obihiro_minoritycamp2.jpg


 どうやらホコ天の看板らしい。こんな雑な管理でいいんだろうか。ロープに踏み込んでまで写真撮ったりするの私くらいしかいなそうなので、いいんだろうが。


IMG_0970.jpg


 歴史を重ねた結果、謎の方向へ進化を遂げた喫茶店。これはもはや……喫茶店というカテゴリーに含めていい店なのか? そう思い掛けたけどピースボートのポスターが貼ってあるので、やっぱり飲食店ってカテゴリーでいいと思います。


obihiro_minoritycamp.jpg

 
 入り口から台所感満載な上、ミシンと大黒天を並べて置くこのセンス。
 入ろうかと思って中を覗いたんだけど、やってなかった……。
 あとなんとかっていうスーパーの写真にも変なものがあってそこも撮れればよかったんですが、発見したのが車内からだった&時間がなくて立ち寄れず残念。こればっかりはタイミングの問題だから、しょうがないけどさ。

 クソ郊外のさびれたパチンコ屋で朝っぱらから韓流の台を拝むババァと同じ精神状態になり出したところで、次回はナウマンゾウ記念館です。

【幕別忠類ナウマン象記念館の記事】
http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-688.html

※アッパー鬱→躁鬱の躁の方にスイッチが入ったり、パニックを起こしてウワー!!!! みたくなったり、衝動的な行動に出ちゃうような方を、個人的にこう呼ぶ。ヒステリーはまた別。ちなみに何にも出来なくなり、無気力無感覚になる方をダウナー鬱と呼ぶ。静かな方とも言う。アッパーよりも、ちょっと危ない。
2014-05-12 03:06 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。