スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

【2014】デブカワnight【VOL6】 その1

IMG_2544.jpg

 ステージ最前列に近い席でこのイベントに最もふさわしくないメニュー(キャベツ)を喰ってるやつぁだれだ! (誰がどこで何を喰おうと自由だ!!!!!)

 約一年振りに行ってきました。元祖ぽっちゃりフェス、デブカワnight!!!
 今回はVOL6です。考えてみたらすごいですね、6回って……。前回2月は大雪で電車が止まってしまい行けなかったのですが、今回はうまい具合に台風も被らず観に行くことが出来ました。

【デブカワnight公式HP】
http://ameblo.jp/debukawa-night/

 オープニングからマンコ、マン毛、セフレという単語が容赦なく飛び交い、イベントスタート。
 一人目の出場者の入場曲が 『Hello,again ~昔からある場所~(my little lover)』という混沌の中、トップバッターのりゆぬさんがハナミズキを歌い上げる。


IMG_2553.jpg


司会の住倉カオスさん「オレこれよく行ってたフィリピンパブが閉店する時に聴いてジーンとした曲」
司会のハニートラップ梅木さん「デブカワ関係ねぇだろ。審査員のカジカさん(デブ専サラブレッドの異名を持つライター)に話を聞きましょうか、カジカさん?」
カジカさん「……え、はい」
カオスさん「油断すんなよ!!!」

 りゆぬさんの体型を「厚揚げのようでいい」と表現したカジカさんは、この日お子さん(5歳)の運動会に参加してからのデブカワだったそうです。

 2番手のOSHIEさん


IMG_2560.jpg


 セックスオンザビーチに合わせて踊り狂う&カラフルなおっぱい風船をステージ上から投げまくる!!!
 ごめんなさいあまりに動きが激しくて写真が上手く撮れなんだ……! ※デブカワnightは素早く動くぽっちゃり女子が沢山見られるイベントでもあります。

 途中、外国人男性がステージに登場&なんの前触れもなく、バナナを使ったセクシャルパフォーマンスが繰り出される。


IMG_2582.jpg

IMG_2585_20141018004547d99.jpg


 (遠目から何をしているのか察してください。)

 パフォーマンス後、外国人男性にマイクが向けられる。


IMG_2588.jpg


梅木さん「気持ちよかった?」
外国人男性「?」

 きょとんとする男性の横から、OSHIEさんから「この人、本当の外人です」との解説が。

 梅木さんは「マジの外人かよ!」と突っ込んだ後にぽつりと一言。

「なんか僕……忘れてたんですけど痴女みたいな人も沢山出るんですよね、このイベント。ただでさえ変なイベントなのに」

 審査員の川崎さん(カメラマン)が「出場者がバナナ食うだけでこんだけ盛り上がるイベントって……」とコメントする脇で、カオスさんが外国人男性に向かって
「ファック? ファック? (OSIEさんを指しながら)ユーファック?」
としきりに質問をぶつけている。

 それに対する外国人男性の彼の答えは


IMG_2589.jpg


「イエー(カオスさんとがっちり握手の後、肩を組む)!!」


IMG_2592_20141016021135ebd.jpg


 そしてこの顔である。

 三番目はぽっちゃり踊り手のつーちゃんさん


IMG_2602_20141016021137cc3.jpg


 あまりにキレッキレに動くので、正直ちょっと唖然としました。踊り手の文化に全然詳しくないので分からないんですけれども、色んな踊り手の形があるんですね、今。


IMG_2611_20141016021139bb1.jpg


梅木さん「つーちゃん、こないだプラスワンのステージ直したばっかだから勘弁して」
カオスさん「すげぇ動くおもちゃだなって思った。ところでご飯何杯くらい食べるの?」
つーちゃんさん「1.5杯くらい」
カオスさん「あ、意外と少ないですね。じゃ好きな体位は?」

 カオスさんの下ネタカットインが潮を吹く。この日のカオスさんのセクハラは、いつもに増して冴えていた。

※この日学んだどうでもいい知識※
【巨乳の人がジャンプすると、おっぱいが裏拍を打つ】

続きは追記で。

続きを読む

2014-10-18 01:52 : アングライベント : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

【2014】ローションフェス!!【08】

 8月9日、新木場ファーストリングで開催されたこの夏一番のヌルフェス、その名も「ローションフェス」に行ってきた。

 公式サイト
 http://lotion.event-kikaku.com/fes/

 レポ書く前に言うと、管理人朝日は濡れるの大嫌い、粘膜めいたもの(ぬめぬめしたもの)大嫌い、汚れるの大嫌い、加えて結構な潔癖症! プールと海も嫌いです。
 そんな人間が何故、ローションフェスという鬼門中の鬼門に突撃する気持ちを起こしてしまったのか、今になっても分かりません。ローションフェスというネーミングから連想するカオスの予感にテンション上がっちゃったのかな。


IMG_2287.jpg


 会場に入る前、入場口付近からすでにローション一色。
 フェス内容はただ単にローションまみれになって踊るという至って健全なものなのですが、どうにもエロスな気配が拭えない。素でこうなっているのか、あえて拭わないのかは、分からない。


lotionfes1.jpg


 いや、あえて拭ってないのかもしれない、だってオナホール売ってるもの。
 ちなみに飲み物を冷やすボックスの中にも、ローションが投入されていた。


IMG_2286.jpg


 会場脇には二本の水シャワーと数本のメリット。更衣室があったのは良かったものの、シャワー施設が完備されてないのが痛かった……。


IMG_2165_20140810233442c71.jpg


 そして会場と飲食ゾーンの中にはビニールプールが一つづつ。いずれもヌルヌルした液体が入っている。


IMG_2176.jpg

IMG_2174_201408102334437eb.jpg


 早速中に入って見ると、まだ人の少ない会場内では存分にスライディングを楽しむ男性達や、キャッキャしながらローションを触っている女性たちの姿が。男性は豪快にローションまみれになっているが、女性はこの時点ではまだ控えめに楽しんでいる人が多かった。
 そして当然床はぬるぬるしているんだけれど、会場内のマットは程よい柔らかさで、転倒したり寝転んでも安全な感じ。

lotionfes2.jpg


 しばらくすると会場内に人が増え、いつしかステージ前がナイスナンパゾーンと化し始めた。


lotionfes5.jpg

lotionfes3.jpg


 これ、マッサージしている女性とマッサージされている男性、知り合いではなくそれぞれ別グループの人です。その場で会った女性三人からただでローションマッサージが受けられるなんて、こんなシチュエーション、エロ漫画でもなかなかないで……。

 私はそんなソドム感溢れるゾーンの脇の方から、男性が手に掬ったローションを女性の背中に入れたりしてイタズラをする様子を、「ウワァ、知らん人からアレやられたらブチ切れるな……」と思いながら見てた。

 しかし、全く濡れていない(絶対に濡れない&転ばないという決心を以て、会場に身を投じていた)人間はあの場では重宝されるようで、全身ヌメヌメの人たちから「ポケットから煙草取って貰っていいですか、ついでに火も付けてもらえますか」「写真撮ってもらっていいですか、あ、その前にポケットからスマホ取ってもらっていいですか」などと声を掛けられた。

 いや、いくら潔癖であっても、多分一回濡れて開き直ればそれなりにローションを楽しむことができるのかも知れませんが、今回は駄目だったね。勇気が出なかったし、そこまで濡れる覚悟が出来ていなかった。アマチュアモンゴル相撲状態になっている男性たちを見て、あそこまでなれたらスゲェ楽しいだろうな……と思ったもの。


IMG_2197.jpg


 ただでさえヌルヌルしている会場に、スタッフがローションのみっちり詰まったポリタンクを担いでやってくる。


IMG_2192.jpg


 そして客に容赦なくローションを注いでいく!

 やや時間が押して近付いたフェススタート前、スタッフからフェスの注意事項が告げられる。

「会場はヌルヌルしているので、外に出る時はいったんテンションを落としてから出てください! あと、会場で転ぶ時は手を付くと骨折したり捻挫したりするんで、そのまま素直に受け身を取って倒れてください! では、今しばらくヌルヌルをお楽しみください!!!


IMG_2211.jpg


 そうして始まるローションフェス本番!


IMG_2221.jpg

IMG_2226_20140810233507685.jpg


 音楽に合わせ、飛び交うローション!


lotionfes6.jpg


 意外と踊ってる時は転ばないね、なんでだか。


IMG_2266.jpg


※ステージ上から会場に撒かれているのは水。

 つか、踊っているうちに足がローションまみれに……。


lotionfes4.jpg


 河童みたいになってる。





 DJタイムの合間に




 突然始まるエアロビタイム! 会場全体がローションまみれの一体感に包まれる!! Chaos!!!
 (画像の詳細は動画を再生!)


lotionfes7.jpg





 エアロビが終わった後は、DJ絶対にイカせる男タクヤ登場!! 物販コーナーで販売されていた尺八奥義「のど輪締め」タイルが舞い踊る!!!

 しかし私たちはこの後予定があったので、タクヤさんのプレイタイム途中で退場しました。


IMG_2285.jpg


 最初は汚れるのも全身ぬるぬるになるのも嫌だったんですが、このイベントは開き直れたら絶対楽しいと思った。次は覚悟を決めてローション大運動会行くしかねぇな、コレは。

 なのでまず、水着を買うところから始めようと思います。
2014-08-11 01:21 : アングライベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

江戸川花火大会2014

 夏恒例、狂気の江戸川花火大会に行ってきました。今年は前日から千葉入りし、防衛に参加、つっても私はほとんど何もしてないですが……。

 去年の様子はこちら。
 http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-675.html

 早速江戸川の河川敷に行ってみると、フルチンさんからの前情報通り、ガチ過ぎるテントが張ってある。


IMG_1939.jpg


 大人の財力を江戸川で目の当たりにすることになるとは、思いもしませんでした。
 しかも、テントの名前というか場所取りの名前が「フルチンナマコテント村」


IMG_197211.jpg


 開き直ったハッテン場、もしくは未開の地に住む部族の村にしかなさそうなネーミングのグルーヴ感。
 割とブログ名を褒められる当minority campも、フルチンナマコテント村というネーミング前では、ただのお泊り保育園のような語感しか発揮出来ない。


edogawa2014_1.jpg


 この日は19時半まで江戸川で過ごし、テントに泊まる徹夜組に江戸川を託し帰宅。


IMG_1953.jpg


 迎えた花火当日は、少し雲があるものの快晴。


IMG_1980.jpg


 江戸川花火は毎回晴れるからすごいよなぁ。
 今回は爛々さんはじめヘルワチームの皆さん&eveさんたちと一緒に花火観ました、eveさんヘルワチームの皆さん差し入れご馳走様でした。


IMG_1964.jpg


 差し入れを御馳走になっていたら、フルチンさんが何かこん棒のようなモノを持ってやってきた。


IMG_1971.jpg


 これ原始人がマンモス追いかける時やジャガーぶちのめす時に使うやつ?

 いや違う、これ肉だ! 漫画肉だ!!!!


IMG_19661のコピー


 この写真撮ってる後ろで、別のグループの人(知らない人)達までもがフルチンさんの写真を撮っていたという……。もう少し言えば、本当はコレ両手に持って「悪魔神官!※」てやって欲しかったんだけれど、まさかそこまでは言えなかった。

 ※これ
akumasinkan01.png


 頂いたので、早速解体。
 牧歌的な光景の真横に、突如現れた野性の現場。


edogawa2014_2.jpg


 よく晴れた日曜日。
 サンドイッチをバスケットに詰めて野原へピクニックにやってきた僕らの横で、パパが突然、狩った兎をさばき出す! みたいなイメージが浮かびます。

 ダイナミックな見掛けと相まって、とてもおいしかったです。ご馳走様でした。


IMG_1985.jpg


 つーか誰だよ食パン持ってきたやつ!?

【続きは追記で】

続きを読む

2014-08-05 01:30 : 事件 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

小さな世界の呪い

 小学3年生の頃、友達2人と「砂教」という宗教をやっていた。主な活動内容は「砂場の砂を被ると頭がよくなるという教えを広める」「砂を頭から被る」ということ。三日連続で頭皮を砂だらけにして帰ってきた私を見た伯母が「朝ちゃんが苛めにあっている!」と勘違いしたのをきっかけに解散。

 そして12年後、大学の身体表現の授業で暗黒舞踏の映像を鑑賞することになり、その時に流れた山海塾の卵熱(頭上から延々と砂が降り注ぐ演出の舞台)を観た瞬間「あ、砂教だ!」と思った。私たちは間違っていなかったのだ! 卵熱もっかい観たいんだけど、ネットに動画がないんだわ。残念。画像はあるので、砂教がどんなもんか気になる方は「山海塾 卵熱」で検索すると、大体のことを想像していただけると思います。

※こういうの
d2c30.jpg


 こんばんは、チュッパチャップスの回るヤツをアナルに突っ込んでオナニーしようとしたけど上手く回らなかった挙句、突っ込んだチュッパチャップスが取れなくなって病院に担ぎ込まれた知人の話はまだしていませんでしたよね?

 世の学生が夏休みに入った事ですし、今回はまだセックスのセの字も知らなかった頃のノスタルジーな記事でも書こうと思います。ちんぽとかアナルとか言いません、絶対です、ホントホント。ていうか、20年くらい経ってからじゃないと書けないよなこんなことっていう内容の記事を、書こうと思います。時効だと思って読んでくだされば幸いです。

 自分も今となっては毎日死と孤独に思いをはせる無気力中年なんですが、小学生の頃は活発でやんちゃな方だったんです。で、小学校2年だか3年の夏休みのある日、同じくやんちゃな友達と、千葉のでかい遊園地に行ったんですね。検索引っ掛かりたくないんで、極力名称は控える方向でいきます。

 しかし私、この王国の作るアニメは好きだけど、正直この王国自体は嫌いなんだわ。ここ10年は行ってないすね。

 嫌いな理由は二つある。
 まず、行き過ぎた金儲け主義が鼻に付くから。あと、昔母親がこの王国狂いで、幼い頃毎月連れていかれていたっていうトラウマがあるから。途中から行きたくなくて行きたくなくて、泣いてた。車内で「いきたくない(啜泣)」ていうと母からビンタ食らうし、もう首都高抜けてるしで、駐車場で係員さんから飴ちゃん貰っても泣き止まなかった。

 泣くと言えば、カリフォルニアの元祖夢の国にはウォル〇トがサイケなクスリをぶち込みながら泣く専用の部屋があるって噂があったけど、どうなんでしょうね。

 こんなどうしようもない食人鬼のゲロの様な世界で一番手軽に夢と魔法を見られるのは、やっぱりそういう薬を摂取するっていうのが一番の方法だから、しょうがないね。つーか、何が危険ドラッグだよ、なぁ。名前変えてもどうしようもねぇだろ、馬鹿かよ。

 ちなみに、ファンタジア(あの国制作のあのアニメ)は共感覚の人が見ている世界を映像にした作品だと言うが、マジックな茸を食う趣味があった知人がファンタジアを観て「これは薬やってるヤツの見ている世界そのものだ」と言っていたのを聞いて以降、私はファンタジアには薬中映像資料集というイメージしか抱けなくなった。

 冷静に考えればエレク〇トリカルパレードだって、相当薬臭い光景だよ、アレ。大人から子供まで、幻覚(光って動く巨大な模型)と幻聴(キラキラした音楽)を堪能する、夢の国を挙げてのトランスパーティでしょ、あれ。しかも色んな生物混じってるじゃない、黒人白人黄色人土人獣人外地底人なんでもござれの万国ジャンキー博覧会じゃない! たまんねえなぁ! おい!! LEDとLSDって一文字しか違わねぇぞクソが!!!

 あのパレードを部族に見せたら、シャーマンの幻覚だと言って確実に発狂すると思う。進路にペニスケースいっぱいに溜めた油をぶちまいて火付けて、弓とか黒曜石のヤリとか、バンバン投げ込んできそう。発情期のゴリラとかけしかけて来たりな、パオーンって。あ、これ象だ。

 話逸れましたね。そういう、母親による強制連行による王国嫌いではありましたが、その日は友達も一緒だし、行く前から楽しみにしていたわけです。

 朝も早くから入国し、友達と園内を駆け回っている最中。ふと、私たちの脳裏にこんな疑問が浮かんだ。

「スプラッシュ〇マウンテンとイッツ〇ア○スモールワールドの水、一体どっちがうまいのか?」

 その頃はまだペットボトルという概念が出現していなくてですね、水と言ったら蛇口で。その分衛生観念も今より希薄で、透明な水なら結構何でも飲めるくらいに考えてて。醤油があればなんでも食える、くらいのポテンシャルで。

 これは検証するしかないと、友人と二人で王国ウォーターアトラクションミシュランを開催した。水場は呼びますからね~、子供を。大人になった今は、世の中を、そして己の人生を怨む気持ちが私を静かな奇行へ走らせるのですが、当時はほんと何も考えずに色々やってた。

 まずは小さな世界に乗り込む。

 人形を見てぎゃーぎゃー泣くこどもや、人形や動物の模型の動き見てげらげら笑っている大人たちに紛れ、水を掬うタイミングをうかがう。しかし、友達と二人でインドのマハラジャゾーンの辺りで水に手を突っ込んだ瞬間、ボートが止まって、スピーカー越しに係員に怒られる&その後で親からも怒られるっていうコンボを食らったのですが。
 アレホント怖かったっすねぇ、ボートも音楽も止まってんのに、人形だけがカクカク動いてて。

 ていうか、正直怖いよね、あのアトラクション……。なんか全体的にカラフルな割に無機質で。外観のデザインからも分裂系の狂気を感じるし、こどもの人形しかない(大人の人形がない)のも終焉後の世界っぽくて怖いし、何よりどのフロアに流れ着いても同じようなメロディーで世界は一つ~小さな世界~みたいな歌流れてるのが、洗脳っぽくて怖い。変に目の澄んだ信者しかいない山奥の宗教施設に迷い込んだような気分になる。

 なんで夢の国だとか信じる者を救う場所だとか、そういう人の思考をコントロールする場所って、どこも揃って城っぽい建物を作るんでしょうか……。シンボル大切だから? 秋田のセックス教団リトルぺブルを見習ってほしいものです。マグダレナうまい馬井。





 で、ミシュランの結果なんですが、友人しか小さな世界の水を口にすることが出来なかったのです。(私は水掬った時点で見つかってしまったので、口に運ぶところまでは行かなかった。)
 なので友人に味の感想を聞いたら、「プールの水をもっと変な味にした感じ」だったそう。口にしてないんで分かんないですけど、あそこの水はコンクリと消毒液とシャボン液とりかちゃん人形の靴を混ぜたような味がしそうだな……。

 その後、何乗ったんだかちょっと忘れたけど二つほど空いているアトラクションをはしごした後、スプラッ〇シュマウンテンの前に宇宙山に行こうという話になった。

 だけど、どうも友人の様子がおかしい。宇宙山に向かう少し前から急に口数が減り、少々俯き加減になっている。※ここからかなり汚い話なので、汚物系の話が駄目な人は、ハッキリ言って読まない方がいいです。

朝日「どうしたの?」
友人「……さっきから、痰と唾が止まらない」
朝日「え、なんで?」
友人「わかんない、気持ち悪い」
朝日「トイレで出してきたら?」
友人「さっき出したんだけど、駄目なんだよ、飲みきれないくらい湧いてくるんだ」
朝日「吐きそうなの?」
友人「それはない、ただただ痰と唾が湧いてくる」

 聞くと、友人は小さな世界の水を口にした数十分後、急に喉の奥の違和感に襲われ、その後は風邪を引いているわけでもないのに痰が絡んでどうしようもないという状態に陥っていた。

 しかし友人は意地でもアトラクションに乗ると言い張り、同行していた私の親に不調がばれぬよう、細心の注意を払って宇宙山の列に並ぶ。サイケな内装やネオンの明かりに中てられたのか、列を進むたび、青暗い空間の中でも分かるほど、友人の顔色は悪化していった。

 ついに私の親までもが友人の異変に気付き、搭乗を控えた方がいいんじゃないかと説得したが、友人は頑として譲らなかった。正直私の方が「隣で吐かれたらいやだなぁ……」と思いながら、宇宙船に搭乗。

 走行中は、特に何も問題はなかった、私の隣の友人以外は。ジェットコースター乗ってるし、多分ワ―とかギャーとか言いたいんだろうけど、口内に湧くものが溜まってるから口を開けられなくて「ウッー……ンッー……」とか言ってる。私は友人の様子が気になって全く楽しめず終始無言。ブルスト片手に全裸でトランポリンするドイツ人並みの真顔で乗ってた。

 こんな夢の国、聞いたことがねぇよ。

 そんな調子でコースターは一周を終えた。
 そしてコースターを降りてみると、またもや友人に異変が起きている。さっきまでの青い顔はどこへやら、青雲の歌のような晴れやかな表情を顔に浮かべているのだ。ふざけんなよ。

 「あれ、いきなり顔色良くなってない?」と聞いたところ、友人は「走ってる最中我慢が出来なくなって口の中に溜まってたのを全部出したら、スッキリした」と……。

 ……きったねぇ……。
 今思い出して書いていて完全にヒいてるんですけど、当時は馬鹿だったので「キッタネェ!!!!」とその場で大爆笑!!!!

朝日「どの辺で出したんだ」
友人「多分、一番高いとこ」

 よりにもよって頂上で。アホだこいつ、と思ったが、宇宙山もまさか北関東のガキに痰壺代わりにされるとは思ってなかったでしょうね。でも、まぁ、宇宙は色んなことがあるから……ダークマターとか、スペースデブリの一部だと思えばいいでしょう。

 結局ウォーターミシュランの結果は不明のまま、小さな世界の水はマズく、そして口にすると唾と痰が湧き続けるという呪いが掛かる、という結論を胸に、私たちは夢の王国を後にした。水中、それは苦しい。

 そんなことがあってから10年位経って、また別の友達と千葉のでかい遊園地に行った。テンションひっくい、夢の国に不適切な大人二人で。

 なんせ私もその時一緒に行った友人もテンションが低いので、死ぬ前に一回楽しいとこ来っとこうか? くらいの雰囲気で園内を唯ぼんやり徘徊していた。今思えば、何で行ったんだ? この後に表記する事件以外は、ベンチに座ってポップコーンを土鳩にやってた記憶しかないんだけど。

 でもまぁさすがに何も乗らないのもつまらないし、次に目についたやつにでも乗る? と話しながら歩いていた時、私たちの目の前に宇宙山がその姿を現した。平日で人も少なかったし、これでいいかと宇宙山に入る。

 友達と何組か前にいる喧嘩するカップルの真似をしながら列に並び、ほんの10分足らずで搭乗口まで辿り着いた。搭乗後も二人して「はぁ……うん……そう……」みたいなマグロ反応しながら機械に揺られていたんですが、走行中に機械が突然スピードダウンし、やがて緊急停止。停止した直後にパッ! と明かりが点いた。記憶の限りでは、宇宙山の中身はサーカス小屋の中に組まれた立体駐車場みたいな内装で、私たちが乗っていた車両が止まった場所は……限りなく頂上に近い場所だった。

 そこはおそらく当時から10年前、小学生の時の友人が大量に唾を吐き出したっつってた場所。「ただ今走行中に安全装置が」みたいなアナウンス流れてたけど、この時に関しては、絶対あの時の小さな世界の水の呪いだと思う。

 それからコースターは20分ほど動かず、結局スタッフの手押しで降車口まで行き、帰りに乗り物の優先搭乗券みたいの貰った。

 その時を最後に千葉のでかい遊園地行ってないんですが、まぁー、次行くとしたら子供が出来た時くらいじゃないでしょうか。ただ、どっかの誰かと遺伝子情報を共有する機会が一生なさそうなので、今後多分一生行くこたないだろうねってことです、はい。

 とかいって半年後位に行ってたら、すっげぇやだよね。「スペース◎マウンテン止まったwwwwウェイwwww」とかって、ピースして画素数荒い写メ添付してツイートしたりして。きったねぇ茶髪のアースアンドエコロジーみたいな二人組の女とか背後に映り込んでたりして。

 やだー、二万円握りしめて遠くの県から出て来たバカい学生感すごーい!
 もう東京デ〇ィズニーランドなんか行かなぁーーい!!
2014-07-25 23:22 : 事件 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

偶蹄目から降霊まで

 ところで、漫画肉から骨を抜いたら、オナホに見えると思うんです。原始人はきっと骨を抜いた漫画肉でオナニーしたと思う。でもよく考えずとも原始時代はレイプが日常茶飯事だったろうからオナホなんか使わねぇよなって考えているうちに鍋が焦げたのでちょっと死にたい。

 人前で使えるのがスマホ、人前で使えないのがオナホ。水に濡らすと壊れるのがスマホ、使用後に洗うと虚しくなるのがオナホ。スマホが処理するのは情報、オナホが処理するのは性欲。アンダースタンド! イエス!

 世に渦巻く性癖ライフストリームの迷い子、朝日です。性欲のぶつけどころを見失って久しい。

 一昨日、地元のドンキホーテへ買い物に行ったんすよ。たまたまパーティーコーナーの近くを通ったら、パーティーコーナーの奥の方から「Oh……」「No、crazy……」という外人の会話が聞こえてきた。
 地元のドンキは死角の多さからキチガイ多発指定地域となっていて、チンポ出したおじさんとか、そこいら辺に痰を吐き散らしてるババァがしょっちゅう出現する(つーか、私の地元に限らずドンキはどこでもそうなのかもしらんが)。来日して日の浅い外国人の前に、そういった物体が出現したのだろうか。
 なんとなく声が聞こえてきた場所に行ってみると、そこは18禁コーナーだった。シコッてるオヤジでもいるのか? と気になり、売り場の境目にある18歳未満立ち入り禁止の暖簾の向こうを覗いたところ、白人中年男性二人組が、幼女型オナホールのパッケージを手に、痛ましげな表情を浮かべているのが見えた。
 日本人、頭狂っててごめんなさい。オナホのパッケージがオーバーレイフル使用でテッカテカの萌え絵ですみません。

 だが日本人からしたら、海外の動物型ダッチワイフも、なかなかにクレイジーだと思うんだが。


Bjt87L2g.jpg


 参考画像:「メーメーちゃん」

 海外の、隣の家まで何十キロメートルもあるようなど田舎の地域では、人間の女性より動物の方が目に付く為、そのまま獣に目覚めてしまう方が多いそう。御労しや。

 ちなみにヤラれたことある山羊は次回から諦めて暴れないらしいが、「いいのよ、ほんの数分間好きにさせてやれば」的な悲壮感(場末感)を漂わせてる山羊は、ちょっと見たくない。ただでさえ偶蹄目の横顔は寂しげなのに。

 ただ日本も、昔からケモセク文化があるとは言うが。


9rWylb96.jpg


 籠に放置されたカレイが哀愁を放つ、この一枚。日本も大分前から終了していたようです。
 しかし、危なくないんすかね……エイって毒強いじゃん。まぁ、もういっそ刺された方がいいかもしれんね、この中年漁師。


5e174a69.jpg


 括目せよ、これが日本男児の哲学だ!!! 「その手があったか!」じゃねぇ!
 つかエイセックスって……そんなエイベックスみたいな煽りをつけなくたって。

 人間の女性器の感触に一番近いのは山羊とエイだって言うけれど、それにしても……馬鹿だよなぁ、人間って。子馬のアソコも凄いって聞いたけど、止めなさいよって思う。動物虐待と幼児虐待のキチガイコンボだもの、頭どうかしちゃってるだろ……。

 ていうか、TENGAでいいじゃん。オナニー革命を謳ったTENGA3Dなんか、使って楽しい、見て綺麗。空き瓶とハエ叩きの転がった畳の部屋に飾るだけで、部屋が少し華やかに。あ、前にTENGA3D展に行ったレポがあるので、よかったらこちらも合わせてご覧になってください→http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-550.html

 それにTENGAは3本セットで2,575円なのに対し、ペットショップで売ってる淡水エイは20センチサイズの個体で平均200,000円位する。もちろんそんな小さいのじゃ致せないし、さっき貼った絵みたいなサイズになると……そんな簡単に手にも入らないだろうし、何より毒針の処理に手古摺りそうだ。江戸時代ならともかく、現代の日本ならばエイ一枚買うよりTENGA一本買う方が遥かにお得(TENGAEggなんか、ワンコインで買える)、それにちょっと珍しいエイを買う金額でオリエント工業の製品を買うという手段もあるから……本当に、今は手淫に優しい時代になりましたよね。
 感慨深く言ってるようだけど、実際はスゲェどうでもいいです。

 でも一人暮らしならばいいけれど、結婚してて嫁にTENGAを見つかるっていうのは、マジで気まずいみたいすね。

 前に某地下芸人さんがTENGAを舐めながら疑似69のつもりでオナニーしてたところを嫁に見られ、次の日、仕事中に嫁から画像付のメールが来て、嫌な予感を押し殺しつつ添付された画像を開いたら、嫁がフライパンでTENGAを炒めている写真が液晶に表示された……という話をしているのを聞いて、夫婦生活にもいろいろあるんだなと素直に思いました。

 そして昨日、仕事関係の調べものをしていた時、何をどう調べたのか「オナニーの最中にご先祖様の霊が降りている確率」というページに行き着いてしまった。 (ここ→http://d.hatena.ne.jp/textoyx4/20060425

 なんでも、怒張した男性器が霊界とのアンテナとなっているそうです。勃起=霊界とのアンテナという、安易なエロコメディみたいな発想をスピリチュアルの世界に持ち込むというあたりが、なかなか好感度高いね。アホで。
 この記事によると、現在は男性器の大きさによる降霊強度の調査中らしいです。国別の強度とかも、あるんでしょうか。だったらロシアとかもうやばいだろ、ボリショイコックじゃん。

 更に「性交中の降霊率が極端に低いのは、性行中は女性器の中に男性器が収納されているため、霊界とのアンテナが遮断されてしまい、機能しないため」だそうだ! 別にご先祖様は空気読んでるわけじゃなく、単に降りれないだけっていう。パイズリの時とかも、遮断されてるんすかね……。 (あまりに巨乳の女性は胸の谷間に携帯を挟むと、携帯が圏外になるそうです。)

 あと国別強度の話に戻るけど、コテカ付けてる部族はどうなるんだ? あれ、クソほど電波拾いそうだけど。
 日本降霊者協会(ニチレイ)さん、ムーか何かでこれの詳細記事を書いてください。

 で、私はキラキラ星の作曲者名を調べてただけなのに、何故こんなページに行き着いてしまったんだ? という疑問に還るわけです。 ウェブで狐に化かされるような、この感覚!

 「何ここどこ!? こんな道、知らない!」
2014-07-23 22:58 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。