FC2ブログ

minority camp

B級スポット探険やアングライベント突入等、適当雑多な野良ブログ

沖縄へ向かう空

Posted by 朝日 on   0  0

先週、今年二度目の沖縄に行ってきた。

つか今回は、まんまとやった。

筆箱の中にバッチリカッターとハサミ入れたまんま、手荷物検査通した。

もちろん、引っ掛かった。


係のお姉さん
「これ、廃棄…」


「仕事で必要なんです。締め切り近いから旅行先でも仕事しなきゃいけないんですだからソレ使うんですマジで」


気に入ってるハサミとカッターだから、もう必死。

そしたらなんか、かわいいダンボールを貰った。

箱

これに入れて預けちゃえば、まぁいいらしい。

ところで今回は朝早くに出発し、昼頃沖縄に付くように飛行機を取ったのです。

何気、昼間に行くって初めてだ。大抵飛行機乗る時は、行きも帰りも夜だから。

空

東京の空は濁っているが

空

二時間経つ間、徐々に空の色が変わり

空

沖縄に近付くにつれ、いよいよクリアになってくる。

空

空

宇宙から地球見たら、ほんとにこういう色なんだろね。


空

氷山にも似た、雲の島です。

空

空から見ると、陸の島と雲が同じ海上にあるように見えるのな。綺麗。

昼の空はいいですね。

ちなみに帰りの飛行機は、ちょうど夕暮れ時だったのですが

空

日の入りが反対側の席からしか見えなかった為、夕焼けの絶景を収められなかった。

今回はそれが一番心残りだ。

空

次回の日記は、多分再びパワースポット日記になる…はず。

江戸川花火大会

Posted by 朝日 on   1  0

昨日、江戸川花火大会に行ってきた。

江戸川花火大会

江戸川花火大会

市川に初めて行ったよ、なんかいい場所だった。

花火大会参加者を取り仕切る総指揮官フルチンさんは、一ヶ月前からほぼ毎日場所取りの為に江戸川へ足を運んでいたと言う…生半可な情熱じゃねぇ。

だって観覧場所、ここですぜ?

江戸川花火大会

気絶する程ポールポジション。

江戸川花火大会

そして、警備員来過ぎ。

江戸川花火大会

江戸川花火大会

いい具合に日が暮れたとこで、カウントダウンと共に花火が打ち上がる。


江戸川花火大会

江戸川花火大会

なに…この…でかいの。

江戸川花火大会

江戸川花火大会

江戸川花火大会

場所が場所なだけあり、目の前&頭上で火花がスパーク。もう気分は空襲です。
終戦記念日近いからね!

江戸川花火大会

なかなかおサイケなのも撮れました。

江戸川花火大会

江戸川花火大会

そして近場なだけあって、降ってくるものもでかかった。

江戸川花火大会

実は私、今まで花火大会ってちゃんと行った事なくて、「どーせただの火薬だろ?つまんねぇじゃん」とか正直花火なめてたんですよ。

でも、今回の花火見て価値観が変わった。

綺麗だったしすごく楽しかった、来年も見に行きたいっす。


そして、この花火大会の後には鶯谷変態パーティが控えていた。


とりあえず、次回に続く…正直、やばすぎてUP出来ない写真ばっかなんですが…。
FC2ってどこまでOKなんすかね。

中国人ラベンダー決起集会

Posted by 朝日 on   0  0

ところで、私は俗に言う観光地にはほとんど興味がない…んだが、私以外の人間はそうとは限らないわけで。

熊牧場のあとは、富良野のラベンダー畑を観に行った。

が、ラベンダー畑は見事にオヤジと中国人だらけ。

富良野は北海道であり日本のはずなんだが、聞こえてくるのは中国語ばかり。

ラベンダー
ラベンダー

これ、ほとんど全部中国人。

ラベンダー

なんかみんなバナナ食ってるし。

なんなんだ?と思っていたら、どうやらこの辺の観光ホテルは中国人をターゲットにしている様子。

売店付近では、チャイニーズベイビーが顔中にとうもろこしの粒をくっつけて眠っています。

いい光景です。

ラベンダー

ラベンダーとオヤジ。

ラベンダー

ラベンダーのようなオヤジ。

ラベンダー

ラベンダーのようなババァ。

ラベンダー

ラベンダーをバックに横リーチ状態のオヤジ達。

いい光景です。

否応無しに、人生の「親父の詩」が頭を駆け巡る。


どこかで親父が泣かされて~
どこかで親父が泣かしてる~


これ↓



私一体デジカメの容量に何を費やしているんだろう。

ここは中国人とオヤジも多いんですが、ラベンダー色のものも多いんです。

ラベンダー

ラベンダー

ラベンダー

店員からバイクから傘まで。こだわりが随所に感じられますが、正直やりすぎなような気もします。

どうでもいいけれど、タクシーの運転手曰く「最近、台湾人が北海道の土産物屋で白い恋人を馬鹿買いしていく。ありえない数を買う」そうです。怖いですねぇ、富良野の中国人といい、土産物屋の台湾人といい。

登別熊牧場

次回は、旭川のB級スポットです。
つかこう書いて見ると、結構場所巡ってんな。

北海道~夕空と睡蓮~

Posted by 朝日 on   2  0

羽田

羽田

とてもいい、空でした。

先ほど(深夜二十四時半頃)、北海道から帰ってきました。

北海道に行ったのは、七年振り。

土曜の夜に行く~月曜の夜に帰ってくる。という余裕の無い日程だったが、それでも色々な場所を巡れた気が致します。

東京出発までの間、ぼんやりと本を読みつつ空を眺めていました。

羽田

羽田

羽田


最近ゆっくり本を読む時間もなかったので、いい気分だった。

この後、動く歩道で
「いんぐりもんぐりいんぐりもんぐりいい気持ちぃいーーー!!!!!」
と身をくねらせながら歌い踊るおっさんに出会わなければ、もっとよかった。

おっさんはビールを手に、ご機嫌でした。
ビール、ばっしゃんばっしゃん吹き乱れていました。

空港って色んな人がいます。

ちなみにいんぐりもんぐりと言う言葉は、「イチャイチャする、ベタベタする」的な意味。
街中でいちゃつく若者カップルに対し、「いんぐりもんぐりするでねぇ!」という使い方をするようだ。

いんぐりもんぐりって言葉、ジャンプ放送局の投稿戦士の名前くらいでしか見た事も聞いた事もなかったよ。

結局初日は飛行機の延滞やらなんやらで、宿泊地に着いたのが夜の十二時になっちまいました。

次の日の日曜。

北海道

向かった目的地付近で、偶然睡蓮の池を発見。

睡蓮

睡蓮

生憎曇っていたのですが、綺麗でした。

睡蓮は、曇りの日が似合う花なのかもしれません。

睡蓮

睡蓮


モネの光の描写力を、改めて知りました。


しかし私の目的は、睡蓮の池の奥地にあった。


というより、その目的地を目指さなければ、この睡蓮の池も見つける事がなかったと思う。


白鳥湖遊園地

白鳥湖遊園地

そんな感じで、又次回。

沖縄日記 -町-

Posted by 朝日 on   2  0

そういうわけで、今回は主に町の写真UP。

沖縄

沖縄

沖縄

沖縄

沖縄

沖縄

沖縄

沖縄

沖縄

沖縄の空でも、たくさんこいのぼりが泳いでいた。

沖縄

港町を走ってたら、ここにもこいのぼりが…と思いきや

沖縄

が泳いでた。

沖縄

シュールだ。
ファフロッキーズ現象(空から魚や蛙とかが降ってくるアレ)に立ち会ってしまったような気分にすらなった。

沖縄

そして近くの商店街も、なかなかいい素材に溢れている。

沖縄

沖縄

…あひる?

沖縄
沖縄
沖縄
沖縄
沖縄
沖縄

落書きは分かるけど、居眠り位はいいんじゃないかい…?

これだから港町はやめられない。

※他にも商店街行ったけど、それは後でB級日記の方で記述する。

ホテルに着いた後、何か外からドンドンと太鼓を叩くような音が聞こえてきた。

まさかこんな場所で太鼓叩いてる人がいるのか?と思って窓の外を見たら

モノレール

モノレール乗り場、めっちゃ近。

モノレールを上から見たの、始めてだ。この風景いいなぁ。

モノレール
モノレール

その後、ホテルから出て前の道を歩いていると、知らないおっちゃんが突然近付いてきて

「アンタ、あんな高いところから身を乗り出してるから、自殺するのかと思ったよ!駄目だよあんなところ(※ホテルの八階)から首出したら!」

怒られた。

とりあえず

「すいません、私電車に目がないものでして。あんなに近くでモノレールが走っていると思ったら、写真を撮らずにはいられなくて…」

ここぞとばかりに、鉄ぶってみた。

そしたらおっちゃん

「今は女性でも鉄道が好きなんだねぇ」

今度は感心された。

ぶってみたはいいが、正直、鉄道知識は皆無です。

普通の電車に書いてある「モハ」は、「モッコリハプニング」の略(友人談)だと思ってたし。


沖縄

まともな写真(日記)は、以上で終りです。
次回からはB級モード運行に入ります。つか、ソッチの方が写真多い。

このカテゴリーに該当する記事はありません。