スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

グレイな方

 いやぁ、すっかり寒くなりましたね。風邪などお召しでないですか。
 私ですか? ありがとうございます、お陰様で心も頭も温かい状態で過ごさせていただいています。ガチャピンとムックをミキサーにかけたような色合いの薄気味悪いルームウォーマーを履いて、過ごしていますよ。

 ところでこれ読んでらっしゃる皆様は、ムックは雪男の子供なのに、何故赤い毛に覆われているか、御存じ? それは、ムックが母の腹を食いやぶって産まれた忌み子だからですよ。あの身体は、子に食われ、無念の内に死んだ母親の血の色なのだ。たまにムックが自分の手を食っているのは、母の肉の味が忘れられないからである。

「吾輩、お腹が空きましたぞ~」

 もうすぐ明け方にパンツ一枚で表へ出ると、すね毛が凍る時期がやってきます。たまに職質もされますが、僕は今日も元気です。

 そういえば、昨日はとても寒かったのに、街にはタンクトップにパーカーで歩いてる白人がいました。かと思ったら、胸元の空いたゲイシャツを1枚着ただけの男が、道路の向かい側で信号待ちをしていたり。

 行き交う車を見ながら、外人とホモの季節感の無さについて考える、天正月の暮れでございます。

 しかしこの世で季節感を問わないのは、外人やホモばっかりじゃない。

 むしろ季節感というのは有機質特有のもので、無機質のモノには季節感という概念すら宿らない気がする。無機質は無機質でも、人の手によって作られた無機質のものではなく、人知を超えた無機質のモノですね。

 ただ人知を超えたものの中でも、私は妖怪や幽霊には季節感があると思っているんですよ。
 妖怪っていうのは、決まった時期や天候に出没するものが多いでしょう。雪女は寒い時期に、雷獣は雷の多い時期に、狐の嫁入りは晴れた雨の日に、て。

 妖怪の、自然や特別な場所と深い関係性があるっていうところに、有機的なものを感じますよね。

 つーか河童って、冬の間何してんすかね。あいつら、川が凍って胡瓜が価格高騰する時期になったら、枯れた川辺で相撲とる位しかやる事ないじゃん。

 対して、幽霊っていうのには、妖怪ほど季節感を感じないですね。幽霊って、よく季節感のない様子や場違いな様子とセットで描写されること多いでしょ。「こんな冬の日に、その女はワンピースを一枚着ただけの姿で」とか、「公園に軍服を着た兵隊が」とか。

 ところで霊はいるかいないかっていう議論が良くありますけど、私はいると思いますよ。なんちゅーか、夢と同じ解釈で捉えてます。見ている本人にしか見えないもんだと。見ない人は見ないし、見る人はしょっちゅう見るって感じで。あ、私は存在を信じてはいるけど、見えないですし、見たくありませんね。

 それに幽霊っていうのは、あくまで人間が生み出したものであるから、まだ有機的な感じがあるんです。

 有機的な匂いが一切なく、同時に季節感を感じないのが、宇宙人ですよ。UFOって、間違っても季語にはならんでしょうし。

【鉛色に空の覆はれ樹々ゆする風はUFOを伴ひて来ぬ】

 やっぱ宇宙関連の言葉は古い仮名遣いに合わない。

 つーか正直、私はあんまUFOは信じてないんです。いや宇宙人はいると思っていますよ、でも宇宙人……もし宇宙のどこかに想像を絶する高度な文化を持つ宇宙人がいるとしたら、わざわざ大げさなUFOとか作ってまで地球に来ないと思うんだよな……。もしあったとしても宇宙人、地球人より頭いいと思うから、姿を見せないようにして来ると思う。

 たまに間抜けな奴や虚栄心の強い奴が、ちょっと姿見せちゃうくらいで。

 とまぁ、私本人はあんまり宇宙人やUFOに対して夢がない。

 しかし、なんでか私の周りには、説明のつかないモノを引き寄せちゃう方が若干数いるんですよ。

 何かとお世話になっている人生の大先輩がいるんですけれど、その方がある日、こんな話を聞かせてくれたんですね。

「とある場所に行った時、宇宙人襲来という看板を見つけたの。その時は『ふーん、面白い』で終わったんだけれど、そこに行った一か月後、うちに宇宙人が来たのよ」

 ……マジすか!?
 さらに詳しく話を聞く。

「ある日の20時頃、いつものように家のリビングでくつろいでいたら、家のリビングに置いてある大きな観葉植物のところに、突然銀色の物体が出現していたの。細い人間のような外見で、銀色のアルミホイルの様なものを全身に巻いていて、150センチくらいで、手足が長かった」

 それ、リアルリトルグレイじゃないですか!
 その物体、出現してどうしたんですか、と聞いたら

「いや、すぐ消えちゃった。でもよく考えたら、その日は看板のある場所に行ってからちょうど一ヶ月に当たる日だったの」

 な、何それ……気になるじゃない……。

 ということで、その話を聞いた後日、私もその看板を見に行ってみた。しかもその時はスケジュールの調整が上手くいかなかった為に徹夜明けで、更に運悪く風邪をひいていて。
 そこまではまだいいんです、その看板のある場所というのが……険しい山の中だという。そこはどこかっつーと、千葉の鋸山って場所なんですけれどね。

IMG_6524.jpg

IMG_6526.jpg

IMG_6547.jpg

IMG_6645.jpg


 なかなか、涅槃な感じでいい場所でしょ?

 前日の夜から明け方に掛けて、熱でハァハァ言いながらはしゃいだ後の、ガチ登山。もう何か、途中で二回位呼吸途切れた。


IMG_6573.jpg

IMG_6588.jpg

IMG_6618.jpg


 鎮座する多数の石像を横目に、一緒に行った友達と

「宇宙空間でセックスしたら、どうなるん」
「いや……そりゃ回るでしょ。際限なく回るでしょ」
「69はしやすいだろう」
「もう前後に回り続けるでしょ」
「やべぇウロボロス」
「性の永劫回帰」
「ニーチェもおしっこ濾過して飲料水にリサイクルするよな」

 と、土方のオヤジがハイエースの中でするような会話をしながら、ひたすら登る。徹夜明けのテンションって怖いね~。
 ちなみにアメリカとロシアでは、宇宙空間でのセックスに関する研究が、実際に行われていたそうです。なんちゅうか、宇宙に行って何したいんすかね。


IMG_6642_20141013013212141.jpg

IMG_6588.jpg


 で、登山を始めて二時間後。


IMG_6655_20141013012544cb6.jpg


 発 見 。

 『幾箇の男児が是れ丈夫』って、なんだ。(意味は分からんが、漢詩らしい。)
 よく分からないので、ここは宇宙人のハッテン場だったという解釈で捉えることにしました! ハッテンテン!


IMG_6663.jpg

IMG_6590.jpg


 そして更に後日、その宇宙人の話を聞かせてくれた方に会う機会があったので、看板を見に行ってきたことを報告した。
 するとその方が、こんな言葉を。

「じゃあきっと朝日ちゃんのとこにも来るわよ、宇宙人」

 ……無理……。

「いや、無理です、来ないでほしいですよ、無理です、怖い無理」
「怖くないわよ」
「いや怖いスよ」
「何かしてくるわけじゃないから」
「不法侵入されるだけで、失禁と失神のコンボを決めますよ」

 登山、看板発見、報告までは高かったテンションが、冗談抜きで急降下。
 やだなぁ……私真性ビビりなんで、マジで来ないでほしいです。実際その話を聞いて以来、部屋の電気を消して眠れないっすもん。いい大人がガチで怯えてます。

 人間でも宇宙人でも、間抜けはまだしも虚栄心の強いタイプには、極力出遭いたくない。

 いや興味に釣られて看板見に行ったのは自分の責任だけどさぁ……好奇心は人より強いけれど、好奇心を満たした後の事までをいつも考えなくて、大体こういう目に遭うんだよ。学べよ、いい加減。

 ちなみに、このブログや他の場所の更新時間がいつも明け方の変な時間帯なのは、外が暗い時間帯に怖くて眠れないからですよ。マジな話。昼間は家にいないのと、極度の不眠症だっていう理由もあるけれど。

 事実、眠る時は背中を部屋の方に向けて眠れない。駄目なんですよ、怖ぇよ。部屋のどっかから背中に視線感じる気がするんだよ、なんかこれ書いてる間も背中ゾクゾクするしこの時期家鳴りも多くてホントもう無理。無理。あの看板を見に行った日から、もう一ヶ月以上経つし……まだ外暗いし……。

 誰か、私の背中を守ってくれ。割と本気で。
2012-12-16 05:25 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

性神の館 VOL3

 VOL2の続きです。

 世界の性的民俗資料に中てられた後は、いよいよ日本の心春画ゾーンへ。

 このゾーンから先は撮影禁止でした。なので、文体と図説で様子をお伝えしていきます。

 浮世絵の展示ゾーンの入り口には、歌麿や北斎の絵が展示されている。

 北斎は58歳までお金に困っていた為、その年まで熟女ばかりをモデルにして描いていたという。それ以降は創作活動が軌道に乗り、若いモデルを雇えるようになったとか。


性神の館


 しかしこの、北斎の晩年の名前から溢れる中二なセンスといったら。なんなんだ、画狂老人卍って。為一の方が何倍もカッコいいのに……。

 浮世絵は大体が複製だが、館長の御先祖様が集めた本物の歌麿画も飾られていた。終戦時、浮世絵は海外に流出してしまうことが多かったため、原本はとっても貴重なものらしい。

 四十八手どころじゃない数の体位図が展示されているコーナーの上部にも、歌麿の絵巻が飾られている。しかし上中下あるうちの中巻が、紛失して行方不明になっているそう。

 北斎コーナーの真向かいには、大奥の春画と、大奥で使用されていた大人のおもちゃコーナーが並ぶ。中でも大奥でのレズセックスの春画に、私は一番の衝撃を受けた。だって、春画のあの絵柄で、腰に紐で黒い張子(水牛製)を括り付けた女性が描かれていたんだよ……そりゃそうだよな。伏魔殿は女の園だもんな。

 大奥資料ゾーンには、双頭ディルドや、アナルバイブのような形のものまで展示されている。最高級の張形は、べっ甲で作られたものだそう。

 大奥コーナーの下部には、性行中の様子を模したミニ博多人形が数点展示されていた。

 これは「枕絵」とも呼ばれ、保健体育の授業がなかったこの時代、主に良家の母親が嫁入り前の娘の枕元に忍ばせておき、性行の何たるかをこっそり伝える。という目的で作られたものだそう。正直、そんな教わり方はしたくないですね……朝起きたら枕元にエロ人形が置いてある家庭なんて嫌ですよ、クリスマスでもあるまいし。

 大奥コーナーの横には、エロい浮世絵の描かれた茶碗類が展示されていた。皿の裏やお椀の蓋の裏に春画が描かれていたり、お猪口や徳利に描かれていたり。

 頂きますの後で、ふたを開けたらすぐ春画。健全なのか、不健全なのか。

 お皿や茶碗は裏側や、一見見えない場所に春画が描かれているのに対し、お猪口や徳利は、器の正面に堂々と描かれていた。酒に関する食器は子供は使用しないので、大っぴらに描かれているそうです。

 浮世絵ゾーンを抜けた後に待ち構えているのは、アニマルセックスコーナー。クジラの性器の模型や、様々な動物のチンポのはく製が展示されていた。

 実物大のシロナガスクジラの性器の模型の他にも300倍に拡大した蚤の性器、5倍に拡大したチンパンジーの性器、50倍に拡大したネズミの性器の模型があったが、館長さん曰く「倍率は適当」だそうです。そんな館長が好き。

 ところでクジラやイルカの女性器は、まんまん(館長風)のサイドにおっぱいがあるとのこと。


性神の館


館長さん「これ前戯するのは楽だけど、子供がおっぱい飲むときに胎内戻っちゃいそうだよなぁ」

 確かに。

 あと、なぜかアニマルセックスコーナーに「ぺいこのいんぽ」という、女性から愛液を採取するためのアイテムが展示されていた。


性神の館


 こういうのです。オランダ人が招来させたものだというこのアイテム、なんでも女性から分泌されるあの液体は、火傷に効用のある液体だそうで……館長さんは「アロエみたいなもんよ」と言っていたが、火傷した場所に膣分泌液を塗布するのはいやだなぁ。

 ところで調べてみたら、弱酸性なんですね。愛液って。

続きは追記から

続きを読む

2012-10-29 00:57 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

性神の館 VOL2

 VOL1の続きです。

 祠の後は、性的民族資料ゾーンへと移る。

性神の館


 栃木の大地が産んだイタズラ。


性神の館


 日本各地の性的な民芸品が飾られたショーケース。


性神の館


 四月に行った金山神社(かなまら祭り)のものも。


性神の館


 動物土偶、可愛い。


性神の館

性神の館


 向かいには、栃木県全域のチンマン神社関連の写真と道祖神マップ。


性神の館

性神の館


 一見多そうに見えるけど、これでも栃木は全国27位なんだってさ。(ちなみに一位は神奈川県。)


性神の館


 各写真のパネルの下部に踊る、直球すぎるネーミング。


性神の館


 各地のチンマン祭りの写真パネルも数多く展示されていたが、どれもただの変態行為実行中の一場面にしか見えなかった。


性神の館


 足利にあるという、パンティ神社。


性神の館

 私達が訪れた日、このパンティ神社ではちょうどお祭りが開催されていたそうです。

 これほどまでにパンティ音頭を思い出したのは、レトロスペース坂会館のパンティゾーン以来だ。しかし最近インド映画マニアの相方(Я)のせいで、パンティを見ると思い出す曲が一つ増えたんですよ……これなんですけど。



 オ~オユ~ティ~パンティ~オ・パンティ!

 インドといえば、こちらはインドのカジュラホヒンズー寺院のミトウナ像のレプリカ。


性神の館


 ちなみにこの像は、館長の手作りだそうで……。大きなお世話ではあるが、造形の才能を何故ここで爆発させたんです、館長。(この他にも、館長手作りの品が一点あります。それはまた後程。)

 続きは追記で。

続きを読む

2012-10-26 00:22 : B級探険日誌 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

性神の館 VOL1

 先週の日曜日。タイバニの映画を観終わった後、特に予定もなく、ぎんちゃんと私は遅い昼食をとっていた。しかし私はうっすらと、「もしかしたら今日、この後何か変な場所へ行くんじゃなかろうか……」と予感があり、カメラの充電はバッチリしてきていた。

 食事を終えた後。この後どうするかという話になり

「そういえばさぁ、性神の館、結局まだ行ってないね」
「時間あるし、この後行ってみる?」
「じゃあ、行こうか」

 そういうわけで、栃木県の徳次郎にある性神の館を目指すこととなりました。

 私は所用で日光へ行く事が多いのですが、高速で徳次郎の辺りを通るたびに、この性神の館が見えるんですよ。もう何年も前から気になっていたが、なかなか行く機会がなく。

 というか、意外と近場(関東近郊)の珍スポって行かないんだよな。実際、東京埼玉栃木茨城千葉辺りは、ほとんど行ってない気がするわ。その気になればいつでも行けるって思うと、行く機会を逃しがちというのか。

 しかしこのブログ、ここんとこ二回連続チンマンの話題ですよ(チンコに限定すれば、三回連続です)。もうどうなんでしょうね、ほんとに。そして予告しとくと、性神の館レポの次は特殊性癖関連のイベントレポです。本当に、どうなんでしょうね。

 そんなこんなで、午後十六時頃に無事到着。


性神の館


 緑豊かな看板。ぎんちゃんに言われるまで、電光掲示板の存在に気付かなかった。


性神の館


 あ、この道路挟んだ土手の上が、高速です。


性神の館


 館に入る前から、突っ込みどころが散乱している。


性神の館


 何故……何故男根像が雨をしのぐのだ……。苔むし防止?


性神の館


 ちなみに性神の館の前はラーメン屋。繁盛していました。


性神の館


 明らかに不適切な入り口をくぐると、ファンキーな館長が出迎えてくれます。


性神の館


 コースはもちろんフルコースを選びました。


 続きは追記から。

続きを読む

2012-10-24 21:20 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

京都 チンマン王国

先週から今週に掛け、色んな用事で色んな場所へ行った。

千葉から、大阪から京都から茨城まで。ここまで動き回ったの久しぶりだ。先週のスパーク以降、ほとんど家にいなかった気もする。

大体は仕事や親戚の用事だった為、観光はほとんどせずに帰って来たのですが、それでもなかなかに濃い体験が……とりあえず京都の珍スポから行きましょうか。

いつも珍スポへ行く際は車で行く事が多いんだが、今回は行き帰りが飛行機で、現地では電車とバス移動だった。
更に京都は今まで三回しか行ったことがないので、土地勘も全くなし。車じゃないので、カーナビに頼ることも出来ない。

目的地への道を京都駅で案内所のお姉さんに聞いたところ、大幅に間違った案内をされてしまい、ちゃんと分かれば1時間足らずで着ける場所に行くまで、四時間近くも市バスに乗るという、何とも言い難い出だしだった。

バスに乗って20分経った辺りで様子がおかしい事に気付いたけど、とりあえず乗っていた。そうしたら、もうどんどん目的地と逆の方向へ向かっていく。運転手に聞いても説明が不透明な上、案内所で聞いた説明とも全く食い違う。

そんなこんなで、今回、京都を全部見ましたよ。バスの中から。

市バスに振り回されるまま二時間半経ったところで、一度行くのを辞めようかと思った。だが、ここで諦めてたまるかと自力で路線を調べ直し、意地になって向かいました。遠回りには慣れた人生だ、これしきの事で私が引き下がると思うなよ、市バスめ。

そうして行き着いた場所が


チンマン王国



ここだ。

この場所は、地元民の間やネット上で「チンマン王国」「ちんこまんこ村」と呼ばれている、京都広沢池脇に存在する性域であります。

続きは追記で。

続きを読む

2012-10-15 02:18 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。