FC2ブログ

minority camp

B級スポット探険やアングライベント突入等、適当雑多な野良ブログ

スポンサーサイト

Posted by 朝日 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

蘇民祭と金縛り

Posted by 朝日 on   0  0

※前回に引き続き、これも去年の年始に書いたやつです。

 毎度ありがとうございます!!!
 壮大な二度寝から帰還致しました。
 このまま三度寝に突入を決めると、20時間近く眠り続けることになるぞ……!

 いやぁ、13時間もの間眠り続けてしまった。昨日、知人から上野駅13番線ホームトイレの話を聞いたためなのか。まぁ、それはいいや、今年最初の更新をおっぱじめましょうか、真顔で。今回もどうぞ、お付き合いください。前回に引き続きオナニーの話です。

 ただ今回は、前回に比べたらそんなにオナニー要素ないと思いますが……。

 私自身、そんなには霊感はないと自分では思っているのですが(以前の記事で霊感の本来の意味とか書いたけど、ここでは世間一般で使われている霊に関わってしまう能力を指す意味で使います)、アレなんですよ。稀に会ってしまうことがあるんですよ。部屋のものが棚から勝手に落ちる怪現象が起きたり、私が寝始まると突然部屋中がガタピシ鳴り出したり、部屋のドアや窓を真夜中にノックされたり。別に本棚から本が落ちたり、ものが勝手に動いたりとかはいいんです、無視して戻せばいいだけだから。ただ唯一無視できないというか、回避のしようもなくて困っていたのが、金縛りによく遭うという問題でして。

 今は過眠ですけど、それ以前は恐ろしいほどの不眠症だったのです。あんまり寝るのが得意じゃないせいか、子供の頃からしょっちゅう金縛りに遭っていて、ホント酷い時は毎日のように金縛られていました。

 金縛りに関しては単なる過労や睡眠リズムの狂いだと思っていたんだけど、それにしてもあまりになる上、何回か本当に怖い目に遭うこともあったので、これはいよいよ科学では測れない部分も考慮に入れて対策をしなきゃいけないと考える程に追い詰められまして。大げさかもしれないけれど、この時期は本当に悩んでいた。

 だけれど。
 ある日を境に、パタッと金縛りに遭わなくなったのです。
 ただし自然にならなくなったわけじゃなく、ある方法で対抗したらその対抗策が効いたのか、ほんとパッタリ。

 これから記述するその金縛りへの対抗策というのは、最初に言うと「金縛りに遭いそうになったらエロいことを考える」という方法。

 何かの話の流れから、知人男性に「そういう怪現象にはエロがいい」と教わって知った方法です。その知人も金縛りに悩まされた時期があったらしいが、金縛りに遭いそうになったらオナニーで対抗する方法を編み出して金縛り問題が解決したとかなんとか。

 「(金縛りになってるのに)手は動くのか?」と聞いたら「指先だけはかろうじて動く、あと金縛りの息苦しさは窒息プレイか何かだと思って(知人はドM)、幻覚とか幻聴を無視して脳内で必死にエロい映像を再生しようとしていると、風邪の時の夢うつつ状態みたいな感じになって、やがて体をまさぐられているような幻触や、金縛りの圧迫感が目の前の好みの男(ついでに知人はゲイ)から圧し掛かられているような幻覚に代わり、金縛りから覚める頃には最高のコンディションに仕上がっている」そう。

 きっと明晰夢みたいな感覚なのだろう。私も何回か明晰夢は試しているけど、なかなかうまくいかないんだよね……。でも、まぁ試さない手はない。

 よし、次に金縛りが来たらやってやろうじゃねぇか、と私は固く決意した。

 事前勉強にと思い、ネットで幽体離脱のことを調べていたら、何故かオウム真理教の幽体離脱の超能力開発法(麻原彰晃のセックス修行法)のページに行き着いてしまったことも、ここに記しておきます。
 ここ→http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/doc/kaihatu.htm
 読んで何が一番驚いたかって、肛門を引き締める行為に名前がついているということだよ。なんだよ、ムーラバンダって。
 ホモビやヨガもののAVでアナルセックスを行う際は、「オラ、もっとケツ締めろよ!」というセリフが「オラ、もっとムラバンダれよ!」になるのか。そんなことはどうでもいいです。

 で、知人からその対処法を聞いた数日後。物凄く疲れてうとうとしている時に、まんまとやって来たんですよ、金縛りが! しかも、気配からして結構な大物が!!

 気配を感じた瞬間なんか「きた、きた!! 馬鹿がアホ面下げて来やがった!!!」と両手を叩いて爆笑したくなるほどの、稀に見るテンションの上がり方した。

 あんなに怖かったというか迷惑だったのに、その時はエロい対処法を試してみたくて仕方なくて、金縛りへの恐怖なんかより好奇心の方が大きく勝っていた。

「オッ! これはいいぞ、なかなかデカいのが期待できそうだ!!!(なんか頭グワムグワムしてるし!!!)」と思って、必死でエロい映像を脳内再生する。

 しかし、今回は相手が悪い様だ。
 グランドキャニオン並みの圧迫感が、首元から頭へと向かって攻めてくる。見えない力に喉元と左右のこめかみをグッと押さえつけられ、耳の奥から脳みそに掛けて鳴り響く金属のノイズが瞼の中で奇妙な映像に変化していく。

 これはエロ映像再生どころではない。私の頼りないエロパワー(前述のとおり、性欲が薄い)では、このビッグウェーブに負けてしまう。無抵抗のまま、変な……なんか、曼荼羅とか、自分の部屋の中に非科学的なモノがいる映像とか、黒い肉塊が迫りくる映像を見せられる羽目になる! このまま無惨に負けて堪るか! 今こそイマジン! 頑張れ、負けるな! 迸れ俺のエナジー!!!!!!

 脳全体を引っ掻き回すノイズ音に合わせ「ちんこまんこもんこなんこちんこまんこもんこなんこちんこまんこもんこなんこアアーーーーーーーーーッッッ(アアーーーーーーーーーッッッは絶叫)」と小学校低学年の時に流行っていた謎の呪文を唱え、必死に抵抗を試みる! ところでちんことまんこは分かるんだけど、もんこって一体なんだったんだろう? あ、肛門のもん……?

 お尻の皴と皺を合わせてベトナーーームーーー! シャム! SO-SAY-G!!!

 しかしこの呪文も聞かず、いよいよ金縛りの気配が体を覆わんとしたその瞬間! 左の視界の片隅に、強力な映像が浮かんできた! 押し寄せる灯篭を持った六尺褌の男たちの群れ……蘇民祭だ!

 そうだ、エロが駄目なら雄の熱気で対抗だ!! 金縛りに対抗して、マラしばき!!! ひしめく六尺褌の羅漢たちよ、私に力を分けてくれ!!!

 金縛りの気配に負けじと、私は蘇民祭を必死にイマジンする。やがて溢れる数多の男達!

 家内安全! 無病息災!! 悪霊退散!!! マリリン・マンソン!!!! ハッテン場!!!!!
 ィヤッソーイ! ィヤッソーイ!

 すると頭を押さえつけていた金縛りの圧迫感がふっと宙に浮き、押さえつけられていた身体が急に自分の体から剥離したような、不思議な感覚に襲われた。金縛りの幻覚は蠢く男たちの映像へと代わり、目前で繰り広げられる男達の祭りから逃れようと足を動かすと、すいと一歩を踏み出せる。

 私の体は舞っていた。この瞬間、金縛りの閉塞感の中を自由にRIDEしていた。

 正確に言えば金縛りの圧迫感は波打つ男達の群れの幻覚へと変わり、幻聴は男達の雄たけびに代わり、幻触はぶつかり合う男と男の肉体の感触に変わっただけで、やっぱ悪夢には変わりないんですが、意味不明のおぞましい幻覚を見るよりかは、褌姿の野郎たちとヤッソイしている方が全然いい。

 兄貴たちの波に交じり、たまに奇妙な達磨の顔のようなものが描かれたでかい提灯とかが迫って来るんだけど、別に怖くはなくて「うわ、なんかこのセンス、超兄貴とかパロディウスで見たことある」と思うだけ。

 不愉快な金属製のノイズに代わり、四方八方から聞こえる
「ウォーイウォーイガルルルルーウォーイウォイガリバーー!!!!!」
 みたいな雄野郎の雄叫び。
 連々たる六尺相撲フェスティバル。あとなんか変な提灯。

 そして金縛りに遭っているはずなのに、今は自分の意思で、祭りの中を自由に動けている。どうやら明晰夢に入ることに成功したらしく、金縛りの恐怖なんかはすっかりどこかへいってしまっていた。わくわくしながら、そして夢の中にカメラを持って来られなかったことを後悔しながら、野郎波打つ蘇民祭の中を自由に動き回る。

 だが、ある瞬間から絶え間ない男達の咆哮と褌の波に薄いフィルターが掛かりだし、それと同時にどこか遠くの方からオリーブの首飾りの音色が聞こえてきた。

 ♪おしゃべりとか~哀しみの胸に~いくつもの薔薇をささ~げて~生きてる~男たちは~ひしめき合ってる~雄叫びに揺~れる~あの日の煌めき~ (オリーブの首飾りの節で)

 メロディーに合わせて(本当の歌詞は知らない)口ずさむうちに、蘇民祭の映像も、不思議な身体の感覚も、金縛りの気配も、スゥ……と私の体から遠ざかって行く。目を開けたらいつも通りの自分の部屋で、蘇民祭も、金縛りの気配も、すっかり消え失せていた。

 よく、死後の世界から帰って来た人が「暗いトンネルを抜けたら白い光がフワー……と目の前に広がりだして、目を開けたら病室だった」みたいなこと言うけど、この時の金縛り明けの感覚、多分それと同じような感じ。

 私、あんなハッキリと体の感覚のある明晰夢見たの、実はこの時が初めてだった。
 金縛りと格闘し体はそれなりに疲労しているはずなのに、謎の達成感と爽快感があった。

(※明晰夢の感覚って上手く説明できないんですが、実際に金縛りと明晰夢の境でうとうとしていた時に書き残したメモがあるので、ここに記しておきます。

【風邪の時は瞼の裏から頭全体に掛けて重い。そんな感じの重さ。その頭の重みがだんだん身体から浮いてきて、もう一つの自分の感覚になって、幻覚の中で感じる全身の感覚を、目の奥と口の上奥で感じるようになる。】

 後から読み直しても全く意味分からないんですが、どうやらこんな感じらしいです。書いた本人すらよく分からないのに、読んでる方は更に意味わかんないと思う。悔しいなぁ、あの変な感覚をうまく言い表す例えが見付からない。)

 そんな蘇民祭の明晰夢体験をしたその日以来、ほとんど金縛りに掛からなくなりました。唯一、その後一回だけ金縛り遭いそうになった時に「よぉぉおおおっし!!! 来いやぁあ!!!」とエロ妄想スイッチを入れ、いい具合に明晰夢に入りかけたら、そこでサーッと物凄いスピードで解けてしまって。それ以降は、ホントに全然。

 せっかく面白い対策を見つけたのに、ちょっと残念ですね……次に来たら性転換する明晰夢にトライしようと目論んでいるのに。その性別でしか出来ない変態行為とか、別の性別の体で変態行為を行った際の周りの反応を調べたりとか、してみたいじゃないですか。男の体で露出したら大袈裟にギャーギャー騒がれるけど、女の体で露出したらみんな触れちゃいけないような目で見てくる、とか。(私は露出癖ありませんけれどね。)

 ここまで書いといて変だけど、私は今でも金縛りは霊的なモノとして考えていません。ただ、万が一今まで私を悩ませていた金縛りが霊的なモノだった場合、あの蘇民祭の際にハッテンに巻き込まれ、それ以降は嫌になって来なくなったのかもしれません。

 こういう経緯で金縛りには合わなくなったんですが、部屋の怪現象は継続中。

 だけど、霊障(あえてこの名称を使う)にはエロが効くということが分かったので、現在は怪現象が起きた際にエロ動画で対抗してる。

 勝手にコンポの電源が付こうもんなら、もう座ってなんかいられない。この部屋の主は誰なのか、しっかり分からせてやる必要がある。

 ここは一発マニアックなエロ動画を食らわせてやろうと、そっち系の動画サイトへ行く。でも、そういう時の為の動画として用意していた、皺でタトゥーがだるんだるんになってる白人のジジィとババァが素っ裸で互いに鞭をふるい合っている動画が消えちゃってて……。なんで白人は、いくつになってもケツをしばくんだろう。

 しょうがないから代わりの探そうとしたんだけど、なかなか面白いのがない。かなり前に海外のサイトで見た黒人がナルトのコスプレしてアナルファックしてる動画探したんだけど、見つからなかった。

 めんどくさくなってFC2動画開いたら、知人の描いたエロ漫画の広告が出てきて大爆笑し、そこで一気にどうでもよくなった。

 以上でございます。

 ちなみにこれ、この記事書いてる途中に一回消えてます。ほんとうはもっと早くにUPするはずだったのに、やっぱ霊障ですかね。
 てーかこんな記事書いてこいつ安いクスリでもキメてんじゃねぇのか、と思われるかもしれないけど、キメてたらもっとHAPPYな人生送れてるよ。ほんっとさー生きるより辛いことってないよねーもうぱっと死にたいよねー生きるのも死ぬのも意味ぜんっぜんないって思ってるけどォー♥

 あ、ついでにもうひとつ。
 最初の方で、「誰もいないのに窓やドアをノックされる」て書きましたよね。
 それをある人に話したら「ノックが1回の場合は霊、ノックが2回の場合は生き霊の仕業」だそうです。ノック1回の方がぎょっとするけど、実際に来たら怖いのは二回の方だな。

スポンサーサイト

朝日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wiltrud.blog91.fc2.com/tb.php/703-7dc7b20c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。