FC2ブログ

minority camp

B級スポット探険やアングライベント突入等、適当雑多な野良ブログ

スポンサーサイト

Posted by 朝日 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

レイヴ・アラウンド・ザ・リンガ ~全中男祭 Pt.1~

Posted by 朝日 on   0  0

 ファンキー全中男あひるどんさん主催の『レイヴ・アラウンド・ザ・リンガ ~全裸中年男性祭 Pt.1~』に行ってきました。

 あひるどんさんのブログ
 http://ahill2nd.exblog.jp/

 『レイヴ・アラウンド・ザ・リンガ ~全裸中年男性祭 Pt.1~』とは、どんなイベントかっつーと……TLの魔境に潜んだペニスボーイズによる、スタイリッシュ蘇民祭みたいなものを想像していただければ……平たく言えば、全裸中年男性クラスタハッテンオフです。

 ただ、DJ陣の半分は全裸中年男性ではない堅気の方であり、選曲もブラック(しかもオールドスクール)多めで楽しかったです。今回初めてDJをやったというトミスさんとじゅーしー君も、初めてとは思えない位上手だった。GO!ヒロミ44'さんのCDが再生出来ないという謎の事態も発生していたが。

 全中男クラスタではない堅気DJのプレイに合わせ踊るリア充な若者たち(堅気DJさんのお客)の合間を縫うように踊り狂うじゅーしー氏。突如「ハッテンじゃぁぁぁぁぁぁあ!!!!!!」「イモムシを殺せぇえええ!!!!!!」と叫んで飛び回るトミスさん。その後ろで、椅子に置かれたクッションの匂いを延々と嗅いでいるにゃるおさん。

 その様は、Grandmaster Flash & The Furious Five『The Message』冒頭の

『ここはまるでジャングルだ、正気でいるのが自分でも不思議だ
 ここはまるでジャングルだ、正気でいるのが自分でも不思議だ』

 という節そのものだった。




 クラブ内の空気は見事に二極化していたものの、不思議な一体感がそこにはあった。

 イベントの中盤では、公開日本ゲロ図鑑も。今回のイベントには狂人界に巣食う化け猫にゃるおさんが現場に降臨していたので、イベントに訪れていた狂人たちの中からゲストを選んで、にゃるおさんとガチ対談をする流れに。

 【日本ゲロ図鑑とは】
じゅーしー氏ひまじん氏がMCを務めるUST、ニコ生の番組。ツイッターの全裸中年男性クラスタ(要するに狂人)をゲストに呼んで放送ギリギリのトークをしたり、全中男替え歌(こんなの→http://togetter.com/li/485111)を合唱したりするのが主な内容。番組テーマソングは『怒張の極地』

怒張の極地



 革新的な歌詞を生み出したメキシカン忍者さんに、なぜこのような歌詞を思いついたのかを伺ったところ「考えようとして考えたわけではなく、聞いた瞬間に頭の中に歌詞が湧いてきた。石仏は石の中にいらっしゃる神様の形を掘り起こして作ると言うが、それと同じで、あのメロディーの中にあの歌詞が潜んでいた」だそうです。徳の高い方です、みなさんもメキシカン忍法帖を読みましょう、中年総進撃を買いましょう。



 しかし、ゲロ図鑑をUST放送をする予定がちょっとしたトラブルで配信不可になったため、今回はその場だけでのゲロ図鑑となりました(あれ、音声配信はしたのかな?)。

 途中まで動画を撮ったんですが、それでも大部分はUP出来ないトーク内容だったので、UP出来そうなところだけ……。



 正直、放送しなくて正解だったと思う。


IMG_9834.jpg


 というか、にゃるおさん呟きはアレですけれど、本当に好青年なんですよ。物腰も丁寧で。ただ、目に光はないですけれど。一見無害そうな青年の「勉強とせんずりと風呂しか気持ちのいいことがない。誰かヘロインブチ込んで殺してくれ!!!!!!!」の破壊力は凄いですよ。

 にゃるおさんのトークにROOTSのスタッフさんまでもが大爆笑していたのを見て、狂気とせんずりのパワーは万人に響くものなんだと痛感した。

 日本ゲロ図鑑はイベント時に限らず、普通の日でも放映されています。放映日時はじゅーしー氏とひまじん氏のツイッターをチェックでお願いします。

日本ゲロ図鑑USTページ
http://www.ustream.tv/channel/%E3%83%8D%E3%82%AA%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%B2%E3%83%AD%E5%9B%B3%E9%91%91

 そしてイベントの途中、店の外にあるコンビニで休憩をしていた際。

 突如、コンビニ前の道路を四つん這いで徘徊する帽子の若者(正気ではなかった、おそらく泥酔しているもしくは薬をやっている)が、コンビニ前でフランクフルトをむさぼる狂人たちの前に出現した。

 帽子の若者が去った後「何かやべーのが居たな」と言っているうちに、今度は警官が出現したので「おまわりさん、今日はまだ出してないです!」と言い合っていたら、警官が狂人たちの方へと寄ってきて

警官
「今、ここら辺で落し物を探してる人がいませんでしたか?」
狂人
「いました!!!」

 それ以降かれこれ一時間以上、再度姿を現した帽子の若者と警官は、何かを探してコンビニ前と道を隔てた場所にあるクラブとを往復していた。


download.jpg


 ドクロベェさんの「帽子落ちたよ!」「危ないよ、轢かれるよ!」とおばちゃんのような突込みと、かけらさんの「ゴミをレイアウトしてる場所」「帽子の人と警官、ちょっと仲良くなりだしとるやないけ」発言に爆笑しているうちに帽子男の仲間が乱入し、ついでに警官の数も増え、そこに訳の分からん外人も加わり……時間が経つにつれ混沌とした状況になっていくその様を、発端から最後までその場にいた狂人全員で見守った。

 今回、改めて「狂人は引きが強い」ということを知りました。

 帽子男事件を眺めているうちにイベントの終了時刻が近くなったので、一度クラブに帰り、潰れた狂人二名を起こして帰路に付く。

 渋谷のスクランブル交差点で信号待ちをしていた時にあひるさんがぽつりと言った「今回はちょっと、違かったな(全裸中年男性色薄かったな)」という一言が、妙に面白かった。

 全裸中年男性色が濃い選曲をしたら、メタルとハードコアとバカ歌(あと、昔の特撮とアニソン)しか流れないイベントになってしまうのでは……それもそれで面白いですが。

 去年の七月だかそこらにやったこのタグ(↓)が、何か全てを物語っている。

#全裸中年男性テーマ曲大全集
http://www.youtube.com/playlist?list=PL9E65541BF84E9A77

 ちなみに自分は赤犬の「全裸ブギ」を推しました。


IMG_9859.jpg

IMG_9848.jpg


 何はともあれ、とても楽しい一夜でした。主催のあひるどんさん、DJ陣の皆様、日本ゲロ図鑑のじゅーしー君とひまじんさん、どつかれさまでした。次回の開催も、楽しみにしています。

スポンサーサイト

朝日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wiltrud.blog91.fc2.com/tb.php/671-724e5778
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。