FC2ブログ

minority camp

B級スポット探険やアングライベント突入等、適当雑多な野良ブログ

スポンサーサイト

Posted by 朝日 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

魑魅魍魎の文化祭2 VOL2

Posted by 朝日 on   0  0

 VOL1の続きです。

 休憩後、最初に行われたのは「人の顔を見ただけで好きなAVメーカーが分かる」酒徳ごうわくさんのアダルトショップ漫談でした。

 アダルトショップには実に様々なお客さんが来店するそうです。回りくどく無修正DVDがないかと食い下がる中年男性、かと思いきや、自動ドアが開いた瞬間に「おーい兄ちゃん! セックスあるセックスー!?」とダイレクト且つ雑な注文を投げかけてくるオヤジまで。

 なかにはカップルで来店するお客さんもいるそうで、男の方はいきがって「女の知らない世界見せてやるよ」という様子なのに対し、女性の方は「やだーなにこれ信じられないいやらしい~」という、クソのような反応をすることが多いそうです。

 だがごうわくさん曰く、「どんなに口では『やらしい~』とか言っている女性でも、必ずアダルトグッズのコーナーで立ち止まる」そうです。

 そういう女性は大体において隠れヤリマンだと思いますね。

 アダルトショップ漫談に続き、会場のスクリーンに流れ出したのは「蟲戦士ヘルワーム」という、ガチホモ特撮AV。

 これですね。

 ヘルワーム

詳細
http://dic.nicovideo.jp/a/%E8%9F%B2%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%A0

 男優がベッドに全裸でうつ伏せで眠るシーンから始まり、オナニー、ノーマルセックス、拉致、ホモセックス、拘束、触手プレイ……のような内容のAVです。ググれば、ちょっと画像が出て来ます。どうでもいいけど、私ゲイAVは男優の尻が綺麗だから好き。普通のAVは男優の尻が汚いのが多くてねぇ……。

 その流れで「世の中にもっとハッテン特撮はないのか」という話題になり、こんなサイトが紹介された。

http://heroyarare2012.blog.fc2.com/
※リンク先は遠慮なしのガチホモ画像&ヒーローの絶命画像で溢れているので、苦手な方はご注意を。

 コラ画像内では「ど淫乱新マン」「ジュ、ジュワ―――ッ! やめろっやめないかー!」とか書いているのに、コメント欄では「ア○ル」とか「ペ○ス」とか伏字がしてある辺りに、こだわりを感じますね。コラのタロウ率が異様に高いのは、「タロウはお坊ちゃん的なイメージが強いので、凌辱欲をそそられるんじゃないか」という見解が出ていました。

 しかも「ウルトラの父」カテゴリーまでありますからね。フケ専まで取り揃えている……と震撼したが、よく考えずとも特撮の時点でマスクフェチ・獣姦・異物・野外プレイの要素もあるわけだよなぁ。

 かの大槻ケンヂ氏も、「性の目覚めとなった切っ掛けは、ウルトラセブン。幼少期の頃、セブンが十字架に張り付けられるシーンを見て、目覚めてしまった」とエッセイでお書きになっていたし、特撮には人の性癖のボタンを押す何かが潜んでいるのかもしれません。

 と、その時、なぜか突然主催の鶴岡さんがじゅーしー君とともにトイレへと消えた!!!!

 ハッテンか! ハッテンだ!! ネイキッドロフトで極限ハッテン行為!!!!!!

 主催がイベント中にハッテンしにトイレ行くって、どうなってんだ!w

 続きは追記で。




 約五分ほどのハッテンから帰還後、鶴岡さんから「なぜ今回、この様なイベントを開催しようと思い立ったか」という話が語られる。

 鶴岡さんは根本敬さんのラジオ番組「ドントパスミーバイ」のファンで、このドントパスミーバイのような※、むちゃくちゃなイベントがやりたいと考え、この「魑魅魍魎の文化祭」を始動させたそうです。

 ※ラジオ放送中、背後に他局の番組が流れていたり、ノイズで出演者のトークが全く聞こえなかったり、ラジオ放送のはずなのにスタジオ内には無数の小道具があったりと、全てがメチャメチャ。一青窈さんがゲストの回は、特に狂っていた。

 こうしてイベントの成り立ちを語った後、更なるアクシデントが……。

鶴岡さん「今回飛び入りでライブペインティングに参加してくれる方がいるそうで……」

 なんと飛び入り参加を決めたのは、私の横に居たいくさばらとれはちゃんだった。

 そうです、今回私はとれはちゃんと一緒にイベントに遊びに行っていて、堀骨砕三先生のライブペイントを見ていたとれはちゃん(同じく堀骨ファン)が「もし頼んだら、私にも描いてくれるかなぁ」と言っていたので「頼んでみたら?」と言ったところ


魑魅魍魎の文化祭2012


 マジで行っちゃったんだよ、この子は!

 休憩時間中に堀骨先生に交渉し、トイレで乳首にガムテーム貼って準備して。この「言ったらやる」というとれはちゃんのバイタリティが、私は大好きなわけです。


魑魅魍魎の文化祭2012


 通常運行のとれはちゃんの体に堀骨先生が絵を描き始める中、黙々とじゅーしー君の体に絵を描き続けるメキシカン忍者さんへ、鶴岡さんからインタビューが始まった。

 一部で強烈な影響力を誇る全裸中年男性のルーツを探る旅が始まります、蒲田不思議ハッテン。

鶴岡さん「なんで全裸中年男性シリーズをやろうと思ったんです?」

メキシカン忍者さん「おれにもわかんないっすよ……」

 えっ?

 実は私、この全裸中年男性の成り立ちに関するやり取りをしているお二人のツイートを見ていた記憶があった。探してみたら、ありました。(ストーカーチックなことしてすみません……。ついでに書くと、実は恐れ多くて、まだ一回もメキシカン忍者さんへリプをしたことがないのです。鶴岡さんとも、前の記事上げた時に初めてやり取りをして頂いたという……。)


魑魅魍魎の文化祭2012


 全裸中年男性は「関本・岡林(プロレスラー)に欲情した中年男性が、ひどい目に遭う」というパターンが原点だそうです。

 そしてついに明らかになる、メキシカン忍者さんの性癖は

「……普通(ノンケ)っすよ」

 ちなみにメキシカン忍者さんの好みのタイプは、紫雷未央さんだそうです。メキシカン忍者さんの性癖が発覚したところで、なぜかプロの緊縛師の女性が登場!!

 そしてそのまま、メキシカン忍者さんが縛られることに……。

鶴岡さん「じゃあ、緊縛ついでに全裸中年男性ネタでもツイートしてもらいましょうか。縛られながらの全中年ネタ、さぞかし面白いんでしょうねぇぇ……!」

 鶴岡さんはイベントの最初から最後まで、徹底してドSでした。


魑魅魍魎の文化祭2012


 そうして緊縛を施される中、メキシカン忍者さんがツイートしたものは


魑魅魍魎の文化祭2012

 阿修羅www しかしユムシって見る度、Dソニックで佐々木孫悟空氏がユムシを食い散らしてたのを思い出す。


魑魅魍魎の文化祭2012

魑魅魍魎の文化祭2012


 以後、ライブペインティングギャラリー。


魑魅魍魎の文化祭2012
魑魅魍魎の文化祭2012
魑魅魍魎の文化祭2012
魑魅魍魎の文化祭2012
魑魅魍魎の文化祭2012
魑魅魍魎の文化祭2012
魑魅魍魎の文化祭2012
魑魅魍魎の文化祭2012
魑魅魍魎の文化祭2012
魑魅魍魎の文化祭2012
魑魅魍魎の文化祭2012


 ハッテン! ハッテン! マラ騒ぎ!


魑魅魍魎の文化祭2012


 そしてイベント終了間際に起きた奇跡!

 会場がどよめく中、メキシカン忍者さんは紫雷さんへリプを返していました。

 奇跡の後で、イベントの締めに入る鶴岡さん。真面目ないい話が続いた後で

「とりあえず……俺はこれから、O次郎アイコン(@himaginariさん)の奴をぶちおかす!!!!! メキシカンと違って、俺はガチだからな!!!!!

 鶴岡さんのハッテン宣言をもって、ホモセックスと奇跡を呼ぶキチガイイベントは幕を閉じました。

魑魅魍魎の文化祭2012


 次回開催は三月、阿佐ヶ谷ロフトで行われるそうです。次回はどんなカオスが繰り広げられるのか、楽しみです。

 ※今回の記事中、ツイッターの#月刊鶴岡タグにあったツイートを、いくつか使用させていただきました。もし不都合がございましたら、お手数ですがツイッターのリプか、このブログのメールフォームまでご連絡ください。

 あ、最後に一つ。

 詳しい理由は書けませんが、リットン調査団の藤原さんはマジで最高の芸人さんです!!!!
スポンサーサイト
朝日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wiltrud.blog91.fc2.com/tb.php/654-d26fdebc
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。