スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

ぽちゃぽちゃハロウィン デブカワNIGHT VOL1

 この世は実に様々な趣向が蔓延する世の中でございます。例えどんなに特殊な趣向であっても、時代が下るほどに日常化し、やがてカジュアルな趣向の一つへと変化していく。性癖ライフストリームは、渦の激しさを増すばかり。

 そんな中、今最も注目すべき一つのトレンドとして「ぽっちゃり」というジャンルがございます。

 ゲイの世界でいうデブ専。ノンケの性癖でいうところでもデブ専。ノンケの世界でもゲイの世界でも同じ意味で使える言葉なんて、なかなかありませんよ。

 しかも、ただのぽっちゃりではない。もし、そこに「カワイイ」という言葉が付こうもんなら、あらやだ、現在のエンターテインメント・ジャングルを余裕で蹂躙出来るインパクトがっ!

 強い心は健康な肉体から。性格はまだしも、肉体が奥ゆかしくちゃ話にならんわけです。時代は山脈、ビッグサンダーマウンテンボディこそ、今のトレンド!

 B(ビッグ)W(ワイド)H(ハイカロリー)でございます! 一尺何メートルかなんて知ったこっちゃねぇ!

 ジャパニーズBBWに幸あれ!!!!!!

 途中から何書いてんだか分かんなくなりました。

 そういうわけで、10月27日ロフトプラスワンで行われたデブカワナイトに行ってきた。

 今回イベント名が「ぽちゃぽちゃハロウィンデブカワNIGHT」なので、会場には様々なコスプレ衣装に身を包んだぽっちゃり女性達が行きかっていた。しかし、すれ違うどの女性も「熱い……」と呟きながら、会場内を移動している。(事実、田実さんがイベント中「まだ涼しくならない」と、何回も空調を確認していた。そして空気が薄く、地下に居ながら登山状態にあった。)


デブカワナイト


 仕掛け人のぽっちゃり界の重鎮、ホモが認めた唯一の女性クリ○チーヌ剛田さんと、司会のゲスカッコいい猥談家、オカルト界の怪人住倉カオスさん


デブカワナイト


 ク○スチーヌさんのこのアニメ目メイク、パッと見は可愛いけど実際中の目は笑っていないので、パンダの隈取と同等の視覚効果を持つメイク、だそうです。(そして帽子を取るとでかまる子ちゃんになります。)


デブカワナイト

参考写真:以前鬼怒川の某施設で撮った目がマジすぎるパンダのイラスト

 主催も司会者も出演者も凄いが、審査員の方々も凄い。

 アブドーラザブッチャー似の女性と不倫&蒸発というコンボ技を繰り出した父を持つ、生粋のデブ専サラブレッド、カジカさん。(木嶋佳苗事件が世を騒がせていた当時、数々の週刊誌にコメンテーターとして登場したそうです。)

 ぽっちゃり限定お見合いパーティーを主催されている、ぽちゃドットさん。

 前回(第一回)デブカワナイトのミスファットウーマンコンテストで優勝した、あっちゃんさん(左)。

デブカワナイト
 
 この写真ご覧になって分かると思うんですが、出演者のみなさんも、会場にいらしたぽっちゃりなお客さんも、本当に可愛いんです。肌が綺麗で、目がパッチリしてて。


 カジカさん曰く「乱交前が始まる前のぎこちない雰囲気」の中、デブカワナイトスタートでございます。


続きは追記から



 前回に引き続き、今回のデブカワナイトでもミス・ファットウーマンコンテストが同時に行われていて、会場の参加者には投票用紙が配られた。


デブカワナイト


 各出場者がステージ上でパフォーマンスやフリートークを行い、自身の魅力を審査員と参加者に向けてアピールをするという流れ。

 で、パフォーマンスはともかく、フリートークの方が結構凄まじかったんですよ。なので、パフォーマンス編と、フリートーク編に分けます。


 トップバッターはよくテレビのドラマにも出演されている、マリアユリコさん。


デブカワナイト

 ご本人のブログ
http://ameblo.jp/mariyurythm/
「なんてったってアイドル」の替え歌「なんてったってデブドル」を熱唱しておりました。

 パフォーマンスの最後に小粒のチョコを客席に撒くというサービスもありましたが、カジカさんから「客席のドリンクのカップの中に入ってる」と突っ込みを受けていた。

 フリートークの出場者を挟んで次に登場した八木さんは、ハニートラップという男女コンビで吉本興業に所属していらっしゃる本物の芸人さんだった。

 八木さんは可愛いアニメ声と煩悩の数だけ太った108キロのわがままボディを持つ、デブカワ芸人さん。アニメ声で繰り広げられるデブカワあるあるコントも秀逸だったんですが、コントとパフォーマンス後のインタビュー時に飛び出した

「上から90/60/90。どこのサイズかっていうと、太もも膝ふくらはぎ」
「バスタブに浸かってカステラを食べるセレブ」
「立って歩けるうちは、デブじゃない」

という名言が、素晴らしかった。

 ちなみに相方の梅木さんは、八木さんとコンビを組んで以降、相方の事を理解しようとデブ専AVを観まくった結果、そっちの世界に開眼してしまったそうです。

 今回のイベントにはいろんな御職業の方が出演されていたのですが、中にはSMの女王様も出演されていまして。

 エントリーNO6番のまふゆさんは、現役の女王様でした。

デブカワナイト

 SMショー自体はプラスワンでは珍しくない事だと思うのですが、まさかデブカワナイトでSMショーがあるとは……。

 ショー終了後、「これは何のイベントでしたっけ? ちくび勃起ナイト?」とわけのわからん事を言い始める住倉さんからのインタビューに、M女役の方の縄をほどきながら応じるまふゆさんの姿が、何か大変凛々しかった。

 ぽちゃドットさん「すみません、僕なんだか頭がおかしくなってきました」
 カジカさん「客席のみなさん、ショーを野球観戦のような顔で観てましたね。腕組んで……」

 住倉さん「ところでマン汁って栄養あるんですか?」

 セクハラ十段の腕を炸裂させる引退した土佐犬を、まゆふ女王様の得意技コブラツイストが襲う。(ちなみに住倉さんは、リアル闘病明け。ついでにデブカワとは関係ないんだけれど、住倉さんの異名の中で一番好きなのは「引退した土佐犬」です。「リアルアザラシ」も捨てがたいすけれど。)

 SMショーだけでもなかなかに視覚的な刺激が強かったのに、次に出てきた出場者の方も凄かった。

 まふゆさんの後は、出演者全員のアピールが終わった後に行われるDBK48のパフォーマンス(次回詳細を書きます)にも参加していた、体操服とブルマー姿が色んな意味で眩しいマリコさんが登場。

 登場して自己紹介をするや否や、ステージ上に持参したバッグから、何かこげ茶色の長い物体を取り出した。

 なんだあれはナマコか、と思ったら、ヤマザキのロールちゃん(チョコクリーム)でした。

 更にマリコさん、ロールちゃんを口にあてがい、そのまま一気食い!! 食べているというより、もはや飲んでいる……電動鉛筆削りの動きを観ているようだった。あれ本当に凄かった、もう一回生で観たいですね。

 だってこうですよ、こう。


デブカワナイト


 こないだのNステレポで褌とチンポ計の図解が好評だったので、今回も図解を描いてみた。

 まだまだパフォーマンスを披露した出場者の方はいたんですが、今回っつか今日はここまで。

 VOL2に続く。

 今回のレポは2回更新予定なんですが、あの濃い内容が果たして2回に収まるのか……。

スポンサーサイト

2012-10-31 01:35 : アングライベント : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

こんな時間に読んで爆笑!
続き楽しみにしてやす!
2012-11-01 04:49 : くりすちーね URL : 編集
>くりすちーねさん
くりすちーねさん、今日の解析の検索キーワード、「デブカワナイト」率が半端じゃないです!!!

第三回も楽しみにしております!!!
2012-11-01 22:38 : あさひ URL : 編集
見に行きました☆
来年も応援にいきたいです。

ぽっちゃり最高です♪
2012-11-30 11:58 : ごん URL : 編集
>ごんさん
コメントありがとうございます。

次はバレンタインの時期らしいですね、私も今から第三回が楽しみです!
2012-12-05 02:36 : あさひ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。