FC2ブログ

minority camp

B級スポット探険やアングライベント突入等、適当雑多な野良ブログ

スポンサーサイト

Posted by 朝日 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

性神の館 VOL2

Posted by 朝日 on   2  0

 VOL1の続きです。

 祠の後は、性的民族資料ゾーンへと移る。

性神の館


 栃木の大地が産んだイタズラ。


性神の館


 日本各地の性的な民芸品が飾られたショーケース。


性神の館


 四月に行った金山神社(かなまら祭り)のものも。


性神の館


 動物土偶、可愛い。


性神の館

性神の館


 向かいには、栃木県全域のチンマン神社関連の写真と道祖神マップ。


性神の館

性神の館


 一見多そうに見えるけど、これでも栃木は全国27位なんだってさ。(ちなみに一位は神奈川県。)


性神の館


 各写真のパネルの下部に踊る、直球すぎるネーミング。


性神の館


 各地のチンマン祭りの写真パネルも数多く展示されていたが、どれもただの変態行為実行中の一場面にしか見えなかった。


性神の館


 足利にあるという、パンティ神社。


性神の館

 私達が訪れた日、このパンティ神社ではちょうどお祭りが開催されていたそうです。

 これほどまでにパンティ音頭を思い出したのは、レトロスペース坂会館のパンティゾーン以来だ。しかし最近インド映画マニアの相方(Я)のせいで、パンティを見ると思い出す曲が一つ増えたんですよ……これなんですけど。



 オ~オユ~ティ~パンティ~オ・パンティ!

 インドといえば、こちらはインドのカジュラホヒンズー寺院のミトウナ像のレプリカ。


性神の館


 ちなみにこの像は、館長の手作りだそうで……。大きなお世話ではあるが、造形の才能を何故ここで爆発させたんです、館長。(この他にも、館長手作りの品が一点あります。それはまた後程。)

 続きは追記で。



性神の館


館長「アクロバティックマンマン」


性神の館


 ちなみにヒンズー教では、浮気や乱交は禁止。なのになんで、この様なことになっているかという理由は、こちらの資料を見ると判明する。


性神の館


 そう、この乱交に参加している男どもは、全員兄弟。
 ネパールでは一妻多夫の制度があり、一部の民族の間では、それがまだ残っている。一家の兄弟間で一人の妻を共有するという……アホな少女漫画か携帯小説にありそうな設定みたいな制度が。


性神の館


 この赤い服の女性を、兄弟で共有しているわけです。見てはいけないモノを見た気分になりましたが、館長の「この兄弟不細工ばっかでどうしようもねぇなwwwww 俺が女だったら絶対やだきもちわりぃwwwwww」という言葉が、全ての気持ちを代弁してくれました。


性神の館


 各国のトンデモなエロに関する法律。セックス中は逮捕されないっつーけど、致してる最中ずっと待っていられるのも嫌だろうよ……。

館長「捕まりたくなきゃずっとやってりゃいいけど、疲れるよな」

 アメリカでオーラルセックスが解禁になったのは70年代だととある人から聞いたが、ワイオミング州やルイジアナ州の迷走ぶり見ると、なんか解禁してもしなくても同じだったんじゃ。という気になってくる。

 ちなみに韓国の法律(同じ苗字の異性とは結婚出来ない)は、4年前に廃止になったそうです。韓国人の4人に1人が「金」という名前の為、だってさ。


性神の館

性神の館


 世界各国の民芸品(お土産)も、なかなか……。


性神の館

 タヒチのは、普通に飾っても可愛いような。交尾してなければ。

性神の館


 この笑顔である。


性神の館


 チンコがビヨヨヨ~ンてなるやつだ、コレ。チンコの振れ具合で、震度が分かるタイプのやつだ。

 こういう資料館の見どころの7分の1は、貰っても困るタイプのお土産で成り立っていると思う。


性神の館


 メキシコの男はチンコがサボテン。


性神の館


 そして突如として現れるコテカとチン切りナイフ。


性神の館


 この並びには、タイのパイパン踊り子人形ゾーンがある。


性神の館


 オマンティス丸見え。この、モロ見えの割れ目が卑猥だという事で、現在は発売中止になっているそう。


性神の館


 ぎんちゃんが、なぜか後ろに一体だけいる着衣人形にやたら食いついていた。


性神の館


 「なぜあの人だけ服を着ているの? なぜあの人だけ服を着ているの?」と連呼するぎんちゃんの横から「裸でこんな、腰にひらひらした紐みたいの巻いて、こいつら馬鹿じゃねぇのかっつーのwwww」と館長のコメントが入る中、私は無言で写真を撮っていました。

性神の館


 VOL3へ続く
スポンサーサイト
朝日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

-2 Comments

ぴえ~る says...""
国を挙げて国民を小さい頃からこういった芸術に慣れ親しませないと、日本の少子化は絶望的に止まりませんぜ!!!
2012.10.27 08:45 | URL | #EBUSheBA [edit]
あさひ says...">ぴえ~るさん"
ほんと、子供には明るく楽しい性教育をすべきだと思いますね。保健の清潔な教科書より、こっちの方が絶対に楽しい笑。
2012.10.27 17:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wiltrud.blog91.fc2.com/tb.php/649-af9e035f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。