FC2ブログ

minority camp

B級スポット探険やアングライベント突入等、適当雑多な野良ブログ

スポンサーサイト

Posted by 朝日 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

ピラミッド温泉 VOL3

Posted by 朝日 on   0  0

VOL2の続きです。

ピラミッド温泉

ピラミッド温泉


パワースペースへと続く階段には、チェーンと札が掛かっていた。


ピラミッド温泉

ピラミッド温泉


更に近辺の壁には、オルタナティブな河童カードが、そこかしこに貼られている。


ピラミッド温泉


ぱ、パワーカード……。なんだろう、すっごいハンドメイド感。


ここまで来たらパワースペースがなんなのか、気になって仕方ない。フロントに戻り、館長にパワースペースの見学が可能か聞いてみると

雄次郎館長
「いいよ!」

OK出たので、いざパワースペースへ侵入。

ちなみにパワースペースは一人840円、二人以上からは料金が一人630円。

入館料を払った後、私がトイレに入っている間も、館長の勢いは増すばかりだったらしい。

以下、ぎんちゃんの説明
料金を払ってあさたん(私のあだ名)がトイレ行った後、館長がどこかに電話を掛けだした。館長はうすうすしながら「ちょっと、フロントの番変わって。パワースペースの説明をしなきゃならないんだ」と、電話の向こうの係りに伝え、代わりの人が来るや否や、フロントを飛び出した。

そうしてフロントを後にした館長とともに、パワースペースへいざ侵入。

その際、ぎんちゃんが撮ったイケメン雄次郎館長ショットが、こちら。

ピラミッド温泉


パワースペースへと向かう、緑の背中。


館長
「写真とっていいよ~どんどん撮ってね~」

パワースペースは通路も内部も撮影OKだった。


ピラミッド温泉

ピラミッド温泉


しかしパワースペース手前の壁に掛けられた絵が、正直、怖い。


ピラミッド温泉


あの……館長、この絵、怖いです。※間近で撮れなかった。

「これは私が東南アジアかバンコクか台湾(ごめん、国うろ覚え)で買った絵。国の情勢が良くなくて、少女がほら、物悲しそうな顔してるでしょ? 手も無骨な感じでねぇ……。こんなにも苦しさや悲しみを表現してて、絵の力は凄いよねぇ」

……確かに表現の力は凄いけど……これは怖いよ!


階段を上りきると、そこに広がっていたのは


ピラミッド温泉


……なんて説明すればいいんだろう……。

続きはread more.




入ってまず目を惹くのが、この……これ。


ピラミッド温泉


この物体を、雄次郎館長は「巨大黄金根」と呼んでいるそう。
パワースペース内はかなり余裕のある造りで、学校の文武館程の広さがあった。

そしてパワースペースに足を踏み入れた直後から、十五分近く、館長の説明を受ける。パワースペースに入る若い人が少ないのか(普通は入らないだろう)、雄次郎館長の説明には熱が篭もりまくっていた。

パワースペースの概要は、箇条書きで。

・この金色の物体の正体は樹齢数百年のケヤキの木。掘られた仏像の数は千体。すべてに金箔を貼ってある。
・中央の水晶は150センチあり、日本で二番目に大きい水晶らしい。
・スペースの四方には、青龍・朱雀・白虎・玄武の聖獣に形をした奇木が飾ってある。
・壁の細かいライトは、星座を現している。
・天上の丸いカーブミラーみたいなものは、太陽のエネルギーを集める為のもの。虫眼鏡を太陽に当てて、黒い髪を焦がすのと同じイメージ。そして集まったエネルギーの焦点が、下のケヤキか水晶(うろ覚え)に当たる。
・集まった太陽と宇宙のエネルギー(氣)を、通し柱で、下の階にある温泉に送り込む。そのエネルギーはぶどうの房のようなもので、房に付いた細かい粒が温泉に溶け、身体に氣が入りやすくなって美肌効果がある。
・そして館長はこのパワースペースに数億円突っ込んでいるそうです。

世紀の先を行く、新世代シニア。それが伊藤雄次郎館長。


ピラミッド温泉


ピラミッドなのに仏像。


ピラミッド温泉


エジプトのはずが、中国四獣。


ピラミッド温泉


そしてなぜか白虎(奇木)の背後にはサイババのポスター。

宇宙はカオスって事なんでしょうか、よく分かりました。

どうでもいいけど、昔、なんか自分の教祖名をインドのサイババに付けて貰ったって自称してた人がやってた、ライフスペースとかいうカルト宗教団体いたよなぁ。「ミイラが紅茶を飲む」ってやつ。


ピラミッド温泉


で、肝心の居心地はというと……最高。すっごい落ち着く、本当落ち着く。ここなら不眠症治るんじゃないかってくらい。

部屋の中心にあった巨大黄金根には若干慄きはしたものの、最初に入った瞬間から、相当の居心地のよさを体感出来た。湖畔のホテルに到着した時のような……迎え入れられるような感じ。いや大げさだとは思うけど、あくまで私個人の感想として読んでください。

ただし、個人差は絶対にあるだろうな……こういう雰囲気苦手な方は、入った瞬間から駄目だと思う。

このパワースペースでは、会場内に常備してある金色のマットと、枕と毛布を借りて、横になった状態で瞑想をすることが出来る。

私達が横になった後、館長は「いい具合のところで、フロントに来てくださいね」と言い残し、音楽を掛けて去っていった。

掛かってきた音楽は……ヒーリング音楽? 館長は「これはいい音楽ですよ」と言っていたが、なるほど、確かに……ぼんやり出来る音楽です。


ピラミッド温泉


ピラミッド オブ ザ サン。

ムーンもあるらしい。


このCD、帰って密林を探したら、あったというね。ピラミッドで瞑想夢気分したい方は、買うといいかもしれません。

PYRAMID OF THE SUN[VHS]PYRAMID OF THE SUN[VHS]
(1991/04/21)
宮下富実夫

商品詳細を見る



20分程休憩した後で、パワースペースを退出しようと起き上がる。

そして退出しようとした瞬間、突然フロントに戻ったはずの伊藤館長が現れるという謎のタイミングは、まさしくピラミッドパワーの何かとしか思えん。

迎えに来てくださった館長に「写真に入ってください」と頼んだところ、館長は「私イケメンだから、写真料取るよ」とニコニコしつつ、快くポーズを取って下さいまして


ピラミッド温泉


このような写真が撮れました。伊藤館長、マジイケメン。

そして、これはぎんちゃんから送ってもらった雄次郎ショット。


ピラミッド温泉


ちなみに今の私の携帯の待ちうけ、これです。心なしか充電の減りが遅い。


ピラミッド温泉


このピラミッド元氣温泉、今度は泊まりで行きたいですね。むしろ、これは泊まらなきゃ駄目だろう。

壮大な予知夢とか見そう。

ピラミッド温泉


ピラミッド元氣温泉公式HP
http://www.pyramid-onsen.com/

あ、あと今年の秋辺りに熱海秘法館ツアーをやりたいと思っているのだが……果たしてメンバーが集まるのか不安&私がメンバー募集したら、変態しか集まらない予感。絶対帰りに一人減ってる。

メン募。当方Vo。Vo以外のG、B、Dr、Kb募集。

そして、ピラミッド温泉へ行った数日間……連日、異常な眠気に襲われている。普段ほとんど眠れないのに、今は9時間とか10時間平気で眠り続けてる……。ほとんど夢の国に住んでいるような状態。
三時間に一度くらいは目は覚めるけど、起きれずにまた眠る。

あげく昨日までとんでもない過眠期だったのに、今この記事を書き終えた瞬間から、ピタッと眠気が引いていった……いや本当に。

なにこれ……ピラミッドパワー?
スポンサーサイト
朝日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wiltrud.blog91.fc2.com/tb.php/605-05d7f883
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。