スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

ナマステインディア2011 VOL2

ナマステインディア2011

VOL1の続きです。

ナマステインディア2011

テント内部がスカスカのインフォメーションや

ナマステインディア2011

インド人率の高い本部を眺めつつ、物販散策を続ける。

ナマステインディア2011


DVDコーナー発見。

Я曰く、最近のインド映画は昔のインド映画と違い、男優が顔の濃い人ばかりではないそうだ。
確かに最近のものらしいDVDのパッケージには、ガラムマサラ系の顔よりも、マンゴーラッシー系の顔の男優がよく写っている。

ナマステインディア2011

だがこの注意書きが果てしなくインド!

ナマステインディア2011

あ、チャダハウスだ。

ナマステインディア2011

チャダポスターは貼る場所を選びません、どんな雰囲気にもマッチング、。

ナマステインディア2011


雑貨や日用品を売っているテントも、なかなかの品揃え。

ナマステインディア2011


ナマステインディア2011

ナマステインディア2011

ナマステインディア2011

ナマステインディア2011

ナマステインディア2011

ナマステインディア2011

なぜ、これを代々木公園JAPANで売るか。

ナマステインディア2011

この辺は、日本のインド料理店でも使うかもしれないけれど。

ナマステインディア2011

インドの乗車日記が、どれだけ日本のタクシー業界に浸透するかが勝負の分かれ目でしょうね。

ナマステインディア2011

ナマステインディア2011

この店名、「カッコかわいい宣言!」みたいでイイネ。

ナマステインディア2011

直射日光に晒されるマンゴージュース。(多分明日もこの配置で陳列されるんだろう。)

しかしこんな部分を気にしていたら、インドの土を踏むことは出来ない。

ところでインドという国は、完全に拒否反応が出るか、完全にハマっちゃうかの二択らしい。

私はインドという国を面白いとは思うし、インド美術やランゴリの色彩には惹かれるし、サイケやゴアも好きだ。

しかし高校生の頃にぢるぢる旅行記(インド編)を読んで、きっと私はインドの土を踏むこたぁ出来ないだろうと思った。

ぢるぢる旅行記 (インド編) (Bunkasha comics―Manga Aloha! series)ぢるぢる旅行記 (インド編) (Bunkasha comics―Manga Aloha! series)
(1998/02)
ねこぢる

商品詳細を見る


テントの奥のステージでは、インド舞踊や様々なショーが行われていた。
(本当は25日のカラオケ大会が見たかったが、予定が合わなかった。)

ナマステインディア2011

演目の間には、次の演目の説明をするスタッフが2名出てくるのだが

ナマステインディア2011

インド人スタッフは、終始喋らない。

インド人のスタッフは通訳をするために来たのだと思うのだが、日本人スタッフが色々喋り終えた後に一言だけ英語で何か説明し、そのまま舞台袖へはけていった。

日本人スタッフ、一分以上何か説明してたけど……いいの?

とりあえず一演目見たところで、ナマステインディアから早々に撤退。

ちなみにカレーは食べませんでした、あまりに人が多く並んでいたためです。


で、次回問題のインドのスマート本を取り上げるわけですが……買ったその日は、何度読んでも物語の流れを読解しきれなかった。次の日落ち着いて三回くらい読んで、やっとこ話の筋を理解したという有様です。(それ以前に突っ込みどころが多すぎて、何からどう書いていいやら……。)

己の読解力がない事は認める、しかしそれにしても分からん……まぁ、あの、どちらにせよ次回取り上げるので、是非型通りなストーリー構成からの解脱を体感してください。

記事→インドの薄い本の破壊力が強すぎて、目からカレー吹き出した
スポンサーサイト
2011-09-26 23:02 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。