FC2ブログ

minority camp

B級スポット探険やアングライベント突入等、適当雑多な野良ブログ

スポンサーサイト

Posted by 朝日 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

ほくろが剥がれました

Posted by 朝日 on   0  1

ダンダンダダンダ ダンダンダダンダ

ダンダンダダンダ ダン !!!!

\(^o^)/ウーーーッ!!!!!\(^o^)/

猛獣狩りに行こうよ!
(猛獣狩りに行こうよ!)
猛獣なんて怖くない!
(猛獣なんて怖くない!)

槍だって持ってるし~
(槍だって持ってるし~)
鉄砲だって持ってるもん!
(鉄砲だって持ってるもん!)

あ! あ! あ! あ!

こんばんわ、朝日です。

ついに気が狂ったよこの人は、と思われたらいやだから言うけど、キャンプでやったら死ぬほど盛り上がるんだからな!
猛獣ゲーム!

ブログ名(minority camp)にのっとり、たまにはキャンプっぽい盛り上がり方をしたい!

でもキャンプでもチャンプロードでも何でもいい、もう。

つー事で、レジャーにちょうどいい季節になってきましたね。

BBQ中に調子付いて流れの速い川に飛び込んだり、山菜取りに行って熊に頭をかじられたりするエクストリームスポーツの時期でもありますね。

サークルでキャンプに行こうもんなら、夜のテントの中でブートキャンプみたいなことになったり、おっかねぇな。

大自然の中で、人間はどうも解放的になりがちです。

自然の中では人間は一番無防備で一番最弱なんだよいい加減気づけバーカ! と密林に放り込んでやりたくなります。私はエコロジストじゃないので、心の中でそう思うだけですが。

しかし自然から離れた文明の中の生活にも、危険がたくさん。具沢山でございます。

現世はドライヤー一つあれば、簡単に人殺しが出来る世の中。
ちょっと硬くて出っ張ったものなんかあれば、人間の体なんてすぐに傷つけることが出来るんですよ。

先週の土曜、風呂を掃除していたんです、ええまぁ全裸で。

クリーナー撒いて、くたびれたスポンジで浴槽を磨いて、普通の手順です。

ラフな感じにいいとこまでこすり終えて、いざシャワーを手に取ろうとして立ちあがった瞬間。

背中にソニックブームが走ったんです。

ちょうど背中の位置に、蛇口があったんですね。

思いっきり立とうとした分衝撃がもうね、血が。

血?

いや蛇口に背中はぶつけた、でも血はないだろう、血は……と思った瞬間、ふと自分の身体図が頭に浮かんで真っ青。

確か蛇口にぶつけた場所には、大きいほくろがあったのです。
俗に言う、生きぼくろが。

生きぼくろって、盛り上がってて、毛とか生える成長型のほくろの事です。
足の裏に出来るとまずいとかいうやつ。

ちょっと首を捻って、自分の腰を確認する。

腰の辺りに、クレーターのような丸い穴が出来ている。

穴からとめどなく溢れる血。

そしてクレーターが出現した位置にさっきまであった、小指の先位の大きさの、茶色い肉の出っ張りがない。

どうやら生きぼくろが、剥がれたようだ。


生きぼくろ


いや、ていうか……ほくろって剥がれるのかよ!

そこで再び血の気が引く。

素人なので詳しくは分からんが、よく言うじゃん。

生きぼくろ弄ると癌になるとか、無理やり剥がすと生きぼくろの場所に人面瘡が出来るとか。

人面瘡なら孤独な夜に話し相手が出来るのでいいですけれど、まぁ癌も今日明日なるものじゃなかろうし構いませんけれど、ただ服に血が付くのはイヤ! なんです。

わたくし急いで服を着て、パンツと肌の間にティッシュを挟んで、病院へ駆け込んだ次第です。しかし打撲の衝撃のせいで、痛くてちゃんと歩けなくなっていた。

鶏みたいな歩き方で病院に入っていったら、受付の向こうでたむろしていたナースのお姉ちゃん達から物凄いモノを見るような目で見られた。

診察時間終了間際だったんですね、すみません。

でも診察室へどうぞの時、でっかい声で名前呼ぶのやめろ、恥ずかしい。

怪我の診察中、気になったことを医者に尋ねてみる。

「これあの、再生するんですか」

「ほくろだかイボだか分からないけど、組織の一部が残ってたら再生するんじゃないの」

「え? これイボなんですか?」

「現物がないから、分からんよ」

まぁそうですけれど。(気が付いたら剥がれた部分どっかいっちゃってたし。)


とりあえず、つい二日前までこんな状態。


生きぼくろ


どうしたもんですかね、この近年まれに見る見苦しさ。
腰っつっても、ほんと尻の割れ目の真上なんだ……。

そして昨日消毒に行ったら


生きぼくろ


絆創膏になりました。ついにガーゼも張ってもらえなくなりましたよ、つか絆創膏でいいのかよ……。

挙句の果てには、医者に「うーん……いまいちだなぁ」って言われたよ。

それ、傷の治りがって事? ねぇお医者さん。

肌がフィルム負けして荒れてるし。

さっきチラッと絆創膏剥がして見てみたら、傷口の淵の部分にはほくろの色が残っている状態で、全体部分からは未だに出血が続いている様子だった。完治はまだのようです。

だが、私は今度から美容整形で良性のほくろを取ったって奴が目の前に現れたら、多分鼻で笑うついでに爆笑する。

「何? 何? 君、お金出してほくろ取ったの!? おっつぅうううううwwwwww」

賢いニートのお金を掛けずに美容整形!
VOL1~自宅の風呂場で簡単ほくろ除去~

DVD出してぇ、このタイトルで。

スポンサーサイト

朝日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。