スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

ストリップ→阿波踊り→ベリーダンス

ツイッターでもちょろっと呟いたのだが、ちょっとした不幸が重なり、長年飼っていた猫が亡くなってしまった。

その過程がまさに負のピタゴラスイッチ(byトンチキさん)のようでね。

しかし来るべき日が突然来たとは言え、クヨクヨ考え込んでも仕方ない。

私は予定通り家を出た、そして新宿へと向かう。

N-stageの公演を見るために。
高円寺の阿波踊り会場へ行くために。

※以下は少々アダルトな要素を含む為、追記にしまいます。



まずN-stageってなんですかって事ですね。
N-stageとは、日本で数少ない男性ストリップ集団です。

N-stage


詳しい事は公式ブログがあるので、そちらを御覧になってください。
(※18禁&ホモセクシャル要素有っつかホモセクシャル要素のみ)
N-stage公式HP
http://blog.livedoor.jp/n_stage/

ストリップっつーても、淫らである前に、美しいものですよね。
人の身体が舞う有様というのは。

「オメェ尻しか見ねぇだろ!」と言われそうだが。

いやぁーしっかりした尻っつか、ちょっと大きめの方が男女共にセクシーだよね!
まぁ細身でペラッとした尻も、ちっちゃい尻も好きですけどね。

それにストリップは何がいいかって、筋肉の動きを見られるからいい。

もう腕から足から背中から、アリーナ席でガッツリ観た。
(運良く舞台のまん前に通してもらえたので、いろんなものがバッチリ見えてハッピーでした。)

ショーもバラエティ豊かで、いろんな肉体……いや演出が見られて楽しかったです。

ただしモロ出しはほとんどなく、どのダンサーも終始局部を手や道具で隠していた。
N-stageが黎明期に公演を行っていた会場ではモロ出しNGという決まりがあった為、局部を隠すスタイルはそれの名残らしい。(この辺メモが取りきれず耳で聞いた記憶なので、多少の間違いがあるかもしれません。他のイベントで見たショーではブラブラしっぱなしの人もいれば、最後まで隠す人もいた。)

トロンボーン演奏からのストリップに始まり、まさかの向月総裁オンステージがあり。

痴漢電車からの自吊りは凄かった。あそこまで腰に縄食い込んじゃうと、もうコルセット萌えに近い感覚すら覚えるわ。

それと、私はこの日初めて野球のユニフォームの構造を知った。いや野球のユニフォームを脱いでいくパフォーマンスをしていた方がいたので。

スポーツユニフォームや学生服もいいけど、カフェ店員ストリップとかも見てみたい。
なっがいエプロンや清潔げなシャツが脱ぎ散らかされていく様を、この目に焼き付けたい。

(このブログ、いい加減アダルトジャンル行った方がいい気がしてきましたが、まだまだ全年齢対象で粘ります。だって記事の大半は18禁じゃないから!)

ショーには新人のダンサーからベテランのダンサーまで出演していたけど、どの方も本業ではないらしい。

本業ではないとは言うものの、個人的にはディー太さんと中山幸一さんのステージがとにかく凄くよかった。
ダンスに順位はないけど、やっぱり長年踊りこんでいる人は、ものすごく楽しそうに踊るね。この二人のショーはまた観たい。けどニューヨークは……遠いでおい。

あと最後の方の

司会のザビエルさん
「ちんこ洩れてるけど」
中山幸一さん
「おっ、そうか」

のやり取りがツボだった。

演目最後の夜神蓮さんのSMショーは、華麗でした。人間シャンデリアとかあったらいいのになぁ~みたいな事考えつつ、縄技と攻め技に見とれた。二刀流鞭って、かっけぇな。

N-stage後、高円寺へ移動したら


高円寺阿波踊り


阿波踊り、終わってた。

とりあえずeveさんが飲んでいるという美容室の前に移動し、TATTOOコンベンションの話やら宗教撃退法やら海外旅行テクニックやら、タメになるんだか何だかさっぱり分からん話を色々聞いてその日は終了。


高円寺阿波踊り


その場にいた女王様達から過去の仕事の話を聞かせてもらったが、いやぁ、高齢になってもSMをたしなむ方の性癖は、何か色々根深いものがあるね。

阿波踊りは逃したものの、ストリップも高円寺も楽しかった。

次の日はフルチンさん爛々さんデリさんが出演するベリーダンスを観に、大井町に行く。

ベリーダンスを観たのは始めてだったけれど、結構ハードな腰の使い方する踊りなんですね。

衣装もステージの雰囲気もエキゾチックでよかった、撮影禁止なのが悔やまれます。

つか……フルチンさん達をめちゃくちゃ撮りたかった。

ツイッターに載ってた写真だけ見ても、十分その面白さが伝わると思います。→http://photozou.jp/photo/show/940090/96026281


そしてベリーダンスを見終わった後、池袋べムスターでやってるポスターカード展を見に行ってから、ホテルに帰ったんだけど


アジアンドラッグ


N-stageで貰った粗品入りフライヤーの袋を、おもっくそベッドの上に放り投げておいたまま出掛けちゃってたんだよね。

すっげぇ綺麗にメイキングされてんの、ベッド。

その上に、心なしかちゃんと角度をそろえた感じで置いてあんの。粗品入りの袋が。

しかもアブノーマルワード炸裂のフライヤーがドまん前。スカトロ大会とか女体が悶えるとか、普通に書いてあるしさ。

たとえ清掃のおばちゃんがフライヤーの用語を理解していなくても、ローションとコンドームって時点で明らかにアダルトな方向のチラシだって分かるよねコレ。やだなぁ、もし次泊まった時また同じ部屋振り当てられたらどうしよう。

清掃の時「また来たわ、コンドームの人! ティッシュの箱、一つ余分に置いといてあげようかしら!」みたいな御厚意を頂戴してしまうかもしれない。

その際にはモテ期だと判断し、自分の羞恥心を誤魔化す方向に考えを持っていくことにする。

スポンサーサイト

2011-08-31 22:57 : 事件 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。