スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

レトロスペース坂会館 VOL3

VOL2の続きです。

ランジェリーゾーンを堪能後、再びこけしゾーンへ。

奥へ進むと、もう一つの部屋を発見した。

ブレイクコスモの陳列センスは、ここでも遺憾なく発揮されている。

レトロスペース坂会館


まず目に飛び込んでくるのは、壁一面を埋め尽くすヌードポスター。


レトロスペース坂会館


ポスター壁の前にあるショーケースには、黎明期のエロ本や象牙の工芸品などが飾られている。


レトロスペース坂会館

レトロスペース坂会館


「友情」の二文字が彫られた象牙の置物が、大変不気味でよろしい。
もしこれお土産に貰ったら、片っ端から友達の尻の谷間を刺して回る(そして友達をなくす)。


レトロスペース坂会館


やだ……ちょっとこれ見せて欲しい。


レトロスペース坂会館


香水の小瓶と大日本帝国関連の古雑誌を同じスペースに置く怒涛の陳列センス(この場合は珍列と書く方がしっくり来そうだが)。

60年代フレンチと戦後に引きずった日の丸主義のコラボレーション。決して混じる事のなかったであろう文化が北の大地でかち合う奇跡は、留まる所を知りません。


レトロスペース坂会館

レトロスペース坂会館


大正昭和の置き土産からの


レトロスペース坂会館


エロマッチコレクション。


レトロスペース坂会館

レトロスペース坂会館


私が奇譚裏窓&O嬢ゾーンを眺めている最中、父一人と子一人の親子連れがやってきた。

入室早々、小学生の男子が壁一面のエロポスターをみて騒ぐ。

「わぁお父さん、裸!」

「こっちを見てごらん、昔のコロコロコミックがあるよ」

親子連れが場所を移動した後、父親が昔のコロコロコミックがある、と言っていた場所を見に行くと、冒険王があった。

しかし冒険王のスペースの隣に


レトロスペース坂会館


SMキング。

なんてこった……陳列が真横だよ!

しかもSM系雑誌取り扱い豊富!


レトロスペース坂会館

レトロスペース坂会館


お父さん、素直にヌードポスター見せといた方が良かったんじゃないの……異常性癖の開眼が早いと、後が大変だよ。


レトロスペース坂会館


ん?


レトロスペース坂会館


ああ、こういう……。

そんな素っ頓狂なスペースの一角で、一枚のメモが静かな輝きを放っている。

レトロスペース坂会館

珍スポってこういう生活感が駄々漏れな所がいいよ、最高だよ!

続きは追記にしまいます。
PCからの方はreadmoreから、携帯から御覧の方はそのまま下スクロールでお願いします。




レトロスペース坂会館

りべらる。

表紙の女性達、カッチカチになって亀裂とか入ってる石鹸の匂いがしそうだな。

レトロスペース坂会館

レトロスペース坂会館

少女漫画ゾーンの真後ろには、消防団のユニフォーム。
太陽の塔フィギュアでバランス取ってる感が否めませんが、もうここまで来たら陳列については何も突っ込みません。

再びカウンターのあるスペースに戻ると、アングラ系のCDやチラシがたくさん展示されているのを発見。

レトロスペース坂会館

レトロスペース坂会館


DVD全部欲しかったんだけれど、とりあえず今回は秘法館のDVDを購入。
(帰宅後鑑賞したが、凄かった。誰か群馬県の珍宝館一緒に行こうぜマジで。)

カウンターで料金を払った後、従業員の方がくじを引かせてくれた。


レトロスペース坂会館


七等が出たので、グリコのおまけを貰おうとしたんだが……なぜかどれも空箱。

代わりに、来々キョンシーズの札みたいな怪しい文字が書かれたバッヂを貰った。


レトロスペース坂会館


この後ビスケットも購入し、豪雨の中レトロスペース館を後にした。

次回は館長さんに会える事を期待しつつ、緊縛リカチャンコレクションが増えている事も期待しつつ。

レトロスペース坂会館


※館長がこのレトロスペースを始めた切っ掛けは、このサイトのこのページを読むと大変よく分かります。
http://www4.ocn.ne.jp/~otarubun/bungakukan/kikakuten/hakutaki.html

レトロスペース坂会館

ちなみにビスケットは、懐かしい味がして美味しかった。

大まかに言えば、たべっこ動物をふんわりさせて、サイズをでかくした感じ。


あ、そしてですね、あともう一つ書かなければいけない事があるんですよ!

去年の北海道旅行で訪れた白鳥湖遊園地なんですが……今年も行って見ようと、訪れてみたら

白鳥湖遊園地


跡形もなく、消滅しておりました。


白鳥湖遊園地


唖然。


白鳥湖遊園地


アレは夢だったんだろうかと思う程に、何もない。


白鳥湖遊園地

白鳥湖遊園地


でも積み上げられた瓦礫の中に、ゴーカートのものと思われるタイヤが見えたりするんだよな……。

白鳥湖遊園地があった場所の奥のヨット乗り場はまだ残っている様子だったので、そっちの方へ行ってみる。

するとヨット倉庫の中に一人の男性の姿を発見したので、白鳥湖遊園地の詳細を教えてもらう。

なんでも今年に入って土地の管理者が変わり、白鳥湖遊園地は撤退を余儀なくされたようだ。そして今年の四月には、もう完全に取り壊しが済んでいたそう。

白鳥湖遊園地

去年撮った写真をご夫妻に差し上げようとして持ってきたが、渡せず仕舞いになってしまった。

日本一怪しい美術館といい喫茶五重塔といい白鳥湖遊園地といい、なんか今年はアレだな。珍スポの終焉を目の当たりにしてしまう事が多いな。(喫茶五重塔はまだ全然あるけど。)ういうの見ると、もっと早めに色々巡るべきだったと思う。私は真面目に(?)珍スポ巡りを始めて、まだ約一年半しか経ってないビギナーだからさ。

スポンサーサイト

2011-08-29 23:05 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。