FC2ブログ

minority camp

B級スポット探険やアングライベント突入等、適当雑多な野良ブログ

ノースサファリサッポロ VOL2

Posted by 朝日 on   0  0

ノースサファリサッポロ

園内の軽食コーナーを歩き回るアヒルやヒヨコを眺めながら先へ進むと

ノースサファリサッポロ

ポニー発見!!!

ノースサファリサッポロ

鬣を梳きたい! 蹄の裏を掃除したい!
人参やるからサイドの鬣に顔を埋めさせてくれお願いします!

レディガガポニーに萌えぶっ殺されそうになりつつ、VOL1の続きです。

このままだとポニーコーナーから離れられなくなるので、近くのアザラシコーナーに移動。

ノースサファリサッポロ

あ、いた……。

ノースサファリサッポロ

すげぇ、全然やる気ねぇよ……。

坊主のように瞑想しているアザラシの気を惹こうと、餌を購入。

ノースサファリサッポロ


リアルな餌だなオイ!


ノースサファリサッポロ

ノースサファリサッポロ

きたきた。

ノースサファリサッポロ


しかし、餌を放り込んでも、しょうがなく口に咥えるだけで、すぐには食べない。
多分、餌の貰い過ぎで腹一杯なんだろう。

ノースサファリサッポロ


恐竜の子供……だと……!
哺乳類もいいけど爬虫類も好きだ、へヴン!!


ノースサファリサッポロ


だがコーナーに入った瞬間、なぜか各折の中に転がっている恐竜の模型に即脱力!!


ノースサファリサッポロ

ノースサファリサッポロ

子犬の小屋にぬいぐるみを入れてやるのと同じ感覚の配慮なんだろうか……そもそも、爬虫類に寂しいという感情はあるのか?

ノースサファリサッポロ

爬虫類に詳しくないから何とも言えないが、ほ乳類よりクールでシビアな性質の生き物というイメージがある為……。

記事が長くなるので、以下は追記にしまいます。

携帯から御覧の方は、そのまま下スクロールでどうぞ。



ノースサファリサッポロ


爬虫類コーナーの先には、偶蹄目天国が広がっている。


ノースサファリサッポロ


ひしめき合う毛皮が! 翼よ、あれがウシ亜目の灯だ!!!!


ノースサファリサッポロ


ただ中が大変混み合っている為、入り口にはこんな注意書きが。


ノースサファリサッポロ


信念と覚悟より強いもの、それはケモ欲だ。

100円(餌代)でニルヴァーナ体験が出来るなんて、素晴らしいじゃないか!


ノースサファリサッポロ


じっくり可愛がってやる!
泣いたり笑ったり出来なくしてやる!!!


ノースサファリサッポロ


ノースサファリサッポロ


おほほほほ!
なんて温かい手触り、満たされてゆくーーーー!

ハートマンとケフカのコンボで、ヤギから豚から揉みまくる。

ノースサファリサッポロ

トナカイまでいるじゃないか、もうどうしたらいいんだ!?
※ケモ欲がMAXハートをぶち抜いた結果の、素直な発狂。

ノースサファリサッポロ

トナカイは機嫌が良くないらしく、終始地面をドムドムしていた。

ノースサファリサッポロ

ムカデ人間状態のヤギを追い回し、不機嫌なトナカイを追い回す子供達を眺める。

ノースサファリサッポロ

接客業って大変だなぁ。人間も動物も。

ノースサファリサッポロ

折の外では、幽霊のコスプレした飼育員が柵から脱走した豚を追い掛け回していた。

ノースサファリサッポロ

子兎も揉み揉み。

ノースサファリサッポロ

熱帯動物コーナーには、小さいサイズの猿数匹とオウム(あと隅っこのほうにウーパールーパー)がいる。

ノースサファリサッポロ

その中に一匹、活発で人懐こいコモンマーモセットがいた。

ノースサファリサッポロ

ノースサファリサッポロ


男性客の帽子に乗っていたと思ったら、その後なぜか私の体をジャングルジムのように這い回った挙句、バッグにまで進入してくる。


ノースサファリサッポロ


ノースサファリサッポロ


近くでニヤニヤしているカップルに、助けの手を求めてみた。


ノースサファリサッポロ


「すみませんが、とってくださいますか。いえ写真でなくて、猿を」

こんな気味の悪い人間を撮らずに恋人の写真を撮れ、そして猿も取ってくれ頼む。


ノースサファリサッポロ

ノースサファリサッポロ


VOL3へ続く。
スポンサーサイト
朝日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wiltrud.blog91.fc2.com/tb.php/553-0b82f57c
該当の記事は見つかりませんでした。