FC2ブログ

minority camp

B級スポット探険やアングライベント突入等、適当雑多な野良ブログ

関ケ原ウォーランド VOL2

Posted by 朝日 on   0  0

VOL1の続きです。

施設の奥へ進むごとに、ランド内のただならぬ様子が浮き彫りになって参ります。

関が原ウォーランド

「やーめーろーよぉーそーのー剣ーおーろーせーよぉー」

関が原ウォーランド

甲冑EXILE。

関が原ウォーランド

奥に行けば行く程、衣裳がネイチャー。EARTH and ECOLOGY。

関が原ウォーランド

ノリノリ武将。

関が原ウォーランド

草刈するスタッフ(生身)。

関が原ウォーランド


しかし躍動感あふれる像やユーモラスな像に混じり、たまにちょっとショッキングな像もあるから、油断がならない。


関が原ウォーランド

木陰から生首ボンジュール。


この人駅ビルから出てきたみたいなテンションだけど、持っているのはドーナツやバームクーヘンじゃなくて、NAMAKUBI。

まぁ今、生って流行ってますからね。生クッキーとか生カステラとか。生首も、もしかしたら女子受けするかもしれません。

髪の毛縛って腕に引っ掛ければ、持ち運びも可能。そしてイケメンや有名武将の生首には、プレミアが付く。

勝負の日に腕に三つくらいぶら下げて行けば、合コンクイーン間違いなし!

ファッションのアクセントに、女子会の手土産に、生首。

関が原ウォーランド

生首ネタ掘り下げてるのは、この首実検場に立ち入ることが出来なかったからです。(ちょっとなんか、怖かった。)

関が原ウォーランド

しかしこの先には徳川家康の陣と、メチャクチャ面白い車があったらしい。行っておけばよかった。

そして突如として現れる、十九女池(つづらいけ)の大蛇の模型。

関が原ウォーランド

お触書のとおり、関が原の合戦との関係は一切ない。合戦地と十九女池の場所が、ただ同じ不破郡関ヶ原町なだけ。

関が原ウォーランド

全てが丸見え状態の大蛇(つーより龍だよねコレ)の周りを、アメンボが泳いでいるというこの状態。
干ばつやん。

ちなみにこの日は曇りだったが、園内には絶え間なくお客さんが訪れていた。

園内にいるお客さんの楽しみ方も、それぞれです。

写真撮ってるカップルがいたり、甲冑資料館から30分くらい出てこない老人団体がいたり。

生首を見てはしゃぐ息子にドン引き状態の母親がいたり。

武士の像を怖がって帰りたがる幼い娘を「ホラみんな楽しそうやん。大勢でちゃんばらごっこして、ホラ愉快にやっとるやん」と無茶苦茶なあやし方でなだめる父親(多分父親の趣味で来園している)がいたり。

【楽しそうな園内の様子】

関が原ウォーランド

関が原ウォーランド

関が原ウォーランド

関が原ウォーランド

勇ましきもののふ達に囲まれた休憩所。

関が原ウォーランド

心が休まります。

歴女達はここに座って、戦国談義をするんだろうね。
今更だが、私もちゃんと歴史を勉強しておけばよかった。

関が原ウォーランド

関が原ウォーランド

関が原ウォーランド

関が原ウォーランド

各武将達の詳細や時代背景も全て網羅する位詳しかったら、この施設をもっと楽しめただろうし、歴史的な見解を挟みながら、今回のレポを書く事が出来ただろう。

でもいくら歴史に疎い私でも、ここだけは突っ込まなければ気が済まない。

関が原ウォーランド

関ヶ原には武田信玄いなかっただろ!?
あ、だから亡霊か……。

!マークが斜めになっちゃう位勢いをつけて書かれた、渾身のメッセージ……しかと受け止めた!

受け止めはしたが、ごめん笑った!

この武田信玄の像の辺りで「we are the world」とか流して欲しいですね。


ノーモア関ヶ原合戦じゃ!の言葉を胸に刻みつつ、VOL3に続く。

関が原ウォーランド

ところでなんでこういう歴史のあるスポットって、必ずといっていい程フジカラーのベンチがあるの?

スポンサーサイト

朝日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wiltrud.blog91.fc2.com/tb.php/534-1a4e687f
該当の記事は見つかりませんでした。