スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

焼き芋の向こう側

朝起きたら、布団の中の毛布だけがぐちゃぐちゃになっている、アンガールズでーす。

どうも、朝日です。

最近、町に焼き芋カーが現れだした。

焼き芋カーって、トロい蝿のような速度で走る車ってイメージだろ?

だが、なんか知らないんだが、私の家の前を石焼き芋カーが通る時、いっつも規定速度(大体60キロ前後)で走ってくるんだよ。

狭い裏道の向こう側から、焼き芋カーにあるまじきスピードのままやってきて、そのまま走り去っていく。

いやマジ速いんだって!!石焼き芋って書いてある旗が、すっげーなびいてるの。あれ、絶対焼き芋売る気ないと思う。


つか、芋を積んでないのか?

でも、放送はしてるんだよ。

「い~しや~きぃも~」ってあのメロディーが、スピードの中に消えていくんだ。

あれ、もしかして焼き芋カーじゃないのかな。でも窯っぽいの積んでるし、どう見ても焼き芋カーなんだよな。

走ってくる焼き芋カーを止めてみたいんだけど、めっちゃ走り去ってくから、気付いたら行ってしまっているんだよ。

あれか、あの焼き芋カーは、チャンスの神様みたいなものなのかもしれない。

『チャンスの神様』っていう話が、世の中にあってな。

有名な話だから知ってる方も多いだろうが、一応書いておく。

チャンスの神様は、一体どういう話かっていうと

その神様を見たら、とにかく神様の髪の毛をガッ!!と掴む。そうすると、ラッキーチャンスに恵まれるらしい。

だが、チャンスの神様はいつだって突然やってくるから、待っている事が出来ない。

しかも、チャンスの神様はものすごいスピードで駆けてくるから、あっという間に逃げられてしまう。

あげく、チャンスの神様はものすごいハゲていて、後頭部の部分にしか髪がないから、神様が自分の横を走り過ぎる瞬間に、髪を掴まなければならない。

ついでに、神様の頭はとんでもなく油ぎっているから、一発で髪を狙っていかないと、頭の油で手が滑って、神様の髪を掴み損ねてしまう。


まぁ、こう言った全く感動要素がない、シュールな寓話なんすけど。

つー事で、今冬、走ってくる焼き芋カーの気配を察知し、焼き芋カーを止めて、焼き芋を買う事が出来たら、なんかいい事があるかもしんねぇ!!

これはちょっとやってみるしかねぇ!!!!

チャレンジ人生いちねんせい!!!!!!





その前に、自分のいも嫌いを治さなきゃなんねぇ事に気が付いた。
スポンサーサイト

tag : 雑記 考え事 日記

2009-11-08 00:05 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。