FC2ブログ

minority camp

B級スポット探険やアングライベント突入等、適当雑多な野良ブログ

2011沖縄=伊平屋編VOL1=

Posted by 朝日 on   0  0

伊平屋島

今回の旅行は沖縄最北端の島である、伊平屋島が一番の目的だったんです。

伊平屋はやばかったです、ところどころに色々仕掛けられてて。

まず島へ渡るため、フェリー乗り場へと向かったんですが

伊平屋島

伊平屋島

伊平屋島

伊平屋島

伊平屋島

フェリーに乗る前から、心がざわめいて仕方がない。
この地でさとうきび畑の歌(ざわわ~ざわわ~)が生まれた理由も納得。

伊平屋島

変なものに気を取られている間に、フェリーが到着。

伊平屋島

船のマークが地元の町章マークに似ているのは、メイビー気のせい。

伊平屋島

フェリーの中はフリーダム。座敷スペースでは雑魚寝が出来ますが、そこに混じる勇気はありませんでした。

なんてったって家族連れとご老人が多いです、間違ってもオナニーとか海上プレイとか出来る空気じゃありません。

海上を進むこと、約1時間半程。

伊平屋島

島が見えてきたのはいいが

伊平屋島

やばいぞ!溢れんばかりに歓迎される予感!


伊平屋島

底の見えない虚無感には耐えられるけれど、天井知らずの愉快なテンションには耐えられない!

伊平屋島

こっちもバルコニーから全裸で手を振ってしまいたいくらいのテンションだ!

もういっそ海上保安庁のお世話になるのも悪くはない!!!

伊平屋島

あまりの歓迎スタンバイぶりに、フェリーが港に着く前からニヤニヤしてしまう。

しかもなんか毛の山が見えるんだが、気のせいか?

伊平屋島

伊平屋島

船を迎える歓迎のエイサー、にじり寄る獅子舞に「ぎゃぁぁぁぁー!!!!!」と泣き叫ぶ子供。小雨の降る中、沖縄最北端の歓迎セレモニーはカオスを極めます。(動画がうまく撮れていなかったのが悔やまれます。)

伊平屋島

伊平屋島

白い方は大人しいけど、赤い方の獅子舞は子供を脅すのが好きらしく、子供が来るのを待ち構えている。

追いかける獅子舞から逃げ惑ったあげくに、転ぶ子まで出る始末。

伊平屋島

到着直後から、凄まじいものを見てしまった。

ちなみに歓迎エイサー終了後、獅子舞は階段を上って退場します。

伊平屋島

伊平屋島

アルパカに見えるのは、きっと気のせい。

VOL2に続く。

スポンサーサイト

朝日

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wiltrud.blog91.fc2.com/tb.php/476-add75acf
該当の記事は見つかりませんでした。