スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

2011沖縄=伊平屋編VOL1=

伊平屋島

今回の旅行は沖縄最北端の島である、伊平屋島が一番の目的だったんです。

伊平屋はやばかったです、ところどころに色々仕掛けられてて。

まず島へ渡るため、フェリー乗り場へと向かったんですが

伊平屋島

伊平屋島

伊平屋島

伊平屋島

伊平屋島

フェリーに乗る前から、心がざわめいて仕方がない。
この地でさとうきび畑の歌(ざわわ~ざわわ~)が生まれた理由も納得。

伊平屋島

変なものに気を取られている間に、フェリーが到着。

伊平屋島

船のマークが地元の町章マークに似ているのは、メイビー気のせい。

伊平屋島

フェリーの中はフリーダム。座敷スペースでは雑魚寝が出来ますが、そこに混じる勇気はありませんでした。

なんてったって家族連れとご老人が多いです、間違ってもオナニーとか海上プレイとか出来る空気じゃありません。

海上を進むこと、約1時間半程。

伊平屋島

島が見えてきたのはいいが

伊平屋島

やばいぞ!溢れんばかりに歓迎される予感!


伊平屋島

底の見えない虚無感には耐えられるけれど、天井知らずの愉快なテンションには耐えられない!

伊平屋島

こっちもバルコニーから全裸で手を振ってしまいたいくらいのテンションだ!

もういっそ海上保安庁のお世話になるのも悪くはない!!!

伊平屋島

あまりの歓迎スタンバイぶりに、フェリーが港に着く前からニヤニヤしてしまう。

しかもなんか毛の山が見えるんだが、気のせいか?

伊平屋島

伊平屋島

船を迎える歓迎のエイサー、にじり寄る獅子舞に「ぎゃぁぁぁぁー!!!!!」と泣き叫ぶ子供。小雨の降る中、沖縄最北端の歓迎セレモニーはカオスを極めます。(動画がうまく撮れていなかったのが悔やまれます。)

伊平屋島

伊平屋島

白い方は大人しいけど、赤い方の獅子舞は子供を脅すのが好きらしく、子供が来るのを待ち構えている。

追いかける獅子舞から逃げ惑ったあげくに、転ぶ子まで出る始末。

伊平屋島

到着直後から、凄まじいものを見てしまった。

ちなみに歓迎エイサー終了後、獅子舞は階段を上って退場します。

伊平屋島

伊平屋島

アルパカに見えるのは、きっと気のせい。

VOL2に続く。
スポンサーサイト

tag : 沖縄 B級スポット

2011-05-08 13:43 : 普通の旅日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。