スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

午前中の警備報告

昨日変な訪問販売が家に来た際、妙なチラシと謎の巾着袋(けっこうでかい)を持ったおっちゃんに「奥様ですか?」と聞かれて、思わず「自宅警備員です」と答えてしまったダメ人間です。

こんばんわ。


※自宅警備員とは?

自宅で勤務し、24時間体制で家庭内の警備をする警備員のこと。主に夜勤が多い。
定期的にコンビニと家の間のパトロールを行ったり、インターネットの検閲なども行う。
自室のみを警備する自室警備員もいる。


おっさん「奥様でいらっしゃいますか?」

私「違います。自宅警備員です」

おっさん「はぁ?警備…」

私「そろそろ部下に食事を与える時間なので、失礼します」


※部下 現在16名

勤務中、勝手に窓を開けて表へ遊びに行ってしまう
あげく、わざわざ家でウンコをするために帰ってくる
新人の警備員が、先輩の警備員を威嚇する
ほとんどの部下が、抜け毛という問題を抱えている

等、問題のある部下が多い。


そのおっちゃんが去る際、変なチラシを手渡されたので、不審な文書ではないかどうかをチェックする。

溢れる黒人の子供達の笑顔の写真、神の植物(最初にマが付く、あの草)の写真、そしてアボリジニなイラストの合間を縫って綴られた文書が記されている。


「ケニアの子供達が原材料の麻からつくったコースターや、手芸品」
「製品を買うと、そのお金でケニアの子供達に教科書が与えられます」
「国際NPOなんちゃら」


おい、どこにもコースターや手芸品の写真がねーぞ…。



プロの自宅警備員は、この様な手口にだまされはしない。

(小学生の頃、リアルな黒人と連れ立って訪問販売に来た日本人のババァの来襲販売をくらった時の破壊力が忘れられないせいもある)

その後、チェックが済んだチラシを、ひとまず机の上に置いた瞬間、幼年の部下がすかさずチラシの上に見事なスライディングをかます。

ケニアドリームが一瞬にしてグシャグシャに。

「あたちもチェックする!!!あたち出来る子だから!!!」とばかりに、気合を入れて再チェックに望む部下(生後3ヶ月)。

将来が楽しみだ。


その様子があまりにアレだったので、現場の写真を収めようと携帯を取りに行ったのだが 、携帯を取り1階に戻ると、既に証拠のチラシが消えていた。


窃盗か!!?


事件の予感が胸をよぎった瞬間、後ろから警備監(母)が登場。


「警備監、ここにあったチラシをご存じないでしょうか」

「部下が散らかしてたから、捨てた」


警備監の御判断なら、間違いない。


いやー今日もよく働いた。

自宅警備員も楽じゃないぜ。


つーか猫って、なんで紙にダイブすんだろな。



追伸

「部下16人、という数字に疑問を持った方へ」

うち、猫を16匹飼ってます。
スポンサーサイト

tag : 雑記

2007-01-14 23:12 : 事件 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。