スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

再会@プロパガンダ

先週土曜のプロパガンダで、3年位会っていなかった友達と偶然再会した。

テンションめちゃくちゃアガったわー。ていうか街中で遭遇するならまだしも、よりにもよってプロパでってw

人間、どこで再会するかわかんないもんだね。

再会した友人としばし盛り上がった後

プロパガンダ

華麗に舞う着物の方や

プロパガンダ
プロパガンダ

竹箒を手にかっ飛ばするいちゃんを眺めつつ、会場内をフラフラした。

プロパガンダ
プロパガンダ

ところで以前、ゲイのお姐さんから

「ニューハーフは心が女で
ゲイは心が男なのよ」


という感慨深い言葉を聞いた事がある。(別宅雑記に書いた事があるので、これ読んだ事ある方もいらっしゃると思うが。)

それを聞いた当時、私は十代後半という年齢だった事もあり、その言葉の意味を理解仕切れなかった。
だが歳を重ね、更にプロパに通いだして数人の女装子達と会話するうちに、段々とその意味の奥が分かってきた気がする。

「普段は完全に男。女装は気が向いた時にする。それにバイだから、どっちとでも付き合える」
「女装は好きだけど、ゲイじゃないの。可愛い服と、可愛い女の子が好き」
「女の子に生まれたかった」

性って深いなぁ。二十年強生きただけじゃ分からない事だらけだし、様々な性別感を知るのは本当に面白い。

だが

「女装してる姿で、綺麗なお姉さんにいじめられたい。小さい頃、近所のお姉ちゃんにいじめられてたのが忘れられなくて…」

こんな感じの話を聞いてしまうと、トラウマと性癖の因果関係について思考がループしてしまいそうになる。

プロパの途中、デカダンスにも行ってきた。※プロパガンダは入場後も出入り自由。

行ってすぐに、なにやらスライドショーが流れ出す。

TOKYO DECADANCE
TOKYO DECADANCE
TOKYO DECADANCE

そしてそのまま始まるスペースなんちゃらショー。
ちょうど色々始まる時間帯だったらしい、行ったタイミングがよかったというか、なんというか。

TOKYO DECADANCE
TOKYO DECADANCE
TOKYO DECADANCE
TOKYO DECADANCE
TOKYO DECADANCE


デカダンサーのショーが終わった後、YMCKのライブ準備が始まる。

しかし、ライブの準備中

TOKYO DECADANCE
TOKYO DECADANCE
TOKYO DECADANCE

Nakamura氏、終始直立。

他のスタッフが動き回る中、朝礼中の軍人のようにピクリとも動かない。

準備を終えてスタンバイに入っていたのか、既にパフォーマンスが始まっていたのかは分からないが、瞬きすらしない直立っぷりにある種の立ち芸を見た気がした。

ところでタチゲイってカタカナにすると全く別の意味になるね。

ライブは映像も音楽もよかったし、Midoriちゃんがとても可愛かったです。

ライブ中は撮影禁止だったので、写真はないんだが…そんな時の為の、視覚記憶フォルダです(又の呼び名をうろ覚え機能とも言う)。

midori

…描いてみたはいいけど、若干衣装のデザイン間違ってるかもしれない。

それと…Midoriちゃんの持ってたファミコンギターを見た途端、クソゲーの祖とも言えるファミコン用ソフト「いっき」にオカマみたいなキャラ(腰元)がいたのを思い出した。

ここで語るまでもなく、いっきは突き抜けたゲームでした。

農民と忍者がガチで戦い、妖怪唇オカマ(友人命名)が主人公目掛けて突撃してきて、町のその辺を殿様が徘徊しているという…。

いっき

もうソフトの絵からして、マグマのようなパワーがビンビン伝わってくる。(主人公の左にいる変種のアナゴさんみたいなのが、腰元。)

私はゲーム操作が全然出来なかったので、友人達のプレイを見ていただけだったんだが…子供心ながらに、無茶苦茶なゲームだなぁと思いながら見ていた記憶がある。

でも、あの頃のゲームの混沌ぶりとハチャメチャさ、なんとも言えず好きです。全てがファンキーな時代、1980。
ソフト100万本以上生産していないのに「ミリオンセラー」とか銘打っちゃう辺り、たまらない。

話が逸れたけど、YMCKのライブの後でプロパに戻る事に。

会場から出口へと繋がるエスカレーターを降りた、その直後

魚

「なんか赤いの落ちてる!」

さくらちゃんが、何かを発見した。

何かと思えば

魚

魚の被り物…。

デカダンスの人が落としていったんだろうか、それとも魚民店員が落として行ったものだろうか。

魚

しかも、それをプロパに持ち帰る。

魚といえばさぁ、シーマンてゲーム(省略)

で、プロパに戻って

プロパガンダ

色んな人に魚被せた後、うどん食って帰りました。

あの後、魚の被り物がどこに行ったのかは知りません。
スポンサーサイト
2010-04-26 15:35 : アングライベント : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

お疲れちゃん。
かっぱ村も読んだけど、ここにカキコだぜぃwww
足が長い蛙がきも~。コレって入場料払うの?
無料だったら、あのおじぃちゃんの趣味だわな。

シセンを初めて見れたわー!!
次は、まさこちゃんが来たらいいのぅw
2010-05-05 23:32 : さくら URL : 編集
>さくら
おつかれさまー!

>カッパ村
村長の創作意欲が(直球で)伝わってくるステキな村だよー入場料はもちろんタダ!
ていうかあの足の長い蛙達、無駄にスラッとしてるよね。足が妙に綺麗だし…ストッキングが似合う足というか笑

>デカダンス
SiSenさんかわえかった!
まさこちゃん行く時は、何着せようかねぇw
個人的にロリータかナースが似合いそうだと思うんだけど、どうでしょうか。
2010-05-06 21:05 : 朝日 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。