スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

Aセクシャル

よく自分の性的趣向を「Aセク」だと説明すると、人から「Aセク」って何?と聞かれる。

要するに、無性愛です。男も女も好きじゃない。ただ私の場合は心が中性、と言う方が正しいかもしれない。

事実、自分の体に違和感があるまではいかないけれど、心には物凄く違和感がある。身体は女なんだけれども、きっと心は男に近い。で、たまに女に戻るんだけれど、それは恋愛や異性と接した場合ではなく、ほとんどが趣味や好みのモノ(可愛い洋服や小物、女性や子供が好きそうな絵)を見ている時なんだよね。

よく「中性ってどんな感じ?」と聞かれるのだが、異性に興味がないし、かといって同性にもそこまで興味がないし、なんていうんだろう、本当に心も性別もどっちつかずな感じです。ただ、体は両親から貰ったものだから、それ相当に整えておこうと考えている。女性ものの服って好きだしさ、何か自分を着せ替えで遊んでるみたいで。

ただ外見は取り繕えても、恋愛やセックスに対する欲求みたいのが、理解できないし、気持ち悪いと思う事すらある。

だから誰とも付き合ったことがないし、例え同性でも触られたくない。私にとってはどっちも同性で、どっちも異性なんだ。だから性的な興味をもたれるのも嫌だし、そういう感情を向けられても、どうしていいか分からない。特に男性から人としてではなく「異性として」優しくされているんだな、と感じることがあると、物凄く嫌な気分になる。

例えるならば、(とても変な言い方だけれど)ゲイに身体を狙われているノンケのような気持ちになる。「こいつ、なんで同性の俺を性的な目で見てるんだ!?」という。

でも私はAセクで、中性でよかったと思う事が、結構ある。

まず、小説を書く時。男の気持ちも、女の気持ちも、ある程度切り替えが利くから、書くのが凄く楽。

生活面や精神面でも利点はある。それは、独りでいても、気持ちがそんなに不自由しない事。

私は今までの人生、生活や生き方の上で不自由なことが多かったし、割合、気持ちの浮き沈みも激しかった。

けれども、それを誰にも言えなかったし、言わなかった。子供の頃、もしかしたら理解してもらえるかと淡い期待を抱いていた大人に「死にたい」と伝えたら、「死ねば?」という言葉が返って来て、もうそれ以降、人に弱気を吐くのは辞めた。言ってどうなるわけではないし、助けてほしいと言う術も知らない、結局自分の心を救えるのは、自分だけだ。

同じ年の友人たちが自由に生きて、好きな場所に居て、友達と一緒に過ごすのを、私はどこにも行けない場所で、自分の都合で生きられないまま、一人で眺めていた。もうずっと、長い間。正直、すごく辛かった。

孤独も絶望も超えた今、唯一自分を助けてくれるのは、自分の中にある想像だけだと考えている。だからAセクでよかった、人に助けを求める気持ちや、人に恋する事がない分、体験する絶望が少し減るから。

そんなんだし、恋人も、欲しいとは思わない。多分、人より人恋しさも感じない。冷たいって思われるほど、淡白かもしれない。いや、淡泊だと思う。

それに人の恋愛は理解している(つもりかもしれないけど)し、恋愛感情を知識としては勉強した。人付き合いの為、それに小説を書く為に。でも自分の中には恋愛感情というものが無い、頭の中で「こういう感じだろう」と想像することは出来るけれど。

アレは要するに、一連のパターン化された心の動きなんでしょう。
自分の中にそういう気持ちがないから、想像でしか補えないのだけれど。

だから「恋人いないの?」とか「まだセックスしたことないの?」とか聞かれても、答えに困るし、答えるのが面倒くさい。なんでそんなことを聞くのかもよく分からない。馬鹿みたいだなぁ、どうでもいいじゃない。する気もないし、興味もないし、なくても困らないんだから。

まず、人を人として好きになることは出来る、だけど好き以上にはならない。

ずっと一緒じゃなきゃいやだとか、自分だけのものでいて欲しいとか、人に対してそういう欲望が無い。

ちょっと前までは、家庭を作るということも無謀だと思っていた。

人と一緒に住んでいる自分というのが想像出来なくて、全くの他人と生活を一から作り上げるということが出来ないと思った。

人と人が支えあう。という事も、よく分からなかった。(自分を大切にする方法を分かってないからだろうけれど。)

このまま一生一人で生きていくんだと思っていたけれど、今は少し心持ちが変わってきて、もし出来るなら家族は欲しいと思うようになった。

恋愛はないだろうけれど、家族愛なら持つことが出来ると思う。恋愛感情や性的な感情を向けられると嫌になるけど、もしかしたらそういうことを理解してくれる人と知り合えるかもしれない(大丈夫、奇跡でも起こらない限り無理だとは分かってる)。

子供はあまり持ちたくないけれど、出来たら出来たで、こんなわけのわからん人間にならないよう、一生懸命育てたい。決して義務だけで接しないように。

つか……男に卵巣があったら、女となんか結婚しないねって思うよ。
私だって精巣があったら、今の数倍生きやすかっただろうなとも思う。

男だから、女だから。で片付く問題を、セクマイはあんまりうまく片付けることが出来ないんだよ。
頭では理解していても、心が納得してくれない。

けどね、Aセクでも、私は今は楽に楽しく生きているんですよ。一緒にいて楽しい友達もいるし。

こいつにだけは嫌われたくないって思う人間が世の中に一人でもいれば、人って生きていられると思う。
スポンサーサイト
2008-03-20 01:19 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。