スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

TOKYO DECADANCE

昭和初期のような、レトロな雰囲気の中における

TOKYO DECADANCE

TOKYO DECADANCE

TOKYO DECADANCE


この様子。

先週土曜、TOKYO DECADANCEに潜入してきた。


トーキョーデカダンスとは

いろんな意味で一言じゃ説明しきれない、フェティッシュ系のイベントである。


でも、今回はそこまですごい格好してる人居なかった気がする。

会場はクラブではなく、渋谷のとある居酒屋。

TOKYO DECADANCE


こういう会場も雰囲気出て、面白いね。


そして食事処を借り切った会場内の各個室では、様々なショーが行われている。

TOKYO DECADANCE
TOKYO DECADANCE

主の居ない部屋を覗くと、そういったグッズが惜しげもなく散乱している。カオス。

TOKYO DECADANCE


ほんとは入室チケット(会場で売ってる)を出さないと、この個室の中には入れないんだけど…入れなくても十分楽しめる。

TOKYO DECADANCE

個室のドア、柵格子だから中が覗けるんだよね。
ドアの柵から、みんなして覗いてるもん。

TOKYO DECADANCE


江戸時代の風呂覗き見みたいだ…。

ちなみに、この柵の向こうで行われているのは、女王様と雄豚二匹による、SMプレイであります。

しかしパフォーマンス写真は撮るのNGなので、中の写真は撮れなんだ…というか、もし撮ったとしても、全年齢対象ブログには載せられない有様だったので、見たまんまの事態を図説する。


柵の中


私、自分の絵にモザイク入れたの生涯で二回目だよ。

つか女王様すげぇ、二人いっぺんに調教してた。

更に太っ腹な女王様は、たまにドアを全開にして中の様子を見せてくれる。

女王様は足をドアにかけてセクシーポーズを取りつつ、「私のペニスを食らいたいヤツは、どいつかしらー!?」とシャウト。

※その間、雄豚二匹は放置プレイです。


次回に続く。
スポンサーサイト
2010-02-15 01:42 : アングライベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。