スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

いたくないでちゅよ~☆

先週半ばの事でございます。

大昔に歯を治療した際に詰めた銀が、突然溶け出すという事態に見舞われたのでございます。

痛みは無かったけど、一応歯医者に行った。

そして問題の詰め物を取ったら、その銀が詰まってた奥の部分が、虫歯になっていた。詰め物の下に虫歯が出来ると、痛みもなく、見た目でも気付かない事が多いそうだ。

しかし、それまで痛みが無かったのに、病院で神経治療したら突然突き上げるような痛みに襲われ、治療以降口がほとんど開かないような状態に。

なので先週からずっと、貝のような生活をしている。
普通食を食べ出した弟の脇で、今度は私が粥すすってます。

でも身体に別状があるわけじゃないので、大変元気に生活はしている。


しかしねー、辛いのよ。


治療じゃなくて、治療中に笑いを堪えるのが。


結論から言っちゃえば、歯医者さんは愉快である必要は無いわけでね。

今回通い出した歯科医院が、まったとんでもないキャラの歯科医が仕切る病院だったんすよ。

なんでだかその病院の歯科医、治療中こちら(当方いい年こいた成人)に対して赤ちゃん言葉で接してくるのですが。

「いたい?いたいよね、うん、ごめんねぇ~いたくしてごめんねぇ~(※こっち、痛いともなんとも反応してない)」

あまりのウィスパーさに、戦慄すら覚える。

淡々と治療されるよりは親しみやすいが、それにしても…。

高度な医療テクだなぁ。

「おくすり詰めて、仮詰めぽんぽんしたらもうおちまいだよー☆」

やめてーー!

歯医者で笑いを堪えるって、結構辛い事なんだ!

薬品や麻酔混じってる唾液、バキュームで吸われる前に飲んじゃいそうになるじゃん!!

超高層ビルで建設作業してる時に強風が吹き、目の前で作業してた先輩のヘルメットとカツラが吹き飛んだとか、もうそういうレベル。(例えなので、ヘルメットのベルト装着の問題とかは無視。)

しかもその歯科医、看護婦をめちゃめちゃ顎で使い、そしておっさんの患者には八百屋のようなテンションで接している。

そんな中、こちらには見事な赤ちゃん言葉です。


>歯科助手
「おい、○○(医療器具)ないよ!○○!」

>おっさん
「あいこんちわー!!!これ痛くないっすね?口開けといてください」


なんだか、本妻には辛く当る八百屋のオヤジが、客で来る若い主婦にヘラヘラしているのを目撃している様な気分になってくる。

※出来る事なら自分より若い女性が治療されている現場に立ち会って、それを客観的に観察したいけど、まだ二回しか通院してないので立ち会えていない。


これはもういっそ「こういうプレイ(医療&幼児のアブノーマルコンボ)である」と考え、自分の新たな性癖開発に結び付けようとした。

まぁ、(日記のネタにしてる時点で無理だったんだな、こいつ…)とお察しください。

イライラはしないが、愉快になってしまう。
ムラムラもしないが、ハラハラしてしまうんだ。笑ったら口の中怪我しそうで。

この歯科医が好みのタイプだったら、という妄想もトライしてみたが、やっぱりだめだった。そういったプレイで興奮出来る体質に生まれてりゃよかったものをな。残念だよ、自分自身が。

唯一救いなのは、治療中、顔にタオルを被せられる事です。

このキャラに顔出しのまま治療されるとなったら、多分私通えないと思う。

これ、いつまで治療続くんだろうな。

今は笑いを堪えるのに必死だが、二月後半辺りになったらその歯科医のテンションに慣れてそうな気もしないでもない。
スポンサーサイト
2010-01-14 01:34 : 事件 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。