スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

鬼太郎茶屋

前回「赤羽へ行く」と告知したのですが、時間と体力の都合で、赤羽まで回りきれませんでした。すみません。
なので、赤羽はまた次の機会に(半日ほど掛けて)巡りたいと思います。

今回の旅では、深大寺鬼太郎茶屋探検と、浅草橋パーツ屋巡りを敢行してきた。

まず、深大寺へと向かう。
駅からタクシーで向かうこと15分弱。

鬼太郎茶屋

鬼太郎茶屋

深大寺・鬼太郎茶屋に到着。

鬼太郎茶屋

妖怪達が見守る地域。素晴らしいじゃないか。


鬼太郎茶屋

ていうか茶屋、なんかたくさんいる。

鬼太郎茶屋

鬼太郎茶屋

鬼太郎茶屋

しかし、ここまで墓場が似合う茶屋って、日本全国でもここくらいのもんだろう。

鬼太郎茶屋

乗用車までもが、この気合だもの。

鬼太郎茶屋


ぬりかべベンチの写真を撮っている最中、何か相方が横で騒ぎ出した。

「朝たん!セコム!!セコム!!!」

セコムがどうしたと思ったら

鬼太郎茶屋

鬼太郎茶屋


この鬼太郎茶屋は、セコムに守られている事が発覚。

そこに、リアルな深大寺の姿を見た。

つか、何か相方はこういった場違いなシール(他、洞窟内の消火器や、遊園地のアトラクション内に張られた「防犯カメラ作動中」シール等)に、よく反応する。

何故だかは知らないが。

外見を激写した後、茶屋の隣にある妖怪ギャラリー内部へ。

鬼太郎茶屋

鬼太郎茶屋

鬼太郎茶屋

鬼太郎茶屋


さっそくこの辺、あんま妖怪関係ない。
物産アピールに一切の余念なし。

鬼太郎茶屋

鬼太郎茶屋

この鬼太郎、無造作ヘアすぎるだろうwww
妖怪ぶるぶるあたりが、ちょうどこんな感じの髪型だったような。

館内には、水木先生の歴史を描いたボードも展示されている。

鬼太郎茶屋

尋常小学校か…学校名にさえオブラートのない、素晴らしい時代だったんですね。

鬼太郎茶屋

例え戦場であろうと、妖怪は空気を読まない。だが、それがいい。

一番奥にあるフィギュアコーナーは、日本の妖怪生息地分布図になっている。

鬼太郎茶屋

鬼太郎茶屋

鬼太郎茶屋

鬼太郎茶屋


存在意義を問う必要のなさっていうのは、妖怪の特権だと思うんだ。


鬼太郎茶屋

でも、こいつの存在意義だけはマジで分からん。

※帰ってから調べたら、人前で突然全裸になり、尻にある目を見せて驚かせる妖怪。との事だった。
※人を驚かせる以外は何もしない、割りと無害な妖怪らしい。
※人間ではなく妖怪なので、変態という言葉の適応対象にはならない。

鬼太郎茶屋

展示室の横にある休憩コーナーで、アンケートを発見。

鬼太郎茶屋

もちろん記入する。

さっきの水木先生史ボードの中に記述のあった、水木先生とニューギニア原住民との友情のエピソードが一番心に残ったので、それを全体的な感想として記述。

読み返してみると

鬼太郎茶屋


感動を伝える趣旨の感想のはずが、すげぇ他人事のような文面に。


鬼太郎茶屋


そして、同じような感想書いてる相方が、横にいるんですが。


鬼太郎茶屋


図ったかのようだけど、お互い何も意見交換せずに書いた感想なんだぜ。これ。

朝日
「馬鹿にしているわけじゃないんだ。水木先生とトライ族の友情を、決して馬鹿にしているんじゃないんだ」

ぎんちゃん
「そう、水木先生とトライ族を馬鹿にしているんじゃない。馬鹿な人間が感想を書いたから、こうなったんだ」

しかし、一番突っ込みたいのが

ここは「妖怪ギャラリー」ではなく、「水木しげる先生ギャラリー」なんじゃないかという事だ。

というか、水木先生自体がもう既に妖怪だっつー事なのかもしれません。

来年こそ、鳥取の水木しげるロードへ行くっきゃない!!!

鬼太郎茶屋

そうイウわけデ、次回二続ク。

鬼太郎茶屋スタッフブログ
http://youkai.ciao.jp/diary_c/diary.cgi?page=24


人生の『カランコロンの歌』でも聴いてれ。

スポンサーサイト
2009-12-14 22:41 : B級探険日誌 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
文体といい、なんといいすごくおもしろかったです。
2009-12-17 11:59 : よしただ URL : 編集
>よしたださん
コメントありがとうございます!!
勢いだけで進行しているブログですが、楽しんでいただけたなら幸いです^^

鬼太郎茶屋は小さな発見てんこ盛りのスポットだったので、一つの記事では全てをお伝えできませんでした…また機会を見つけて訪れたいと思います。
2009-12-18 23:15 : 朝日 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。