スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

霊感パラドックス

 なんか、タグが追加されているね……ありがとうございます。※この雑記は別サイトでも同時公開されています。

 【どうしてこうなった】って、それを聞きたいのは私の方です。朝日家両親最高傑作のはずがこの様で、両親は毎日涙目です。

 まぁ、朝日家の将来は弟に任せて、私は明日も掛け違い人生をファンキーに乗り切りたいと思います。

 そうだよ……この雑記を読んでる人がどういう人かは知らんけどね、人生はブラのホックみたいなもんなんだよ。ちょっと掛け違っただけで、網目のでかいセーターを脱ぐ時引っ掛かったり、そもそもサイズ合ってなくて乳がはみ出したり……。今日も哀れな垂乳根(たらちね)が声にならない泣き声を上げてるので、女性の皆さんだけではなく、男性の皆さんも人生のホックを掛ける時は慎重に。あと人生アドリブ、これ大事。

 でも朝日家で頭が病人なのは、私だけじゃないから! 前に弟がメンズブラを購入した時、母親から結構本気で殴られてたから! まぁでもね、やっぱりメンズブラよりレディースブラの方が私は好きですよ。頭に被って猫耳フードごっこが出来るから。病人には優しくしてくださいね! よろしくお願いします!!

 さて本題。

 霊感が強い人、自薦他薦を問わず、周りにいらっしゃいますでしょうか。

 その霊をよく見る人っつの、実は「霊に弱い人」らしいぜ。パラドックスみたいな言い方だが、そうなんだとさ。

 私はそういう能力がないから聞いた話でしか書けないけれど、肉体のない霊はそれだけ霊界(あの世)に近い存在で、弱っている人間や霊に抵抗力のない人間も、それだけ霊界に近い存在なんだって。身体や心が弱ってる時によく見ちゃうのは、そういう事らしい。

 そう言われてみたら、そういうのを見る力をコントロール出来る力がある人って、大体は最初霊に悩まされてばかりだったって、よく聞く。だから修行だのなんだのして、そういうのに対する免疫力を付けて鍛えて……みたいな事をするんだろうね。そしてゆくゆくはオバケを殴る、みたいな……押切蓮介先生の漫画みたいな。

 そもそも霊感と言うのは、そういうモノが見える力を指す言葉じゃなくて、人間の第六感を指す言葉なんだそう。インスピレーションとか直感っていう言い方もする、あの「ピーンと来る」感覚の事。

 だから本来霊感と言う言葉は、発想や感受性が豊かな人に向かい「あなたは豊かな感性の持ち主ですね」という意味で使われるのが正しい使い方らしい。

 ちなみに「ピーンと来る」事は同じだけど、直感と直観は別物。直観と言うのは物事の本質を見抜く力の事で、直感と言うのは物事を感じ取る力の事を指すようだ。

 おとぎ話を読んだ時、背景描写を鋭く感じ取って、そこから隠された根本のテーマを読み取る力が直観力で、描かれたキャラクターの心情を察知して感情移入したり、元のおとぎ話から新しい物語を発想したりするような力が直感力……多分こういう説明で合っていると思う。

 どっちが強ければいいっていうものじゃないけど、直観は人生体験をしていけば磨く事が出来るのに対し、直感は元々持っている感性が強い人じゃないとなかなか磨く事が難しいと思う。

 直観直感どっちも強い人は、常に心と頭がパンパンになってそうですね。考えないコントロールや感じないコントロールって、考えるコントロールや感じるコントロールより難しそうだよね。だって元々使えるものを無理に使わなくするって、右利きの人が左手で箸持つようにするようなもんだろ……違うかも。

 しかし、それと似たようなもんかもわからんけどさ。霊じゃなく、変態や変な事によく出会う人間っていうのも、世の中にはいるよね。
 私は霊は見えないけれど、なんか忙しくてあんま余裕がない時程、変態や変な事にブチ当たってしまう事が多い気がする。

 変態を感じるのは、より変態に近い位置に自分の精神があるからだ。

 すなわち、ど変態って事だ。

 確かに私はマトモではない。だけど“ど”は付かないと思う。“ど”は。
スポンサーサイト
2012-07-18 22:46 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。