スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

シュール ド ニイガタ

nii

小林幸子でけぇーーーー!!!!!!!

一昨日の夜から今日に掛け、父の実家がある新潟へと行って来た。

本当は日曜の朝行くはずだったのに、土曜の夜、突然「よし、今から新潟行くぞ新潟!!!」と突発的に行く事になった。夜の七時過ぎにですよ、関東から東北。

高速で四時間弱。

うちの両親は常に突発的。

で、次の日、父の実家で所要を済ませた後、新潟の街へと行ってみた。


第一印象。
nii

nii

nii

nii


nii

nii

新潟の街は、地道にシュール。

nii

nii

nii

何故か行く先々に、目印のように弁当が落っこちている。

nii

味噌汁だかおじやだか、何入ってんだかわかんないのも落ちている。
これ飲むの恐いよね。

アーケード街を歩いていると、どこからか謎の歌声が聞こえてきた。

nii

『♪まっかなおっはなっの~となかいさっん~は~♪』

nii

こいつら…歌うぞ…!!!

動画あるけど、UPの仕方が分からん…ごめん。


母が「両腕にもいるwwww」と大爆笑したこの一枚。

nii

これは新潟のセンスというより、関西のセンスさね。

で、これ泡風呂?

nii
nii

ソープランドかと思ったら、違かった。

街はカオスだったけど、お土産屋で売ってた虎張子はどれも可愛かった。

nii

とりあえず、数種類買ってきた。12月入ったら、来年に向けて虎の絵ばっか描くよ。

こいつ、なんか背負ってるよ。
nii

さて突然だが、私はなんでか変態遭遇率が割りと高めの人生を送っている。

しかし、私以上に両親は変態に遭遇する率が高い。
毎週末旅行に行こうもんなら、私の体験なんか非じゃないくらいの神現場に、絶対遭遇して帰ってくる。

きっと私のこの体質は、両親譲りに違いない。

そのせいなのか、私と母が一緒にいると、確実に変な人に遭遇してしまう。

もう天文学的な確立で、必ず当ってしまうのだ。


今回の新潟でも、当った。



nii


なんか、大通りの車道の真ん中をものすごい勢いで歩いてる男がいたんだが。


男は
「なんでだよこのやろうーー!!やるんかこのやろうーー!!!!シャラーーーー!!!!!!」
と奇声を発しながら、車道の真ん中をものすごい早足で突き進む。

車が来ようとも、自ら車に立ち向かうようにして突っ込んで行く。

バスが来ようもんなら、ハンズアップで立ちはだかる始末。

ズンズンぐいぐいと大通りの真ん中を行く男と、ものすごいゆっくり走る車との対比に、思わず爆笑してしまった。

ていうか、日曜なのにその車通りのなさは嘘だろう、と思う位、車道に車が走っていない。

いやまぁ行った時間が昼の11時前だったからかもしれんけどさ。

そして気がついたら、横にいる母がどこかに電話を掛けている。


「あ、もしもし。今三越の前の車道の真ん中を、男性が…」

母S子、異国の地で110番wwww

電話して数分後、警察が来たのに母は三越に入ってしまい、なんでか私が男の目撃情報を警察に話す事になってしまう。

警官、めっちゃ話す時近かった。

何で私が…と思いつつ目撃情報を伝えたが、男のあまりの足の速さに、警官も男を見失う。

駄目じゃん。

nii

新潟の帰りに軽井沢のアウトレットにも寄ったけど、こっちは別に何も奇妙なものがなかったし、何も買わなかった。

haku

うちに帰ったら、猫が指広げて待ってたよ。

あ、そういや先日、またうちに猫が来ました。

momiji

もみじです。

momiji

死に掛かってたのを弟が拾ってきて、目の手術したりしながら数ヶ月間病院にいたんだが、晴れてうちに来た。

DSC01266.jpg

momiji

初日はシャーシャー言ってたけど、二日目会社から帰ってきたら、すっかり慣れて他の猫と遊んでおった。
もみじ適応超早ぇ。
スポンサーサイト
2009-11-16 03:58 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。