スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

ジャイアントラーメン

先週、噂のジャイアントラーメンに行って来たわけだ。

これが、私がジャイアントラーメン発見のきっかけとなったスナック「舞宝夢」。

ジャイアントラーメン

ぅだけがちっちゃいのは、最近の若者言葉を意識しているからだと思う。
ぅれしい。とか、だぃすき。とか、ぁなる。とか、そういう系と同じだ、多分。

まいほぅむはスルーして、隣のジャイアントラーメンへ、いざ突入。

ジャイアントラーメン

店内を覗くと、客は小島よしおそっくりの若い兄ちゃん一人だけ。

まぁ、ヘタに客がいるよりは…と思いつつ入店した途端。


「ぅぇえらっしゃぁああぁい!!!!!!」


!!!!!!

とんでもないテンションの店主が、奇声掛かった挨拶と共に飛び出してくる。

しかも、手には二つお絞りの袋。店主自らがお絞りを開けて、渡してくれる。

オープン ザ おしぼり(店主が)。

ブレイク ザ 腹筋(私と相方の)。

最初からぶちかました店主に、我を忘れて大爆笑してしまった。

ごめん、本当に失礼だ。いきなり行った店で、いきなり爆笑するなんて。

だってもう…前情報以上の神キャラなんだもの。
終始、左右に小刻みなステップを踏みっぱなしで動き回られてみろ。
笑うしかないから。

しかし、私達がいくら爆笑しても、店主は顔色一つ変えない。

この店主、只者ではない…!

で、何を注文しようかとメニューを見ていた時。突然、店の電話が鳴る。

恐ろしいテンションのまま、店名も名乗らないまま電話に出る店主。

店長「ぅあいッー!!」

しかし、電話を取った瞬間、店長のテンションがいきなりトーンダウン。

以下、店主の受け答え。

「違いますよ、うちは違いますよ」
「え?そうです、間違えです」
「ぅあい」

どうやら、間違い電話が掛かってきたらしい。突然のハプニングに、思わず口元が震えるのを我慢していた時、また電話が掛かってくる。

再度、電話を取る店主。

「ぅあぃッ…だから、うちはたけもとさんじゃないって

やべぇ!!!二回目掛かってきた!!!!
なんだこのミラクル!

「ん゛ぅ、えっ、じゃあどこ掛けてんですか。番号…××××番?ちょっと待ってて」

間違い電話の相手に番号を聞き、一端電話を置いて、厨房に戻る店主。

そして、厨房にある電話番号の書いてあるメモを確認した後、電話に出直す。

「う゛―ん、番号は掛けてるの合ってんだけどね、これうちの番号じゃないよ」

「だから、掛けてんのはうちの番号で合ってんだけど、でもうちはたけもとさんじゃないよ」

「うん。それうちだけど、うちじゃないよ。ぁい」

…何ここ。存在しない居酒屋?
次元は若干違うのは分かってんだけど。

しかも店主、厨房で自分の店の番号の書いてあるメモ見てたよ。

そこは押さえとこうぜ?

電話騒動の後、チャーハンと焼きそばを注文。

颯爽と調理に掛かる店主。

続々とまな板の上に並ぶ、切ってない状態の野菜。
冷蔵庫から取り出される、冷凍コーン。

仕込みなんていう、料理に対して卑怯な真似はしない。
それがジャイアントラーメン店長。

キャベツめっちゃまな板の上で転がってるし。

店長が調理する間、ものすごく疑問になっていた事を尋ねてみる。

「店長、なんで冷蔵庫が五つもあるんですか?」

なぜかこのジャイアントラーメン、狭い厨房を囲うかのように、五つの冷蔵庫が点在しているのだ。

店長曰く

「貧乏だから、買えねぇんだ」

ちっちゃい冷蔵庫や昭和初期みたいな冷蔵庫五つも置いとくより、一つのでっかい冷蔵庫買えばいいとか、そこは思わないでおく。

でも、厨房の左端の冷蔵庫の中には麺、厨房の右端の冷蔵庫の中には野菜、みたいな配置は良くないと思うんだ…さすがに。

言ったり来たりの度合いが半端じゃない。

ジャイアントラーメン

しかも店主、具財を何回も小分けに切る。

店主、にんじん刻むの何回目?と聞きたくなったが、あえて見ない振りをする。

そうこうしているうちに、料理が到着。

ジャイアントラーメン

おいしそうです。

でもなんか、スプーンがこういうところ(※図解)から出てきた。


ジャイアントラーメン

先客の兄ちゃんが会計した後も、スプーンが出てきた場所付近にお金をしまってた。

まとめておけば、問題ないって事かね。

味は普通に美味しかったです。

だって、使ってる食材がどう見たってトップバリュ。
テラジャスコ。

しかも、使っているソースは普通のデリシャス中濃ソースでした。蔵の町ソースじゃねぇじゃん。

こんな具合に、なんだか色々どえらいジャイアントラーメン。

だが、店主は人柄がものすごく良い。

たまに何言ってるかが聞き取れなくてもいい、だって焼きそば美味しいし。

次はラーメン頼むしかない。

…ていうか、私らの後に二組の親子連れが来店し、ラーメンを頼んでたんだが…。
店主、噂の乾麺ではなく、普通の戻した状態の麺を使ってた。

乾麺じゃねぇじゃん、どう見てもトップバリュの即席ラーメンだったけど。

帰宅後、情報提供人の弟にジャイアントラーメンに行ってきたと報告する。

色々と店主の話を聞いてみると、店主は何か色々と激動の人生を送ってきた人らしい。

だから、人が自分の言動でどういう反応をしようと、全く平気なんだそうだ。

最後に、弟が言った一言が

「あの人(店主)は、漢だよ」


うん、紛れもなく漢だった。

でも、焼きそば作る時、なぜか割り箸割って具財混ぜてた。

菜箸なんて長っちょろいものを、真の漢は使わない。

また行ったら、レポします。

「Яはジャイアントラーメンを全力で応援しています」by相方

ああ、あと、なぜこの店が「ジャイアントラーメン」という店名なのかを、帰る間際に店主に聞いてみたんだが。

店主
「昔、ジャイアンツに好きな選手がいたから、ジャイアンツから名前取ったんだよ、ふふふへ」

…店長。

「ジャイアン

じゃなくて

「ジャイアン

なのは、仕様なんですか?
スポンサーサイト
2009-11-05 22:14 : B級探険日誌 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

なんだこのラーメン屋wwwwwwwジャイアントクオリティ高すぎくそわろたwwwwwwwまったくもってラーメン屋じゃねぇwww
2010-05-04 22:13 : 黒臥 URL : 編集
>黒臥さん
コメントありがとうございます!
おっしゃる通り、ジャイアントラーメンは全く持ってラーメン屋じゃありません。
ラーメン屋のフリした劇場です、ラーメンやチャーハンはドアチャージの代わりなのです。
タイミングが合えば、店主の壮絶な人生体験というトークショーを聴けるかも…。

そんな、足を運ぶ価値ありまくりな場所なのです。
2010-05-06 20:46 : 朝日 URL : 編集
最近忙しいみたいです
2011-12-18 18:34 : URL : 編集
マジっすか。最近(つかこの時以来)行ってないなぁ。
2012-07-03 20:11 : @ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。