スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

冥土

2日前、ぴえむこ夫妻付き添いの下、秋葉原に行ってきた

前日は、ぴーちゃん亭に泊まり、デ○ーズで4時間話し込んだ

女複数+ファミレス=長話

という法則は確実に成り立つと思う

ぴえ亭のキーボードに茶をこぼしたり、変なフラッシュを開いたり、ぴえ亭のキーボードを故障させたりした私の「明日ミキサー見に行きたい」というわがままに応じてくれたぴえむこが神に見えました

次の日、機械に強いぴえの旦那も借り出してのアキバ探索を決行

私がビビる位機材音痴なために、何が原因で音が出ないとか、音を出すにはどういう事をしたらいいかとか、本当に根本的な事が分かっていなかった為に、ぴえすこ氏(ぴえの旦那)に大分丸投げ状態でしたが

それでも、一生懸命機材を調べてくれたぴえすこと、それに付き合ってくれたぴえむこが再度神に見えました

途中、大通りに堂々とあるアダルトショップで構成されたビルに入って店内にサンプルとして出ているバイブを片っ端から作動させたり、スカトロDVDにドン引きしたりしたが…途中から、どんなジャンルのエロを見ても何も感じなくなっていることに気付き、店を早々に退出(30分はいたけど)

アキバに限らず、アメ横や新宿等のアダルトショップが普通にある街を歩いていると、性的な感覚が麻痺してくるらしく、アブノーマルプレイの許容範囲が自然と広がって行く感覚を感じた…
※やりたいとかじゃなく、見ても「ああー、うん、みんなやってるよね」位の気持ちで流してしまえる、という意味です

その後、アキバに来たし折角だからと冥土喫茶に行ったのですが

感想

「ポカーン(゜д゜)」

可愛さよりも厚化粧と毛穴に詰まったハイライトが目立つ、エンジェルと呼ばれる冥土さんに、テキトウな感じでお出迎えされ

街で配られたチラシを持っていたぴえすこは、チラシに書いてあった「このチラシをもってお店に行くと、生ビールが500円、またはメイドさんのふーふーあーん」というサービスのうち、後者のかなり羞恥度の高いオプションを、私とぴえむこに強制的にやらされ

店内で一番御長老だと思われる冥土さんにそのアトラクションを行っていただく

てーか、そういうオプションて、クソ高いんだね

メイドさんと写真撮るだけで1500円とか、口拭いてもらうだけで1000円とか

「メイド」という公務員がいるのかと錯覚しましたよ

おまわりさんは、腐乱死体を運ぶ作業したって4000円の手当てしかもらえないのに

冥土共はヲタにジュース飲ますだけで500円とかぺろっと稼いでるわけですか

ほほゥ



正に馬鹿ですな


帰りに上野で回る中華料理を食す

そこは安くてうまかったよ、しなびたチンジャオロースとやたら多く流れてくるゴマ団子パレードを見てるのがやけに楽しかったです

とりあえず、ぴえむことぴえすこ夫妻に感謝

また今度アキバ連れてってもらおうと思った

でも冥土喫茶は、もういいです
スポンサーサイト
2006-08-21 02:31 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。