スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

役立たず!!!

842a1359.JPG別宅のほうで、伊豆と熱海に行った日記&怪しい少年少女博物館の日記を書いたので、こっちではみかんの話をしますお


伊豆に着いて、まずみかんジュースが美味いと有名な土産物屋に入ったのです



確かにジュース美味&ジュースを飲むと、土産物屋の真横にある「伊豆の踊り子美術館」に無料で入れるというサービスが付いていたので、早速美術館に潜入



しかし、美術館の奥に、怪しげな浮世絵の暖簾と、「18歳未満の方は、これより奥はご遠慮ください」の看板が


ミステリーエロスハンターとしては、「行く」という選択しかございません


暖簾をくぐると、案の定、御江戸な情事空間がそこに広がっておりました



四十八手ダイジェストみたいな絵が四方八方に展示されていて、絵の色の塗り方と、まぐわう男女の異様な毛深さと、江戸っ子のちんのでかさが気になった私は、けっこうじっくり鑑賞しましたよ


それまでその場にいた、別の観光客(おっさん×3)は、私が余りに江戸美人の蟻の門渡りをじっくり眺めているからか、気まずそうに出て行ってしまいました


他にも、男根を模った花瓶作品が10数点展示されていて、作品名がいちいち面白かったです

尿道から咲き乱れるダリアも綺麗でした、撮影禁止だったのが悔やまれます


撮影OKだったら、男根花瓶アルバムをつくるお、どうでもいいけど、私のパソコン、何度変換しても「男根過敏」てなるの、どうしてもそういう方向にもっていく気なのか、このビッチウィンドウズ


その後、車内で、母と弟と「役立たず※1という作品の持つ悲壮感がなんとも」とか、「ご神木※2は、なんとなく威厳を感じた、木の隙間や金玉の部分に、盛大に賽銭が挟まりまくってたし」等、ちんぽこ批評会を行いました


※1(EDちんぽを模った花瓶。下向きなので、もちろん花を生けることは出来ない。ここでも役立たずぶりを発揮。)
※2(ちんこの形をした木のオブジェ)


その後、桜を見て、怪しい少年少女博物館に行きますた


怪しい博物館談は、別宅を見れ


博物館で思いっきり毒された後、もう一つの目的地の川奈ステンドグラス美術館へ

こっちはすごく落ち着いたので、もう一回行きたいですお
スポンサーサイト
2007-02-20 23:23 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。