スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

ジャパンスネークセンター2

1d63b966.jpg







親方にインタビューした後は、熱帯蛇類温室コーナーへ

このハンドメイドムード満載のお出迎え…どこまでワクワクさせてくれるんだ
しっぽ



だって、ガラガラヘビの尻尾はペットボトルですよ?これぞエコノミースネーク




ちなみに、ちょっと前まではこいつがいたようだ
数年前はコイツ


アウトサイダーを通り越して、もう涅槃の域に入りかける勢いのわけのわからなさ

最初からクライマックスというテンションのまま、入館



館内には、ワニや大蛇が飼育されているほか、ネズミにかじられまくっている剥製や、ニスの塗りすぎでテカテカしてる剥製や、うろこ取れまくりの剥製があり


そして、動くコブラの巨大な人形が設置されている
コブラの人形


人が近づくと、前までぎこちなく出てきて、いきなりガッチャンガッチャンと威嚇の動きをしやがる

動きがぎこちないのと、ヴィイイ…という、使い古した感じのモーター音が、地味におっかねぇ…物って、壊れかけやいい具合に年季の入ったものの方が、予測不可能な動きをするよな


このコブラの人形コーナーのすぐ横には、アルビノニシキヘビがいる…ちなみにこのニシキヘビは叶姉妹が買っていた蛇だそうです、セレブペット放置の実態を目の当たりにし、その被害者ラッキーちゃんを首に巻くのが、ここでの醍醐味


シロ蛇


私、今年に入って2回も白大蛇を首に巻いている…今年は蛇の当たり年(一回目は沖縄)



シロヘビ首二巻クのハシェンエンヨ、シャチョさん


スネークセンターを出る前にもう一回、熱帯蛇類コーナーに行ってみた時、ラッキーちゃん係の兄ちゃん、ボーゼンとラッキーちゃんを入れてあるかごの中を眺めていましたよ

閉園間際、もう誰もいない施設の中に、ラッキーちゃんと二人きり
夕日が差し込む影の多い施設内、滅多に動かないアリゲーターが入水する音…

想像すると、なんとも言い切れない気持ちになれるな
閉園後の遊園地で、メリーゴーラウンドに一人乗馬…の様な…


二階もあるので、行ってみた






学園祭








…なんで?








学園祭2


なんで恐竜?




なんなんだ…この終わり際の学園祭の様な空気間は

ここまで職人の気配が一切しない空間も、ある意味すげぇ


無造作に置かれたこいつも、無言の圧力をかもし出している

これ…こいつを作った奴の頭の中がどうなってんだか、ちょっと知りたいよ


スイカ玉ちゃん


これ、あのスイカ蛇とセットで作られたんだよな、多分…




つか足、取れてんじゃんか
たまちゃんうしろ


このほかにもスイカアニマルシリーズあったのかな?
あったとしたら、是非拝みたい








そして、層々たるゴールデンメンバー達

カタツムリ








……







海底の虫


ああ…三葉虫って奴ですよね、これ…
展示物の中で、これが一番いい出来じゃないかと…





怖い貝








怖ぇぇぇ!!ぜってぇこいつ人食うよ!!!







取りけら


角が折れたトリケラトプスって、こんなにも哀愁が漂うものなのか、むしろ取リケラ(ry







親子

「昨日、電話に出た女、誰よ!!」
「妹だよ」
「妹がなんで携帯取るのよ!!それに、この間部屋に落ちてた髪の毛誰のよ!!」
「母親のだよ」
「たかし(手前右)のお母さん、天パじゃない!!落ちてた髪、長かったわよ!!」





熱帯コーナーが、もしかしたら一番危険な区域かもしれません

ええ、精神的にって意味で

では、また次回

…あと一回でスペース足りるかな
スポンサーサイト
2007-10-13 12:31 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。