スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

ジャパンスネークセンター

88ccfbfd.jpg体力の関係で、先週金土のアマテラ行きを諦めた私ですが、日曜日はB級スポット探索の相方と共に、群馬県藪塚本町にあるジャパンスネークセンターに行ってきました

日本唯一の、蛇の研究所らしいっす
※蛇苦手な人は、今回読まないほうがいいよ



数年前は、駐車料金がタダ+入園料が600円だったらしいが、今は駐車料金が600円+入園料が1000円

すばらしき料金改革

駐車料金を払うと、本格的な領収書が貰えるよ
レジなんかに頼らないのが、蛇センター流

無駄にミリタリーな看板に、期待が高まる
かんばん








ウェルカムキャラクター
様こそ蛇の楽園へ







しかも、施設の中にはセンターの敷地内にめり込み過ぎてる民家があります

民家


蛇を放し飼いにしてる場所はコンクリの囲いなのに、この民家の周りは、単なる網のフェンスで囲ってある…ねぇ、そのフェンス、傾いてる上に穴だらけだよ


ついでに、民家の排水溝や、換気扇には蛇避けのシートが貼ってある

いろいろ大丈夫なのか?と聞きたいけど、住んでいる人が幸せなら、それでいいと思います


ここの家、センターから保証金いくら位貰ってんだろ

ちょうど、センターに着いた時間が毒蛇の餌付けというイベント始まる頃だったが、毒蛇コーナーが混んでいたので、大蛇コーナーに行ってみたら

ルドン全身


うわぁぁぁぁああ!!!!


ルドン


恐ぇぇ!何だよこの毛なしバックベアードはよ!





ルドンの絵は好きだけど、いきなりそれっぽいのにブチ当るのはキッツイな

相方と「ここ呪われてんじゃね!?」と怯えながら、大蛇コーナーに引け腰で潜入

『いきなりガラス消えないかなぁ』とか『ブラジルにお行きなさい』とかハリポタドリームを大蛇に語りつつ、大蛇鑑賞を楽しむ

海蛇


定員オーバーしちゃったのでお前らとりあえずここにいろよ。な雰囲気で、大蛇コーナーの出口付近に設置された小規模な海蛇コーナーと亀コーナーを通り抜け



催し物フェスタ
そして、出口に貼ってあったチラシをみて一気に脱力

てゆーか、フェスタって




フェスタは催されてなかったけれど、大蛇コーナーを出た時間が、毒蛇の餌付けの時間が終わる時間だったので、そのまま毒蛇コーナーに行き、その後日本の蛇コーナーに移動

サッカーをする朝青龍の真似をしながら向かう途中、とある柵の中から、蛇とは違う生物の気配を感じ、その柵の前で立ち止まる

相方「ここ、ミニブタも飼ってるんだよ」
私「まじで?」

もうなんでもありか、このセンターは大らかさが違う
さすが名前にジャパンが付いているだけあるな

さっそく、柵の周りをまわりながら豚を探すと…


親方?


イターーーーーーー!!!!!!

でっけー!!ミニブタでっけーーー!!!!!!



親方



…あれ?




親方アップ


つか、これ時津風親k(自主規制





ンゴッンゴッンゴッンゴ!!と話しかけてみたが、一連の騒動で疲れているらしく、親方はピクリとも反応してくれなかった

スネークセンター日記はまだまだ続きます
スポンサーサイト
2007-10-13 12:33 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。