スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

siritira

02894e69.jpgけしからん!!!!

なんだその破廉恥な尻は!!

好きなだけ揉んでよしってサインか、阿修羅のごとくもふってくださいって事か!!!!




ジャーキーあげるから、もふらせてください!

白目を出して振り返る子犬の顔は、反則すぎる。


まぁ仔犬はいいですよ、いくら尻や肛門を見せても可愛いで済むんですから。

問題は人間のメンズです。

私、ちょっと前に某イベントで、男性の尻チラ※を目撃する機会がありましてですね。

※パンツから尻の割れ目が見えてる状態。女性のローライズジーンズを想像していただければよろしいです。

その時一緒にいた友人と「なんだか衝撃的だったな、今のは」というコメントを交わし、その場では終わったんだけれど



男のケツチラって、どーよ?



女子はよく見るが、男子のケツチラってなかなか見ないよな。

その時は何も思わなかったんだけれど、後になって考えたら、結構えらいものを見たのではないかという気分になった。

尻チラしていたのが知り合い(しかも結構なイケメソ)だったので余計にな。

今のはギャグじゃないよ、念のため。

しばらく時間をおいてから、尻チラについて、ちょっといろいろ考えた。

結論として、わざと見せてる(見えるような服装をしている)のは、別にどうも思わん。

だが、ナチュラルな状態のケツチラは反則だ。という結論に至った。



だってなんか



無防備って、すげー萌えるじゃん。



無防備は偉大な力を持っているって、本当だったんだ…!!

ついでに、尻フェチとしては盲点だった!(すいません、尻フェチなもんで。)

グランドライン※の二つ目を発見しちまった気分だぜ…!

尻が俺たちのワンピース(二つ目)!!

※人体パーツの萌えゾーン、一つ目は腰のライン。

ただ、友達や知り合いのを見ると、複雑な気持ちになります。

萌えはせずとも、見逃す事が出来ないもの。

グランドラインを発見した手前、このままじゃ好奇心に収まりが付かない。

そこで地元の某ファッションビルに行った時、ついでにメンズファッション階に尻チラをしている店員がいないかどうかを見に行った。

ショーウィンドウに並んだ最新ファッション、雰囲気からしてオサレをぶちまけている店員たち。

どっかの店の店員
「どうぞ店内ご覧くださ~い」

見ねぇよ、興味があるのは尻だけだ。

しかし、アパレル店員の尻のガードは固かった(服装的な意味で)。

シャツは若干余裕を持たせてパンツにIN。

ドイツもコイツもこじゃれたベルトをしやがって…なんなんだ、どの店でも店員の一人は絶対に身に付けているベストは!!流行ってるのか、流行ってるな確かに!!!

つーかまぁ…しゃがんで陳列する機会少ないもんな、服屋って…。

だが、ここである盲点に気が付く。

尻チラを求めて見ているファッションのジャンルが違うんじゃなかろうか?

私が来た階は、なんだかよくはわからんが綺麗系ファッションが勢ぞろいな階だ。

店員の70%が、先の尖がったブーツを履いている。

綺麗目ファッションは、油断がない服装という事でもある。

油断や隙のあるファッションと言えば…


ギャル男系?


ギャル男っつっても、いろんな系統いるだろうけれど。それでも、綺麗目系よりかは尻のガードが甘そうだ(あくまで服装的な意味で)。

ひらめいた私は、帰りにギャルファッションの階と、サーフブランド専門店に寄った。

…店内には、確かにギャル男はいるが…しゃがんでいる奴、いねぇ。

床に置かれた靴や、低い棚にあるアクセサリーを見ていた奴はいたが、せいぜい見えて、背中やパンツのラインだけだった。

やっぱ尻チラってレアシーンなんだな。

もしかしたらクラブや海とか、活動的な場所の方が尻チラ遭遇率高いのかも知れん。

今度観察しに行こう。そうしよう。
スポンサーサイト

tag : 日記 雑記 考え事

2009-07-15 02:44 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。