スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

【2014】ローションフェス!!【08】

 8月9日、新木場ファーストリングで開催されたこの夏一番のヌルフェス、その名も「ローションフェス」に行ってきた。

 公式サイト
 http://lotion.event-kikaku.com/fes/

 レポ書く前に言うと、管理人朝日は濡れるの大嫌い、粘膜めいたもの(ぬめぬめしたもの)大嫌い、汚れるの大嫌い、加えて結構な潔癖症! プールと海も嫌いです。
 そんな人間が何故、ローションフェスという鬼門中の鬼門に突撃する気持ちを起こしてしまったのか、今になっても分かりません。ローションフェスというネーミングから連想するカオスの予感にテンション上がっちゃったのかな。


IMG_2287.jpg


 会場に入る前、入場口付近からすでにローション一色。
 フェス内容はただ単にローションまみれになって踊るという至って健全なものなのですが、どうにもエロスな気配が拭えない。素でこうなっているのか、あえて拭わないのかは、分からない。


lotionfes1.jpg


 いや、あえて拭ってないのかもしれない、だってオナホール売ってるもの。
 ちなみに飲み物を冷やすボックスの中にも、ローションが投入されていた。


IMG_2286.jpg


 会場脇には二本の水シャワーと数本のメリット。更衣室があったのは良かったものの、シャワー施設が完備されてないのが痛かった……。


IMG_2165_20140810233442c71.jpg


 そして会場と飲食ゾーンの中にはビニールプールが一つづつ。いずれもヌルヌルした液体が入っている。


IMG_2176.jpg

IMG_2174_201408102334437eb.jpg


 早速中に入って見ると、まだ人の少ない会場内では存分にスライディングを楽しむ男性達や、キャッキャしながらローションを触っている女性たちの姿が。男性は豪快にローションまみれになっているが、女性はこの時点ではまだ控えめに楽しんでいる人が多かった。
 そして当然床はぬるぬるしているんだけれど、会場内のマットは程よい柔らかさで、転倒したり寝転んでも安全な感じ。

lotionfes2.jpg


 しばらくすると会場内に人が増え、いつしかステージ前がナイスナンパゾーンと化し始めた。


lotionfes5.jpg

lotionfes3.jpg


 これ、マッサージしている女性とマッサージされている男性、知り合いではなくそれぞれ別グループの人です。その場で会った女性三人からただでローションマッサージが受けられるなんて、こんなシチュエーション、エロ漫画でもなかなかないで……。

 私はそんなソドム感溢れるゾーンの脇の方から、男性が手に掬ったローションを女性の背中に入れたりしてイタズラをする様子を、「ウワァ、知らん人からアレやられたらブチ切れるな……」と思いながら見てた。

 しかし、全く濡れていない(絶対に濡れない&転ばないという決心を以て、会場に身を投じていた)人間はあの場では重宝されるようで、全身ヌメヌメの人たちから「ポケットから煙草取って貰っていいですか、ついでに火も付けてもらえますか」「写真撮ってもらっていいですか、あ、その前にポケットからスマホ取ってもらっていいですか」などと声を掛けられた。

 いや、いくら潔癖であっても、多分一回濡れて開き直ればそれなりにローションを楽しむことができるのかも知れませんが、今回は駄目だったね。勇気が出なかったし、そこまで濡れる覚悟が出来ていなかった。アマチュアモンゴル相撲状態になっている男性たちを見て、あそこまでなれたらスゲェ楽しいだろうな……と思ったもの。


IMG_2197.jpg


 ただでさえヌルヌルしている会場に、スタッフがローションのみっちり詰まったポリタンクを担いでやってくる。


IMG_2192.jpg


 そして客に容赦なくローションを注いでいく!

 やや時間が押して近付いたフェススタート前、スタッフからフェスの注意事項が告げられる。

「会場はヌルヌルしているので、外に出る時はいったんテンションを落としてから出てください! あと、会場で転ぶ時は手を付くと骨折したり捻挫したりするんで、そのまま素直に受け身を取って倒れてください! では、今しばらくヌルヌルをお楽しみください!!!


IMG_2211.jpg


 そうして始まるローションフェス本番!


IMG_2221.jpg

IMG_2226_20140810233507685.jpg


 音楽に合わせ、飛び交うローション!


lotionfes6.jpg


 意外と踊ってる時は転ばないね、なんでだか。


IMG_2266.jpg


※ステージ上から会場に撒かれているのは水。

 つか、踊っているうちに足がローションまみれに……。


lotionfes4.jpg


 河童みたいになってる。





 DJタイムの合間に




 突然始まるエアロビタイム! 会場全体がローションまみれの一体感に包まれる!! Chaos!!!
 (画像の詳細は動画を再生!)


lotionfes7.jpg





 エアロビが終わった後は、DJ絶対にイカせる男タクヤ登場!! 物販コーナーで販売されていた尺八奥義「のど輪締め」タイルが舞い踊る!!!

 しかし私たちはこの後予定があったので、タクヤさんのプレイタイム途中で退場しました。


IMG_2285.jpg


 最初は汚れるのも全身ぬるぬるになるのも嫌だったんですが、このイベントは開き直れたら絶対楽しいと思った。次は覚悟を決めてローション大運動会行くしかねぇな、コレは。

 なのでまず、水着を買うところから始めようと思います。
スポンサーサイト
2014-08-11 01:21 : アングライベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

江戸川花火大会2014

 夏恒例、狂気の江戸川花火大会に行ってきました。今年は前日から千葉入りし、防衛に参加、つっても私はほとんど何もしてないですが……。

 去年の様子はこちら。
 http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-675.html

 早速江戸川の河川敷に行ってみると、フルチンさんからの前情報通り、ガチ過ぎるテントが張ってある。


IMG_1939.jpg


 大人の財力を江戸川で目の当たりにすることになるとは、思いもしませんでした。
 しかも、テントの名前というか場所取りの名前が「フルチンナマコテント村」


IMG_197211.jpg


 開き直ったハッテン場、もしくは未開の地に住む部族の村にしかなさそうなネーミングのグルーヴ感。
 割とブログ名を褒められる当minority campも、フルチンナマコテント村というネーミング前では、ただのお泊り保育園のような語感しか発揮出来ない。


edogawa2014_1.jpg


 この日は19時半まで江戸川で過ごし、テントに泊まる徹夜組に江戸川を託し帰宅。


IMG_1953.jpg


 迎えた花火当日は、少し雲があるものの快晴。


IMG_1980.jpg


 江戸川花火は毎回晴れるからすごいよなぁ。
 今回は爛々さんはじめヘルワチームの皆さん&eveさんたちと一緒に花火観ました、eveさんヘルワチームの皆さん差し入れご馳走様でした。


IMG_1964.jpg


 差し入れを御馳走になっていたら、フルチンさんが何かこん棒のようなモノを持ってやってきた。


IMG_1971.jpg


 これ原始人がマンモス追いかける時やジャガーぶちのめす時に使うやつ?

 いや違う、これ肉だ! 漫画肉だ!!!!


IMG_19661のコピー


 この写真撮ってる後ろで、別のグループの人(知らない人)達までもがフルチンさんの写真を撮っていたという……。もう少し言えば、本当はコレ両手に持って「悪魔神官!※」てやって欲しかったんだけれど、まさかそこまでは言えなかった。

 ※これ
akumasinkan01.png


 頂いたので、早速解体。
 牧歌的な光景の真横に、突如現れた野性の現場。


edogawa2014_2.jpg


 よく晴れた日曜日。
 サンドイッチをバスケットに詰めて野原へピクニックにやってきた僕らの横で、パパが突然、狩った兎をさばき出す! みたいなイメージが浮かびます。

 ダイナミックな見掛けと相まって、とてもおいしかったです。ご馳走様でした。


IMG_1985.jpg


 つーか誰だよ食パン持ってきたやつ!?

【続きは追記で】

続きを読む

2014-08-05 01:30 : 事件 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。