スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

魑魅魍魎の文化祭2 VOL2

 VOL1の続きです。

 休憩後、最初に行われたのは「人の顔を見ただけで好きなAVメーカーが分かる」酒徳ごうわくさんのアダルトショップ漫談でした。

 アダルトショップには実に様々なお客さんが来店するそうです。回りくどく無修正DVDがないかと食い下がる中年男性、かと思いきや、自動ドアが開いた瞬間に「おーい兄ちゃん! セックスあるセックスー!?」とダイレクト且つ雑な注文を投げかけてくるオヤジまで。

 なかにはカップルで来店するお客さんもいるそうで、男の方はいきがって「女の知らない世界見せてやるよ」という様子なのに対し、女性の方は「やだーなにこれ信じられないいやらしい~」という、クソのような反応をすることが多いそうです。

 だがごうわくさん曰く、「どんなに口では『やらしい~』とか言っている女性でも、必ずアダルトグッズのコーナーで立ち止まる」そうです。

 そういう女性は大体において隠れヤリマンだと思いますね。

 アダルトショップ漫談に続き、会場のスクリーンに流れ出したのは「蟲戦士ヘルワーム」という、ガチホモ特撮AV。

 これですね。

 ヘルワーム

詳細
http://dic.nicovideo.jp/a/%E8%9F%B2%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%A0

 男優がベッドに全裸でうつ伏せで眠るシーンから始まり、オナニー、ノーマルセックス、拉致、ホモセックス、拘束、触手プレイ……のような内容のAVです。ググれば、ちょっと画像が出て来ます。どうでもいいけど、私ゲイAVは男優の尻が綺麗だから好き。普通のAVは男優の尻が汚いのが多くてねぇ……。

 その流れで「世の中にもっとハッテン特撮はないのか」という話題になり、こんなサイトが紹介された。

http://heroyarare2012.blog.fc2.com/
※リンク先は遠慮なしのガチホモ画像&ヒーローの絶命画像で溢れているので、苦手な方はご注意を。

 コラ画像内では「ど淫乱新マン」「ジュ、ジュワ―――ッ! やめろっやめないかー!」とか書いているのに、コメント欄では「ア○ル」とか「ペ○ス」とか伏字がしてある辺りに、こだわりを感じますね。コラのタロウ率が異様に高いのは、「タロウはお坊ちゃん的なイメージが強いので、凌辱欲をそそられるんじゃないか」という見解が出ていました。

 しかも「ウルトラの父」カテゴリーまでありますからね。フケ専まで取り揃えている……と震撼したが、よく考えずとも特撮の時点でマスクフェチ・獣姦・異物・野外プレイの要素もあるわけだよなぁ。

 かの大槻ケンヂ氏も、「性の目覚めとなった切っ掛けは、ウルトラセブン。幼少期の頃、セブンが十字架に張り付けられるシーンを見て、目覚めてしまった」とエッセイでお書きになっていたし、特撮には人の性癖のボタンを押す何かが潜んでいるのかもしれません。

 と、その時、なぜか突然主催の鶴岡さんがじゅーしー君とともにトイレへと消えた!!!!

 ハッテンか! ハッテンだ!! ネイキッドロフトで極限ハッテン行為!!!!!!

 主催がイベント中にハッテンしにトイレ行くって、どうなってんだ!w

 続きは追記で。

続きを読む

スポンサーサイト
2012-11-06 00:28 : アングライベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

魑魅魍魎の文化祭2 VOL1

 今回の記事は、最初に私情を絡めたプチ作文を書かせていただきたいと思います。どうかほんの少しだけ、お付き合いください。

タイトル
「私と全裸中年男性」

 去年から続く停滞期。私生活も最底辺。もう何も浮かばないし、モノを書く気力もない。創作活動も、このブログも、もうやめよう。

 本当にそう思っていた、そんな時。
 RTで回ってきた、ただならぬ様子のツイートが目に留まる。

「エイプリルフールに対抗して……ゲイブリーフポール! 全世界のゲイはブリーフ一枚でポールをさらけ出して闊歩する、それが世界ハッテン家連盟の掟じゃ!」

 これが私の目にした、マイファースト全裸中年男性ツイートでした。今年の五月の初め頃でしょうか。衝撃的過ぎて、忘れたくても忘れられないのです。

 何事かとおもったら、どうやらそれは「全裸中年男性シリーズ」という、ツイッター上における……なんでしょうね。世間でいえばボーカロイドみたいなものなのでしょうか。家元の作ったキャラを、ファンが自由に動かしていくという形式の。

 制限140文字以内を、怒張した陰茎を振り乱し縦横無尽に駆け回る全裸中年男性達。次々とTLに流れてくる躍動感あふれるパワフルなキチガイツイート。そして乱れ飛ぶ奇声。

 それを見ていたら、「ああ……なんか、自由でいいなぁ。楽しそうだなぁ。文字で遊ぶってこういう事だよなぁ」と、妙な感動を覚えました。頭がおかしくなっていたのかもしれません、いやおかしくなっていました。

 こうして数か月間。全裸中年男性シリーズを眺めるうちに気分を持ち直し、停滞期とか何でもどうでもよくなって、こうして再び書けるようになりました。

 書けない停滞期を抜けることが出来たのは、全裸中年男性シリーズ、および本家のメキシカン忍者さんと全裸中年男性クラスタの皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。この恩は、一生忘れません。何の話でしたっけ。

 -了-

 はい、すみませんでした。次の行からイベントの事を記述していきます。

 11月3日文化の日。この日、新宿職安通りのある一辺に、淀んだ空気が渦巻いていた。場所はネイキッドロフト、ある意味ロフト系列で一番マニア向けのイベントを行う場所かもしれない。

 そんなネイキッドロフトで白昼堂々、大規模な全裸中年男性オフが行われていた。全裸と言っても、出演者や客が全裸なわけではない。

 このイベントには、ツイッター上における全裸中年男性ネタの本家、メキシカン忍者さんが参戦するというのだ。まさにネイキッド(全裸)ロフトに相応しいイベント!

 そういう事で鶴岡法斎さん主催の、会場にキチガイと変態しかいないイベント「魑魅魍魎の文化祭vol2」に参加してまいりました。

公式サイト
http://blog.goo.ne.jp/t-housai/e/7da62a8b5f5fb4324a8d1ae5df94431b

 メキシカン忍者さんもそうなんですが、同じく出演されていた漫画家の堀骨砕三先生も好きなので、お二人のライブペイントが観たいという思いから、このアウェイ感溢れるイベントへの参加を決めたわけです。

 だが今回、私は「イベントへ行くのにカメラを忘れる」という大失態を犯したのです。こんなことは初めてだ、もう霊障か何かとしか……いや私の不注意ですが。なので、今回の画像は全て携帯撮りの為、画質が悪いです。すみません。

長くなるので、続きは追記で。

続きを読む

2012-11-04 21:59 : アングライベント : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

ぽちゃぽちゃハロウィン デブカワNIGHT VOL2

VOL1の続きです。

 さて前回でも少し記述したかと思いますが、パフォーマンスではなくフリートークで参戦していらっしゃる出場者の方もいらっしゃいまして。

 内容的にどなたかっていうのを書くとちょっとアレなので、こんなトークが行われたっていうのだけランダムに箇条書きで。(パフォーマンスで参加した方の発言も混じっています。)

・エコーをやったら、すい臓が見えなかった為、友達から「奇跡のデブ」という異名を授けられる。普段は介護施設の栄養士

・メインの仕事は看護師。夜の介護も得意、ハンドマッサージで殿方をメロメロにするのが特技。胸のサイズはLカップで、Tバックを穿くと肉に埋まって紐が見えなくなる。

バスガイド歴10年。老人会のツアーをやるとお菓子がたくさんもらえる。
 彼氏が整体院の先生。出会いのきっかけはぎっくり腰の治療で整体院を訪れたこと。
 出生時の体重、4200g。

・趣味は○交。バースディの度に歳の数だけ乱○している。

・三食全部食べ放題へ行く。一回の食事に掛かる時間は二時間。

・AVの出演歴あり。


 ……正直、途中から「あれ……これ、ネイキッドで三か月に一回やってるセックストークのイベント? なんかアレ? この後食虫芸人とか出てきてテレフォンセックス対決するの?」という気分になってきた。(※デブカワナイトです。)

 このフリートークでの参戦者の中には、パイズリ専門のお店に勤めていらっしゃるという方もいた。私もこのイベントに参加して初めて知ったんだが、パイズリには色んな技というか、種類があるらしい。パイズリ四十八手的な……。

 参加されていたこの女性は、七種類ものパイズリ技を所有しているらしい。現在はスクリューパイズリを練習中とのことです。……スクリューパイって、なんかこんなようなイメージしか湧かないのだが……。


screwpai


 ちなみに世の中には、1000のパイズリ技巧を持つ猛者もいるという。
 少年漫画のバトルものだったら、「またの名を、1000の(パイズリ)技を持つ女!」とか旅人の間で噂されるレベル。余談だが、「パイズリ」という言葉を生み出したのは、芸能人の山田邦子だそうだ(wiki情報)。

 ぽちゃドットさんが「もう審査の基準が分からない」と仰っていましたが、多分、あの会場にいた誰もが分かっていなかったと思います。

続きは追記から。

続きを読む

2012-11-04 00:34 : アングライベント : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。