スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

江戸川花火大会2012

江戸川花火大会2012


江戸川防衛軍の朝は早い。
そして江戸川防衛軍の戦いは、花火大会の二ヶ月も前から始まっている。

この記事の前に、浦和ナルシスの記事がありましたね。七月初め位に書いたやつ。実はそこでフルチンさんから、私はある衝撃的なものを見せてもらっていた。

その衝撃的なものとはメールフォルダなんですが、フルチンさんが見せてくれたメールフォルダには、こんな文面のメールがつらつらと並んでいる。


「場所取り、今の状況はこんな状況です」
「今日も守り切りました」
「お疲れさまでした」


花火大会の場所取りの、連絡網である。
そう、実はもうこの時から、防衛軍の場所取り合戦は始まっていたのだ。


江戸川花火大会2012



そういうわけで、期間が空いてしまったけれど、江戸川花火大会の日記を書こうと思います。一昨年の様子はこちら。(去年は自粛でした。)

毎年、SS席並みの場所※を確保してくださっているフルチンさん始め、防衛軍の皆様には大変感謝しています。

※打ち上げ位置が真正面
江戸川花火大会2012


同時にその場所取りの実況の素晴らしさに、毎回腹筋をイカされそうになっている。

前回もそうだったんですが、今回はなんであんなに面白いのか、ある種の恐怖すら感じる面白さだった。印象的なものをピックアップすると、まず、旗の話。

ある日の夜、「花火大会の日、フルチンの旗を立てようかな(後から来る人がわかりやすいように)……」という内容の呟きが、TLに流れてきた。発信者は、もちろんフルチンさん。

……旗!?

それはつまり、こういう事なんだろうか?


江戸川花火大会2012


まさかな……と思い、絵付きで「マジで立てんのかな!?」と呟いたところ、フルチンさんから返信が。

「え? 駄目?」

フルチンさんは、本気だった。


更に防衛軍の援護(場所取りには人数が必要)にeveさんが名乗りを上げた際の、二人の会話。


eveさん「一本鞭は必要ですか!?」

フルチンさん「E華会(隣で場所取りしてる団体)の男達はドMっぽいので、あったら役に立つかも!」

eveさん「了解です!」


追い打ちをかけるように「川の向こうから敵軍が攻めてくるかも!!!」という呟きも流れてくる。夏、江戸川のほとりは平成の合戦場と化す!

そんな激戦を経て、毎年、あの江戸川の特等席が守られているという……それを思うと、一つの戦国を見たような気分になると同時に、エノケンとび助冒険旅行のような滅茶苦茶な映画を観たような気分になれます。

そして当日、現地へ向かってみると

江戸川花火大会2012


ほんとに旗が……!


江戸川花火大会2012


テントまで!


続きは追記から。

続きを読む

スポンサーサイト
2012-08-30 23:07 : 事件 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。