スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

オタク大賞R12 特殊対談シリーズ#01『清野とおる×押切蓮介 非日常の世界』 VOL2

VOL1の続きです。

二人の馴れ初めトークが終わると、次に清野先生と押切先生の赤羽根探検ツアーの映像が流れ出した。

映像の内容の多くは語れないのですが、意味不明な張り紙に表記されていた電話番号に堂々と電話を掛ける清野さんの姿が、一番衝撃的でした。

ところで押切先生は、赤羽と言う街があまりお好きではないようです。

押切先生曰く
「人は変だし曇りが多いし、駅に降りるだけで腹が痛くなるし……。赤羽は体質に合わない。埼京線に乗っていると、ひと駅進むごとにおかしくなってくるのも嫌だ」

言われてみたら、確かに赤羽って曇りが多い……!
晴れていても、浦和~赤羽根への川を渡った瞬間に、何か空の色が変わるんですよ。こう日差しの中にズン……て、変な風に翳りが生じるの。


この後、清野さんのインタビュー術やカメラ秘儀の話を経て、一部が終了。

二部に入り、まずは押切先生によるホラーな話が披露されます。

バスの中で横にいる母と同じ悪夢を見た話。
でろでろ初め、おばけを殴る話を描くようになった切っ掛け。
子供の頃ドラキュラを見た話。
自身は霊感がないと語る押切先生が、霊能者と会った際に発覚した特殊な体質等々。

押切先生はどうやら他人の気を吸うタイプの方らしく、更に人の気だけではなく霊の気も吸う体質のため、霊の方が「吸われちゃマズイ」と押切先生を避けるそうです……。

この後清野さんによる『漫画にはとても出来ない赤羽秘蔵映像』が数本流れ、二部終了間際、二人でいる時の話の中で、「二人はデキているんじゃないか」という話題が出る。

MCの奈良崎さん
「二人の薄い本とか出ても、おかしくないんじゃないですか」

押切先生
「2人は付き合ってるのかというファンレターが、2、3通来ましたね。否定したけど、『ではこれ以降、私の中で二人はお付き合いしているという事にします』という事にされた」

その後、押切先生が過去に「俺が女なら今すぐ清野君と結婚してる」と口を滑らせた。という話題を経て、御二人が同性愛疑惑を否定したところで、二部は終了。

しかし三部に入ってすぐ、今年9月~11月のオタクニュース内で発表された「夭折した同世代の漫画家・青山景さん」の話題に触れた際の事。

清野先生
「漫画家なら、ふとあっち側に行ってみたくなる時がある。夜中の2~3時頃とか、特に。だから、あー持ってかれちゃったんだなぁという印象」

奈良崎さん
「でも、たまに作品内とかでこう、死をほのめかすような発言があったりしますが」

清野先生
「俺は自然死以外で死ぬつもりはないです」

清野先生
「でもサイン会とか終わって、チヤホヤされた後に来る虚無感は凄い。もう遠くの駅とか行っちゃう。で、寂しさに耐えられなくなったら押切君に連絡しちゃう」

奈良崎さん
「やっぱり突き合っているんですよね?」

清野先生
「ぶっちゃけ○○○○○○までは行ってます」

はは、多分、冗談でしょう。

実際ホモよりノンケの方が、人前で堂々と同性同士でイチャイチャしますよね。
(すみません取り乱しました。)

長くなるので、続きは追記で。

続きを読む

スポンサーサイト
2011-11-23 14:27 : アングライベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

オタク大賞R12 特殊対談シリーズ#01『清野とおる×押切蓮介 非日常の世界』 VOL1

先週12日、阿佐ヶ谷ロフトAに行ってきた。

清野とおる先生と、押切蓮介先生の対談が行われるイベントに。


非日常の世界


5月に行ったちからのマスター生前葬も第一次世界大戦のようなことになっていたのですが、今回あの清野先生と押切先生が一緒って。

私はどれだけ作品が好きでも、その漫画の作者自身にはさほど興味を抱かないのですが、この二人に関しては激しい興味を抱かずにはいられない!

なんていうんでしょうか。

ほとんどの作家は自分の言いたい事を作品の中で主張してるから、作品を読めば、それで大体は作家本人の事を知る事が出来るの。趣味思考生き様半生等々。(故にワンパターンで量産型の作品を書く人は、それだけ平凡な思考で波風の少ない人生を歩んでいる。)

だがこの二人に関しては、人物像があんまり見えない。私生活や自分の半生を数多く漫画にしているのに、一向に本人の人物像が見えてこないんです。

普通なら、作者本人が自身を漫画にする時点で人物のイメージが固まりますよね。固まらないんですよ、どうも。

出しながらも、上手く本当の自身を隠している印象があるというのか。

こういう、露出している割に中の人がどうも不透明なのって、とにかく気になってしまいまして……。わけのわからん事を書いて、申し訳ないのですが。

更にでろでろの巻末漫画(本編も好きだけど、本編とはまた違う中毒性がある)や『猫背を伸ばして』が大好きな私としては、もう何が何でも行きたいと……。告知見た瞬間にローソン駆け込んでたよね、真夜中に。

無事前売りを入手し、連れと『部屋に確実に霊がいる雰囲気の中、清野先生を残して帰ってしまう押切先生ごっこ※』をしながら、向かいました。


清野さん「今日……泊まっていくよね?」
押切先生「……」
清野さん「今日、泊まっていくよね!?」
押切先生「じゃあまた!」
清野さん「押切くん!!!!!!」
コレ→http://usurabaka.exblog.jp/8836485/

しかし……イベントの内容は、細かく書いちゃまずいような事ばかりだったんです。全体的に。イベント中、清野さん何回「あ、これツイートしないでください」って言ったんだろう……。

とりあえず書いて大丈夫そうな事を抜粋して、まとめようと思います。はい。

出囃子の「狭い世界のアイデンティティ」に合わせ、お二方が登場。ちなみにこの日は16:30から呑んでいらっしゃったそうです……押切先生は通常運転っぽかったですが、清野先生はちょっと目付きが危険でした。



しかも今回、清野先生が登場時にマスクをしていなかったんです。いかなるメディアに出る時も、モザイクとマスク常備の清野先生が。

しかしマスクをしていない状態だとやはり少々喋りづらいようで、わずか数分でマスクを着用。着用後は、驚くほど滑らかに喋っておられました。

イベントの最初では、二人の出会いについての説明がありました。

清野さんのブログにあった「神崎君」の記事のイラストを用いて、御本人達の解説を挟みつつ、二人が仲良くなる経緯を追っていきます。

清野さんのブログの記事に沿って話が進む中、押切先生が会場に持ってきた文通時代に清野先生から貰った手紙が登場。

だが、その手紙がただの紙に書かれたものではなく、400字詰めの原稿用紙に書かれたガチ文だった。

数枚重ねられた原稿用紙。不気味な程綺麗な字。
更に四枚目にはちょっとふれた感が漂う漫画。

押切先生に対する清野先生の、ただならぬ想いを感じた。

そうして十年以上付き合う中で途中一度の絶交(※清野さんが一方的に)があったものの、今も親友で居続けている御二人は、一度も喧嘩したことがないそうです。

その理由は「お互いを敵に回したらヤバイと知っているから」。

イベントでは、お互いがそう思う切っ掛けとなった出来事も、御二人の口から語られていました。

ですがまぁ、あの……その辺は、記述を控えたいと思います。


VOL2に続く。
2011-11-18 02:12 : アングライベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

南陽の菊まつり

看板

どうでもいいけどこの看板、何かジワジワ来るな。

前回、トトロの木へ行った後に向かったのが、南陽市で催されている菊まつりです。


大丈夫です!
全然問題ありません、全年齢対象ですよ!
菊は菊でも、今回はちゃんと花の方ですから! 下半身的な方じゃありませんから今回は!
(こういう断わりいちいち入れる時点で、既にどうにかしてる。)

写真が多いので、続きは追記で。

続きを読む

2011-11-07 22:36 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :
ホーム

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。