スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

Massonの本気

私はいつ何時も、シュールというものと見えない戦いを繰り広げてきた。

何から突っ込んでいいのか分からないB級スポット。何を問うていいかもどこを見たらいいかも分からない奇抜ファッションの人々。そしてシュルレアリスム作品もしかり。

お前のようなアホに解るかよと門前払いされようが、見て感じるのは自由だぜ!

だってシュールって作り手からしたら、いかに見てる相手を難解な気分にさせるかっていう勝負でもあるんでしょう?
(シュルレアリスム本来の概要や歴史を指してこう思うわけではなく、あきらかに作り手が遊んでるとしか思えない作品や、日本語として使われる場合のシュールが指す事柄や人に対してこう思っている。)

見てる側が勝手に難解な解釈をして、最終的になんか壮大な観念に発展しちゃったり。

そんな思惑に釣られて堪るか!難解ぶりやがって、実際大した事考えてないだろ!!もしくは難解に見せかけて実は遊んでるだけだろ!!!

『反対価値並存のコラージュ』だの『禍鳥と紳士靴にまつわる膜性の関係図』だのと向き合いながら、そうして私は独り相撲を取るわけです。

そもそも他人の白昼夢に意味や答えを求めるべきではないという頭で見てるせいで、突っ込んで楽しむという鑑賞法になってしまう。やってる方が全力で夢想だかなんだかで遊んでる(多分)んだから、見てるこっちも面白おかしく鑑賞するのが流儀な気がして。

しかし今回のシュルレアリスム相撲は独りじゃありません。やはり一筋縄ではいかない親友リカイが一緒です。

2月26日土曜日。リカイと二人、シュルレアリスム展に行ってきました。

国立新美術館で開催中のシュルレアリスム展、作品数は本当に多い。混雑してたからゆっくり見ていられなかったけど、それでも二時間はいたかな。

しかしその作品群の中でも、アンドレ・マッソンの作品がいちいち目についてしまい、見るたび爆笑を誘われる。

―アンドレ・マッソンの【オートマティスムによるデッサン】【ルイ・アラゴンの肖像】【無題のデッサン】を見た反応―

リカイ「これ、絶対電話中に描いたよ!」

私「『うん、うん、あ、オレもそこの店気になってた』とか言いながら、カリカリ描いちゃったんだね」

※どんな絵なのかは、直接観に行かれるか、想像なさってください。ネット上には本気の絵(後術)しかありませんでした。

―アンドレ・マッソンの【錯綜】を見た反応―

Andr? Masson

朝日「これも電話中に色塗ったろ!」

リカイ「四時間位話したね、この感じは」

で、順路を進んだ場所にマッソンの巨大なカラー絵画が登場しようものなら「やべぇマッソン本気出した!!!!」と。

マッソンいいなぁ。

あと他にも【甘美な屍骸※】シリーズは、絶対中学の絵描き友達同士の「あ、ちょっと合作とかしたくない?」「じゃオレ一番!」みたいなノリで描いてみた!っていう風にしか……見えなかった。

いざ完成した絵を広げては「こんなん出来たウケるウヒヒ」と、いい大人の絵描きが大爆笑。アルカイックですねぇ。

※「甘美な死骸」とは、紙を折って、複数の画家が互いの 描くものが見えない状態で順に部分を描き、紙を広げたとき にできる作品を楽しむシュルレアリストの遊戯のひとつ。
【公式サイトからまんま転載】

まぁ見えない相撲は挑みますけれど、シュルレアリスムは好きですよ。

作った側と見ている側が同時に頓狂な気分になれるって、最高だと思います。


新国立美術館・シュルレアリスム展
http://www.sur2011.jp/

シュルレアリスムといえば、福島の諸橋近代美術館も大好きです。心行くまでダリ宇宙。

あと、リカイから誕生日プレゼントを貰った。

指輪

小花の指輪、春の洋服に合いそうです。
スポンサーサイト
2011-02-27 02:13 : 事件 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Deformed strawberry

この記事はブロとものみ閲覧できます
2011-02-23 22:29 : 事件 :

牡蛎祭

まさかの一斗缶。

牡蛎パーティ

まさかの牡蛎の山。

牡蛎パーティ

D門の実家から牡蛎を送ってもらい祭りを開くという、フルチンさん企画の牡蛎祭り。

牡蛎パーティ

内陸育ち&飲食店勤務経験のない人間にとって、一斗缶牡蛎はかなり衝撃的な画でございました。

牡蛎パーティ

牡蛎パーティ

牡蛎パーティ

スタジオの隅で、ぱかぱか剥いていかれる牡蛎。

半分は生コース、半分は茹でコース。

牡蛎パーティ

渋谷ミームマシンギャラリー前で、炊き出し。

牡蛎パーティ

おされなギャラリーのガラス戸が、茹で牡蛎の煙で曇ります。磯の匂いが半端ない。

牡蛎パーティ

傍から見たら、完全に冬場の上野公園(もしくは隅田川の河川敷)。

牡蛎パーティ

※赤髪の女子は歌姫、青い男性はカメラマンです。

牡蛎パーティ

牡蛎パーティ

ポップコーン持ってくるとか、D門マジ天才なんだけど笑。

牡蛎パーティ

牡蛎パーティ

実は私食わず嫌いで、今の今まで生牡蠣を食べたことがなかったんだが……生牡蛎って、美味しいんですね。

この日は牡蛎の味の他にも、履き心地のいいおパンツには変なメッセージが書いてあるという事と、SMの女王様がルーター(英語表記: router)の仕組みを勉強するとえらい事になる※という事を学びました。

言われてみれば私も十代半ばの頃、ぶっといサンセリフ体で「BE COOL」と書かれたメッセージ入りおパンツを所持しておりました。たかがパンツに冷静もカッコいいもねぇよ。

牡蛎パーティ

ご馳走様でした。


※パソコン用語にはエロスを連想させる言葉が溢れていると仰っておりました。私は「相互接続」という単語を見ると、変に興奮致します。

履き心地のいいパンツもそうだけど、商店街系ブティックのトレーナーや田舎のファッションセンターに売ってるTシャツに描かれているメッセージも相当キテるものが多いですよね……。

母親から「サクセス」と描かれたタンクトップを送られたバンドマンの話をリカイから聞いた時、真っ先に電グルのポパイポパイが脳裏に流れました。



オカマバーの髭が似合う美人ママの名前がポ~~パ~~イ~~~♪ハ~~イヒ~~イ~ル~~♪
のフレーズが特に好きです。

ORANGEORANGE
(1996/03/01)
電気グルーヴ

商品詳細を見る

オレンジは名盤ですぜ。
2011-02-18 00:20 : 事件 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

TOKYO DECADANCE =2011-02-12=

TOKYO DECADANCE

衝撃のリアルプーさん。

TOKYO DECADANCE

TOKYO DECADANCE

これすっごくいいアイデアだと思う。でもこれ蜂蜜壷じゃなくて、梅干とか入れる壷だよね……?

トランプルーム

今年初TOKYO DECADANCE。場所は大好きなトランプルームです。(上記写真は去年撮ったやつ。)

トランプルーム

TOKYO DECADANCE

クロークまでもが幻想的。

TOKYO DECADANCE

RinaNekoさんの流す音が好きです。雰囲気とかが友達のアヤコに似てて、聴いてて落ち着くっちぅか。

ところで今回のデカダンスの後、SiSeNさんはドイツにDJ修行に渡るそう。

TOKYO DECADANCE

SiSeNさんのDJが聞けなくなって寂しくなるけど、デカダンスの雰囲気や音楽は好きだから今後も遊びに行く。

TOKYO DECADANCE

昔SiSeNさんを初めて雑誌で見た時に「この人が一体どんなイベントをやるんだろうか」と物凄く疑問と興味を抱いた事を覚えています。

だけどすぐに興味がギャル文化に移り、音楽の趣味もV系からトランスに移り、ハピコアに移り、それから更にブラックに移り……と色んな音楽やクラブを転々と聴き歩いて、それで今になってアングラに流れ着き「あれ。そういえば昔この人、気になってたなぁ」と。

辿り着くまでが長い笑。

17、8歳の頃はドラァグクイーンと渋谷や新宿ですれ違うたびに「この人達は一体何なんだろう……」と思っていたのに、今はそういう場所に遊びに行くようになったんだもんな。人生ってどの方向に伸びていくのか、マジでわからないものです。

TOKYO DECADANCE

TOKYO DECADANCE

TOKYO DECADANCE

TOKYO DECADANCE

トイレで乳丸出しの白人姉さんに「吸ってもいいのよ」と言われたのに、吸う事の出来なかった私の大馬鹿野郎が!

TOKYO DECADANCE

朝日「写真はネットに載せても大丈夫ですか」

赤い方の彼「あ、じゃあ迷走中って書いておいて下さい」

私もこのブログも、彼に負けず劣らずの迷走を繰り広げています。いい加減一本道とか……ちょっと歩いてみたいよね。

でもいくら目をつぶっていても、自分の足は行くべき方向に向くんだってさ。

TOKYO DECADANCE

迷走から抜け出せる日は、来るような来ないような。

TOKYO DECADANCE

TOKYO DECADANCE

TOKYO DECADANCE

それと、一緒に行ったさくらちゃんが何故カステラと醤油(しかも500ml)を持っていたのか、よく分からない。
2011-02-14 22:55 : アングライベント : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。