スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

怪奇!! 死んだお人形事件!!

近年私の住んでいる町では、古い民家の取り壊しが頻繁に行われている。

蔵のある家や、塗りこまれたニスの匂いがする木造平屋の家が、解体されているのを見るのはどこか物悲しい。

残しときゃいいのになぁと思う。
ただでさえ見所のない場所なのにな!

更に家だけじゃなく、林や野原もどんどんなくなっている。

以前は、家の前の道路の向かいに広がっていた広大な雑木林も、いつしか伐採されて、公園の駐車場になった。

小学生の頃、同級生と古い装丁のエロ本を発見しては喜んでいた雑木林。

親に捨てられそうになった『珍遊記by漫☆画太郎』の単行本を隠しに行った次の日、狂ったような大雨が降り、結局珍遊記を自らの手で葬り去る結果となった思い出の雑木林。

「僕の虫、いつもクラスの友達のカブトムシに負けちゃうんだ」
「え、お前なんか虫飼ってたっけ?」
「うん、飼ってるよ。ダンゴ虫」

そんな愚弟のために、カブトムシを捕獲しに行った雑木林。

そう言った愉快な思い出が数えるほどしかない、雑木林。


その雑木林になんとも奇怪な物が登場したのは、私がまだ純粋な心を持っていた幼子の頃の事だ。

「ホラ!死んだお人形がいる!!」

いつの日からそれがいたのかは、分からない。

だがいつしか私はその雑木林の一角を通り過ぎる際、父のその言葉を合図に父にしがみついて、その場をやり過ごすようになっていた。

きっかけすらも、覚えていない。


前々から、そういった類の嫌がらせを父には受けてきた。

何かと私が恐がるようなものをわざと持ってきたり、トラウマにならない程度に嫌がる事を仕掛けたりしてきたものだ。※虐待ではない。

父的には、ただ子供が恐がるサマを見て面白がっているだけだったんだろうが、子供からしたら十分「ふざけるな」と言いたくなる様な事ばかりだった。

そんなお茶目な父がある日、雑木林の前を通ろうかという時に

「そういえば、こないだからあそこに死んだお人形が落ちているんだよ。恐いから、見ない方がいいよ」

そう言って、私を抱き上げて歩き出したのだ。


当時、私は三歳。


三歳ほどの子供でも、死という言葉のニュアンスが怖いと知っている。

更に元々生きていない人形が死ぬなんていう事態は、幼児の脳みそ内では想像も出来ないくらい、それはもうとんでもなく恐ろしい事だったのだ。

そして私は人形が恐かったので、余計に死んだお人形に対して恐怖の念を抱いていた。


その日からしばらく、そこを散歩や祖母の家への移動の時に通る際

「今日もまだ死んだお人形いるよ」

父のその合図を聞く日々が続く。

私はオバケ屋敷の中を歩くように、とにかく父の身体で視界を防いでやり過ごす。

ただでさえ恐がりで、「風雲たけし城」(今の若い子は知らないだろうね、ごめん。)の悪魔の館ゾーンでは、必ずストロング金剛を見て泣く子供だった私だ。

死んだお人形の近くを通るという事は、私にとっては結構なイベントだった。


しかし、半月も経たぬある日の事。

「今日はもう死んだお人形いないよ」

突然、父の言葉が恐怖の日々の終幕を告げた。

どうやら、死んだお人形がその一角から消えたらしい。

これでもう雑木林の一角の前を通る時、父を利用しなくて済むのだ。

「死んだお人形、どこ行った?誰かが持っていった?」

尋ねる私に、父が答える。


「歩いてどっかに行ったんじゃないか」


私は泣いた。


そんな事があって、十五年以上が経ったある日の事。

車で公園の駐車場の前を通った時、ふと、死んだお人形の事を思い出した。

「前、この辺に死んだお人形が落ちてたよね」

助手席に乗っていた母に、話題を振ってみる。


母は「お前、死んだお人形の事覚えてるの?」と私に聞いた後


「実はその死んだお人形って、ダッチワイフだったのよ」


ダッチワイフって、大人のアレですか?

オリエントで南極関係の方ですよね。

笑っていいのかスルーしていいのか分からぬ私に構わず、母の追撃が来る。


「Kちゃん的に(※母は父をちゃん付けで呼ぶ)幼児にアレを見せちゃまずいと思ったから、お前が恐がりそうなネーミングを付けて、あの付近を通る時にお前に見せないようにして通ってたんだって。あんた、今はもう大人だから言えるけど」


幼児があれ見ても、プールに浮かぶおもちゃくらいにしか思わないだろうに。


「口パカーン開いてるし、どうしようかと思ったって」


ああ……ビニール製のだったんだ。

確かにあの時代には、リアルなラブドールはまだ出現してなかったと思うけど。

「ああ、ビニール製だったんだ」とコメントすると、母はきょとんとした顔で


「え? ビニール以外にも、何か種類があるの?」


ごめん母さん、脳内が汚れきった人間に育ってしまって。

ちなみにラブドールは、使用した後はベビーパウダーを散布してケアするそうです。

私の心より、きっとラブドールの股間の方が繊細だネ。どうでもいいね。

自分の持つ曖昧な記憶の真相の中には、知らないでおいた方がいい事もある。

だがその中には、曖昧なままでも、ハッキリさせても、いずれにしてもしょーもない記憶も混じっている。そして物語性のない人生を送っているせいなのか、私の持つ曖昧な記憶は、かなりしょーもない率が高い。

思い出の美しさと、思い出の裏に潜む真相のギャップにげんなり。という事が多いのは、私に物事を見抜く目がなかったからなんでしょうか。

でも、ダッチワイフとか知ってる三歳児いたらヤダヨネ。


それより、元来下ネタを口にしない雰囲気の母から「ダッチワイフ」という言葉が出た事が、結構衝撃だった。

とりあえず近々、オリエント工業のショールームにも侵入したいですね。ジュエルシリーズのアリスたん萌え。
スポンサーサイト
2010-06-27 08:13 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【Winは】400Firefox越え【ご機嫌ナナメ】

先日行く予定だったイベントなのですが、予定が変わって行けなかったのです。すいません。

その代わりに、何か別の事を。


いきなりですが、私のパソコンはよく不具合を起こすのです。

最近はそうでもないんだが、購入~1年半位までの間は、しょっちゅう具合が悪くなっていた。

今でも四回に一回は、ちゃんと電源が切れない。

あげく、たまに謎の制御不能が起きる。これがとんでもなくたちが悪い。

例えば、たまたまその制御不能状態でワードのとこをカーソルで触っちゃうと、100とか開いちゃう。クリックしていないのに、何度も何度もクリックしたような状態になるのだ。

ものすごい速さで開いていく、ワード。

もちろん開きすぎで反応しないから、開ききるまで待つしかない。

びょんびょんと行き来する、なんか右下のこの部分。

不具合


不具合

あまりの動きに、笑うしかない。

しかしもっとも最悪なのが、不具合が覚醒し始めた時に、インターネット接続にカーソルがあっていた場合だ。

不具合

キチガイのような速さで開いて行く、スタートページ。

fire

あっという間に200を超え

fire

fire

しまいには開きすぎて、こんな事になる。

だが、私は伊達に機械運のない人生を送ってきていない。

こうなったら、とことんこの制御不能の発狂祭りに付き合うまでだ。

もうとりあえず開ききるまで開かせる。

fire

一回全部開ききってグループを閉じても、まだ制御不能状態が続くなら、もうこちら側から開かせに行く。

基本、こうなった場合は『ガンガン行こうぜ』でございます。

攻めるとなったら、とことん攻めたいわけです。

それが、不具合を受けて立つ者としての礼儀だと思うのだよ。

不具合

不具合

そういうわけで、今回の目標は500Firefox。


いつもイっても435Firefoxとかなんだよね、だから今回は500 Firefoxまでイかせてやりたい訳ス。

腰砕けレベルを超えて、三日間寝込む位に。

貴様の本気を見せてみろ!!!!!!とばかりに、こちらのマウスには反応しないとわかっててもクリック支援。


パソコン本体の暴走+最小化鬼クリックのせいか、なんか画面おかしくなりだした。

不具合

win不具合

win不具合

でももう既におかしいんだから、気にしない。

つか、クリックしてもしなくてもおかしくなるんだし、だったら発狂に参加する方向で。

Q.壊すつもりですか?
A.相手が望む方向へと突き進めるように支援するのが、マイスタンスです。例えそれで壊れても、相手が幸せならそれで…ああもうめんどくさい。

で、クリック支援に飽きたら、放置プレイ。

不具合見るのだるいし、もうなんでもいいですまじで。

確かにワードとお絵かきソフトは使えませんが、アナログでだってやる事あるし。

本だって読むし、風呂にだって入ります。

頃合を見て、こんな状態のアレを全部閉じる。

それでもまだ発狂が済んでおらず、また沢山開きだしたら、再度放置の繰り返し。

こういうのはぐずり出した子供か、ヒステリーを起こしている人を相手にしてる気持ちで生温く放置しとけば、その内本体の方も気が済む。

気が済むまで言わせておく、みたいなノリです。

相手は機械だから、「無視してんじゃねぇよ!!!反応しろよ無視されてると余計ムカつくんだよ!!!」って髪の毛掴まれるような事もないし。


この作業(?)の一連の流れとしては

攻める→ガンガン攻める→放置→放置→軽く様子を見る→終了。

でございます。

これがなんか、急ぎで何か描かなきゃいけないって場合に起こったら困るけど、まぁ今までも何とかなってきたし、これからも何とかなるんでないかと思う。

※この不具合はavast! の更新を毎回クリックしない事で起こっていた&その他の更新(アクロバットリーダー等)をまめにしなかった事で起こっていた不具合だと、去年末に原因解明しました。


どうでもいいけど、一昨日ちょっとした事で足に痣をこしらえたのです。

その痣が結構いい具合に出来たので、写真に収めてみた。

視覚的に痛いのが駄目な人は、ここから先は見ないように。

続きを読む

2010-06-21 19:33 : 事件 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Kロリータは余裕でケバブを食う

海外に行った事は二度しかないが、たった二度だけでも、相当のカルチャーショックを受けて帰ってきた。

しかし海外に行かずとも、この日本と言う国では手軽にカルチャーショックを体験する事が出来る。

中国人女性の密林のような腋毛を見たのは、小学生の時母と電車に乗っていた時の事だった。

中学生の時に浅草へ花見に行った時は、髪を緑に染めたモヒカンヘア&鋲の付いたジャケット着てるハードな風貌の外国人男性が、隅田川に向かって「マ゛ンマ゛ァァァァーーーー!!!」と叫びながら号泣している現場を見た。


そして先日は、原宿でとんでもないロリータを見た。


ロリータはロリータでも、韓国人ロリータだった。
しかも二人。


歌の一番いいとこで「けみょーーーーん!!!」とシャウトする韓国のヴィジュアル系※にも衝撃(つか笑撃)を受けたが、この時に見た韓国人ロリータも凄かった。


多分20代前半だと思うんだが…両者ともノーメイクで髪も手入れなし(うち一人は眼鏡)、あげくにタイヤみたいな柄の靴下を履いてた。

服装もドンキのパーティグッズ並のクオリティという状態だったが、そこまではまだ大した問題じゃない。

問題は、彼女達が持っていた食べ物にある。



ケバブ食いながら歩いてんだもん。その二人。


ロリータがだよ?


いちごやケーキしか食べず、無機質で無愛想で、何ともリンクしない自己完結の存在を目指すロリータがだよ?
※あくまで個人的なイメージ。

ケバブ食いながら歩くロリータ、始めて見た。

純粋なロリータファッション愛用者から「そんなのまずロリータじゃない」と言われそうだが、見ちゃったものは仕方ない。

その二人が抱えているバッグからは、綿毛の付いたステッキ(多分クレアーズ)がはみ出していたし。

信号待ちの際、思わず二人の会話に聞き耳を立ててしまったよ。

大部分は何言ってるか分からなかったけど、「エイチナオト」だけは聴き取れた。


※コレ


※ニコ動空耳バージョン

私は好きですよ、このアチャーッぷり。


さて。最近怪しいイベントに行ってなかったのですが、今週末、久しぶりに行って来ます。

クラブワルプルギスという、渋谷青い部屋で行われるイベントです。

初参加なのでどういう雰囲気かは分からないのですが、フツーのクラブだと聞けないような音楽が聴けそうです。

舞踏もあるので楽しみ。

ところで私がクラブに行くようになってから、もう10年が経とうとしています。

ユーロビート(パラパラ)から始まった己のクラブ人生が、どんどん変な方へひん曲がっていきます。

きっと肌の曲がり角の前に人生が曲がってしまった人間は、自然とそうなっていくオチなんでしょう。まぁいい様だと思います。
2010-06-18 00:42 : 雑記 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

割れないシャボン玉には糊が入っている(追記しました。)

アヤコが出るというので、コスプレ完備でアゲハに行ってきた。

久しぶりに会う友達沢山居て楽しかった!

ageha


ケーキが大家族のバースデー状態になったりWaterでシャボン玉飛ばしまくって手ベタベタになったり。

つか飛ばしたシャボン玉を食べてた人が何人かいたけど…あれ、身体に有害じゃないのかな。

しかも普通のじゃなくて、時間が経つと割れにくくなるシャボン玉※って言うのを飛ばしてたんだぜ。

※普通のシャボン玉の液と違って、液がねばねばしてて、アラビックヤマトの匂いがする。

まぁ深夜二時過ぎからっつーのは、みんな飲みすぎてわけわからんくなりだす時間帯だから、しょうがない。

しかし、やっぱり女子を見るのはいいね…!
可愛い子見てイキイキしまくってきた。

通常運転(コスプレ)でフラフラしてたら、女子集団にビックリされたけどな!

すまんね、頭が年中ハロウィンで…。

ageha

ageHaはカメラ持ち込み禁止なので、あんまよく写真撮れなんだ…。

で、ageHaから帰って、そのまま日光方面へ行ってきた。

ほんとはB級スポット行きたかったけど、体力の問題があって…ちょっと色々見る元気が無かったので、蕎麦食べてその辺見ただけ。

日光

でも行く途中に、一つだけ確認したい場所には寄って来た。

日光

去年発見した、ここです。

去年見た時より、展示品がちょっとパワーダウンしてたけど。

日光

日光

日光

謎の…金物屋?塾?とにかくよくわからん場所。

日光

日光

箒や鎌や軍手がメインの商品ぽいっていうのは分かるけど、それ以上の事はまったくよく分からない。

日光

祭り、ゴム長、体験学習…これらから一体何を連想しろと。

日光

これはワニ?

日光

日光

顔の部分が破損しているのか、なぜか後ろ向きに配置されている。

日光

ここの店主には、この空間センスをより極めて欲しいと思っています。
2010-06-14 06:05 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

日本一怪しい美術館

栃木県の益子にある、日本一あやしい美術館と言うところに行ってきた。

日本一あやしい美術館

そこは美術館と言うより、個人で制作したトリックアートを個人の施設で展示しているという、俗に言うハンドメイドの施設。

もう、想像以上に凄かった。


日本一あやしい美術館


まず、施設が営業していない。


日本一あやしい美術館

アートなんだかマッサージなんだかわからんけど、どっちも営業していなかった。

日本一あやしい美術館

日本一あやしい美術館

この有様がもはやトリック。

日本一あやしい美術館
日本一あやしい美術館

いつからやっていないのかは知らないけれど、かなり長い年月放置されているような気配はある。

ネットで調べた限りは絶好調営業中の情報しかなかったので、拍子抜けと言うか、逆に大爆笑。

だって芳賀町の観光案内にも、まだ施設がやってるような雰囲気出てるんだよ?

http://www.hagakanko.com/trick/index.html

朝6:00~夜6:30までやってる気合過多な施設だよ?

以前は施設手前のサンクスにでかい看板が出ていたらしいのですが、その看板も撤去されてて、今は何の広告もない状態だった。(車内から写真が撮れなかったので、その看板の写真はないのですが。)

まぁそれでも、なんらかの残り香はあるだろうと潜入。

日本一あやしい美術館

日本家屋と首長竜。外しテクというやつでしょうか。

日本一あやしい美術館

この注意書き見た途端、この場所には不審者も近付かないと確信した。

日本一あやしい美術館
日本一あやしい美術館
日本一あやしい美術館

だって、かつて展示されていたであろう絵が、ドアのない小屋の中に無造作に積まれているんだもの。

日本一あやしい美術館


これ盗む人は、なかなかおらんでしょう。


日本一あやしい美術館
日本一あやしい美術館


家主が居れば全部見たかったんだが、居ないのでそうもいかない。

日本一あやしい美術館
日本一あやしい美術館

動物コーナーもあるのか…と思い近付いたら、いるのはチャボだけ。

日本一あやしい美術館
日本一あやしい美術館

しかも、置物。

もう笑いと感傷が同時にこみ上げてきて、どう気持ちを表していいのか分からない。やっぱ大爆笑しちゃったけど。

日本一あやしい美術館

これ以上は屋外に何も残されていなかったので、早々に撤退しました。

これさぁ…出来るなら観光協会のHPから消した方がいいと思うわ。

それと昨日、母S子がまたやりやがりました。

猫

The conekoです。生後一ヶ月位か?

約一年ぶりの捨て猫遭遇。

猫

腹が減っていたらしく、よくお食べになります。

猫

早く貰い手が付くといいんだけどな。
2010-06-06 02:52 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。