スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

ヤマジュンカルタ

「世の中には、山川純一カルタというものがある」


いきなり、友人のぎんちゃんが言った


〇山川純一とは?〇
説明めんどくさいから、アンサイで読んでくれないか
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E5%B1%B1%E5%B7%9D%E7%B4%94%E4%B8%80

あれです、「うほっいい男!!」の創世者であり、強烈な薔薇度数を誇る作品を多数世に発射した漫画家です


で、カルタとは

お正月とかにやる、あれです

百人一首は「歌がるた」というらしいですよ


ヤマジュンfeatかるた

こんなんじゃないかと、予想してみる


『あ』
あおおー


『あおおーっ!!』












『う』
うほっ
『うほっいい男』














『お』

一番セクシー



『おれが一番セクシー』










『や』
やらないか


『やらないか』



絶対「や」はコレだ!!!!と二人でうなずいてしまった
そろそろ歴史の教科書に載せたほうがいいセリフだとおもう


そして、最終的に現物写真を見つけちゃった私がここにいるわけだが


やまじゅんかるた



すごく…欲しいです…



文章、長くね?
文章、ながくね?







そんな会話で盛り上がったついでに、「ヤマジュン鬼ごっこ」も派生させといた

○ルール○
*鬼を見たら「うほっいい鬼!!」と言う
*鬼はつなぎ着用(公式ユニフォーム)
 「やらないか」といいつつ、チャックを開けながら(出来たらモノを出しながら)追いかける
*捕まったら、公衆便所に連行される

他の素敵鬼ごっこは…書いてあった日記を消してしまったので、あとでまた書きます


やまじゅん作品 まとめサイト
http://yamakawajunichi.blog5.fc2.com/

やまじゅん作品のセリフテンプレ&登場人物
http://ootanigyoubu.hp.infoseek.co.jp/index.html

トンデモカルタ コレクション
http://homepage3.nifty.com/hirorin/karuta.htm
鳴きたい時








「泣きたい時」と「ビルを作るぞ」で笑死


うんこかるた
http://www.panet-jp.com/unk/
これで、君もうんこのエキスパート!!!

うほっいい音楽!!
http://storage.irofla.com/?name=kusomiso&type=swf
さいごにもういっちょーハイ
スポンサーサイト
2007-08-28 01:25 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

苺の逆襲

SNSから移転日記

書いた日付けは、忘れた



毎冬、我が家では苺を苺農家から購入するのです
そして、シーズン終わりになると、農家の方が、好意で苺をくれます
苺1







あ、上の方にある無数のコップは、猫共の水飲みコップです…



形がよくない、小粒、という理由で店頭に出せなかった苺ですが、味は変わらないし、そんな理由で売り物にならないなんて、勿体ない

むしろ、この売り物にならなかった苺の方が、私にとってはメインじゃけん


だって


風貌が見事な個性派揃いで


もう、私苺一つでどえらく楽しくなれるもん


私、CD二枚組みのアルバム買うと、必ずDISC2から聞くですよ

中学時代、島崎藤村を、合作のペンネームだと思い込んでいたしな!!!
※島崎&藤村


もう楽しくなりすぎて、突然脈絡のないことを言ってしまう
ダメ人間マッシグラ


あー疲れた


そんな猛者たちの中から、よりすぐりの強者達を集めてみた


「四次元ベリー~ダリに寄せて~」

苺3 四次元












「苺とマンドラゴラのハーフ~元気な男の子ですよ、抱っこしてあげてください~」

苺2 ちんこ












「ごまの集合霊 “…来る…緑の粒々が来る…!!!!!!” 」
苺4(ゴマ)













「耐久性0という恐るべきグローブ “ピッチャービビッてルー” 」
グローブ












「胡蝶 肥満体」
苺 ちょうちょ

ボッシュやエルンストの絵に出てきそうな、ロマン溢れる苺です




タイトルと部屋着のセンスは醜悪ですけど、味はべらボー美味ス


苺で有名な県の大半の子供は、幼少時代に苺の食べすぎで吐いた事があるって、ご当地ネタ本に書いてあったもの
(※かなり信憑性の高いデータです、少なくともうちの家庭では100%)



てーか、ゴマ密集してるやつ、くしゃおじさんに似てるな
精神状態がよくないときに見ると、なんか別のものに見えそうだ
2007-08-28 01:23 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

怪しい少年少女博物館 その1

SNSより、移転日記

2007年 2月20日

こんばんワイナリー


6年位前に、熱海の秘宝館(エロスミュージアム)に行ったので、今回は外装からしてかなり逝っちゃってる雰囲気の漂う「あやしい少年少女博物館」に潜入した

外観







そびえ立つ巨大人面ペンギン
怪しいペンギン






元は、ペンギンのテーマパークだったらしいが
元のペンギン




(2回目のご登場)
怪しいペンギンこんなモニュメントに無理やり作り変えてしまう、恐るべきオーナーのバイタリティー

小ペンギンが人質として囚われている、かわいそうにね





建物の窓から覗く無数のマネキン

窓からマネキン


何か言いたそうですよ、こっち見てます

モロ木造の建物の入り口付近には






シーサー&河童と少女&不動明王像という、詰め込み過ぎて何がしたいのか全く見えないお出迎え軍
河童と女


私と弟は、「頭おかしくネ?www」とライトなテンションで入館しました


入館後、チケット売り場付近には、姫様(はしのえみ)のサイン
はしのえみ


入り口のみやげ物売り場には、「自殺マニュアル」「殺人マニュアル」「薬物辞典」系の本が販売されていました
温泉街はそういうの多そうだからね、命は程々に大切に


少し足を踏みいれると、マネキンファッションショー戦後~60’のお出迎え

マネキン1


少し進むと、お稲荷さんコレクション、びりけん様像に等身大綾波レイや観月ありさの「お正月を写そう」のPOPがあり



SMショーもあるみたいですよ
SMスペース


とっても動きやすそうなファッションですね
つかモザイクでかすぎるよ、昔のエロ投稿雑誌みたいです


なんか危険な香りがこの辺からプンプンします

レトロなんだかカルトなんだかグロなんだかね

エロは別にいいんだけどね、危害ないから


その2に続く
2007-08-28 01:22 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

怪しい少年少女博物館 その2

1階を多い尽くすのが、歴代のおもちゃやヒーローグッズシリーズ

おもちゃ







マネキンの足元に無造作に置かれた昔のファッション雑誌や、ノストラダムス本にも目を奪われるが
ここで、ライオン丸とか月光仮面に目を向けちゃいけない
月光仮面







奇妙なロボット型扇風機や、セガサターン(適当に置かれすぎて、ちょっと傾いてる)や、初代アイボに目を向けるのが@クオリティ、つーか、セガサターンのあまりの扱いに吹いたwww
アイボなんかのゲーム機


多分、マニアにはたまらない品も多々あるんだろうが、私はあまりそういうのに詳しくないのでスルー




ピンクレディー

で、なんでそんなにピンクレディーをアピールしたいんすか?









さて、問題は2階です


「ここ、絶対なんか、いる!!!!!」という感はある私、2階には行ってはいけない様な気はしていた

でもどうせ来たし…と、変にけち臭い事を思ったのがいけなかったな


その3に続く
2007-08-28 01:20 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

怪しい少年少女博物館 その3

2階に上がりましたよ


…うーん

コレはイケナイな


あがってすぐに、歪んだ顔のお地蔵様4体と、人体饅頭的なオブジェと、オブジェをほほえましい眼差しで見つめているぬらりひょんがお出迎え

ぬらり


妖怪の大総統も暇っすね
助けて鬼太郎


BGMが、ブードゥー教とか、邪教系のお経(?)かなんかorお化け屋敷のBGMかわからないけど、とにかく「ヴぉをわぉぉぉぉん…ヴぁおぉぉぉぉん…」みたいな、呪う気たっぷりの重苦しい音楽で


足は踏み入れなかったけど、絶対グロと猟奇ゾーンであると思われる一帯はやけに照明が暗い


館内に設置された小屋の屋根でウンコしてる幽霊姉ちゃんもいます
うんこしてる?



幽霊のウンコは何色ですか


立ち尽くす私の前で、カップルがレトロ妖怪プチ集合のショーケースの前で「わー、おもしろーい、超きもーい」とはしゃいでいて、中年夫婦の妻の方が、奇形の双頭牛の模型の前であくびをしていました


お前らの、その余裕はなんだ


大集合の様子
ホラースペース




真正面のお嬢さん、親しみやすそうな顔してます


多分、怖がるほうがおかしいんだろうけど、いやいやイケナイぞコレは、という私のレーダーがビンビン背中に響いていたのですよ

レーダーが限界に来たので、1階に下りたら、2階から「2階マジやばい^^」という弟の声が

1階と2階は吹き抜けになっているので、下から弟を発見し「いや…2階は…」と言いかけたが、まぁ弟もいるなら…と思い、再度別の階段から2階へ(2階へ行くには、2つ階段があるのです)

2階の渡り廊下には、下を見下ろす感じでたたずむ一人のお兄さんマネキンがいて、お兄さんのお見麗しいお顔を期待して前を覗き込むと、笑顔でセルフ内臓むき出しのゾンビマネキンがそこに…弟はモロにみたらしいが、私は危険な事はしない主義なので、覗き込みませんでした

上ってすぐに、呪いのわら人形コーナーにまず目を奪われる

呪う準備オッケーでございます
呪う気満々300円です


こノ呪ゐノわら人形コーなーでハ
300YENでわら人形セットを購入デキマス
せっトの紙ニ、あンな事ャ、ソンな人ノ名前をカイて
レッつ・五寸釘!!


人形を打ち付けるための木には、無数のわら人形が…恐ろしくて、わら人形コーナーには近づけませんですた…人を呪わば穴二つですから!!!どうせなら、わら人形に名前を書いて、杭を打たれると、人形に書かれた名前の人は幸せになるとかそっちの方向にしろ!!!もしくは、呪わなければならない人間とうまく付き合えますようにとか、そっちの願掛けをしたらいいじゃないですか


あまりの恐怖で、おもわず正論を言ってしまった自分が情けない


そのゾーンには、弟も行きたがらなかったので、渡り廊下を挟んだ向かいの別のゾーンに侵入


しかし、ゾーン入り口に立っていたのは、おみくじでデコレーションされまくったマネキン

おみくじ人形


いい事がありそうです




そのゾーンもグロ度数が高く、髪が伸びる人形のショーケースやら、グロフィギュアを集めたショーケース等が…しかも、グロゾーンの横は、なぜかマリリン・モンローコレクションのショーケース
支離滅裂すぎるおwww

モンローコーナーじゃなくて、マリリン・マンソンコーナーだったら、理解できたんだけどな

ゾーンの中心には、甲羅を割られた巨大亀
亀

巨大亀の開かれた甲羅の中で、乳を揉みしだきながら悶える、なぞの爬虫類ギャル人形
亀の中身
外には、「怪しい夜の小学校」というお化け屋敷があったのですが、そこには入れませんでした
満場一致で「これはまずい」ということになったからです






感想として
「なんか、呪われた感がすごいんですけど」


始めてサブカル雑誌を読んだ時の、内容をジュリしきれない気持ちを思い起こさせてくれる場所でした


お見送りの陣
外の置物

「バイバイ、またね~」


怪しい少年少女博物館公式HP
http://ayashii.pandora.nu/

写真の人形の写真は、サイトからの拾い物です

サイコトルチョック様
http://pirori.exblog.jp/640111/
2007-08-28 01:19 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。