スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

カオスチャイルド

倉庫を掃除していたら


幼き頃(つっても、多分小学時代)に使用していたスケッチブックが出てきた


中身を見て、一ページ目に


こんな禍々しい文体が
sukettti


こわいよ パパ










「私は、けっ婚ゆび転は、
 宝石のところに、チョウクを
 つけたゆび輪がほしいです。
 けつ婚した人がうわきをしたり、
 ぼう力をしてきた時に、道ろに、
 ゆび輪についたチョウクで、された
 ことを書くことができるからです。」


だそうですよ


誤字 指輪→ゆび転
(なぜか、2回目以降はきちんと「輪」と書いているあたりと、明らかに「指」や「結」という漢字よりも難しい「婚」や「輪」を漢字で書くあたりと、「チョウク」のあたりに、得体の知れないこだわりを感じる)



解説したら
「宝石の代わりに、チョークの付いた結婚指輪が欲しい。伴侶が浮気したり、DVが起こった際には、指輪に付いたチョークで、そこらへんの道路に悪口書きまくれるからな。」
てことか


頭いいのか?ものすごい馬鹿なのか?


若かりし頃の自分よ



で、その裏面にはこんなキャラが潜んでいた



カオス1




…幻覚?









更に、スケッチブックには、ノートの切れ端が挟まっていた

スケッチブックに描ききれなかったから近くにあったノートに描いたんだろうが

描いてあったものは



シーナさん



シナサン シナサン ヤホー










こんなの、とっておくなよ…母ちゃん



昔、椎名誠さん(作家)が出ていたエドウィンのCMを見て描いたんだろうが



このセンス…


チャックと馬のおもちゃに絶望


他人は何考えてるかわからんが、昔の自分が考えてることよりは、他人の考えている事の方が分かる気がしてきた
スポンサーサイト
2007-06-29 01:14 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

暗黒舞踏

052b2f03.jpg最近、暗黒舞踏やコンテンポラリーダンスの映像をみている


アウェイというか、着手したことのないジャンルだが


暗黒舞踏の基を確立した土方巽の言葉が好きなのと、それっぽいものを踊る機会が、もしかしたら巡って来る機会が来るかも知れないため、たまには真面目に予習をしておこうかと

※元のスタイルはブラックだが、ステップは単なるオマケとしてやってただけで、別に音にあわせれば何やってもヨシという感じでやっていたため、音楽がどういうものでも、あまりスタイルを気にせず踊る大雑把な体質になっている

ブラックダンスを踊るダンサーの表情を見たときの第一印象は、「おもちゃを買ってもらった時の子供みたいな表情で踊るなー」と思ったが




暗黒舞踏の第一感想は





カオス



「   ポカーン   」





初めて映像を見たのは大学の講義でだったが、正直、「こ、これは…」と衝撃を受けて以来、トラウマに近い状態になり、それ以降興味が湧いた



暗黒舞踏の映像と


ラーメンズの「日本語学校フランス編」を授業で流した身体表現の先生

ラーメンズ





センスに栗鼠ペスト


こっち系の舞踏は完全に抜いた状態でやるらしく、極めてる人の舞踏を観ると、正直言って、踊っている時は完全に知○遅れの様な表情になっている



極めてピュアな状態ということなのだろうか


確かに踊っている時は意識がトンでるが、私のそんな状態とは比にならない位
上を極めた人間のトび方は、ミラクルです、いろんな意味で


ただ、ものすごいピュアな状態と、極限に達する寸前(極度の緊張等)の状態は、けっこう似てるんですよね


感覚的に


混沌としているけど、ものすごくクリアに悟ったような感じというか
中身があふれ出しそうなんだけど、実際中身は何も入っていないような感じというか
なんていうか、台風の目の中に入ったような感じというか…


上記を見てのとおり、うまくいえないけど


その二つをうまく使いこなす…というか、バランスを取りつつ両方を同時に感じていられるっていうのは、そうとう精神力がいるんだろうな…と


(わけわかんないこと言ってすいません)


とりあえず、音の間と、タイムストップ(静止)を使いこなせれば、なんとか雰囲気は掴めそうなので、引き続きカオスな悦を鑑賞しようと思います

集団白塗り
2007-06-21 02:32 : アングライベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

SM議論その1 慰め方で見るSとM

SM論文 その1


「慰め上手は、Sが多い」


どーでもいい自論なんですが
人を慰めるのが巧いというか、慰めるツボを突くのが巧い人間は、Sが多い気がするんです。


S=暴力的、支配的


ていう方程式が蔓延していますし、S的には、Mの気持ちなんかどうでもいいと考える方が正しいかと思いますが、あくまで主導権を握るのはSのほうであって、主導権を握るには、バイオレンスな部分や支配欲に加えて、それなりのマインドコントロールが出来ないとだめだ、とボクは思います。


人に暴力振るうのは、誰にだって出来るんですもの。


相手の心が今何をされたいのかを感じ取って、そこをうまく刺激するのが真のSだと言いたいのです。


でも、その何をされたいのかや、何を言われたいのかを感じるのって、別の考え方したら「思いやり」じゃないか?


それは、SとかMとか以前に人としての基本だが。


その、思いやりの中でも、ちょっと心の交流の濃度が高めじゃないと出来ないのが、相手を慰めるっていう行為だと思うのです。


上辺だけで慰めようとする奴は、なんか下心があるか、別に何も相手のこと考えてないでいい人ぶりたいだけだし


で、私は、そんな行為の中に、うおお、アンタS様だ!!と、Mだろ、お前。みたいな慰め方する人間は特徴があるという事を見たんです。

Mな慰め方をする人間は、相手の辛さを共有して、自分が過去味わった辛さ(もしくは今味わってる辛さ)とを重ね合わせて、慰めるというよりは、相手の話を聞きつつ、合間合間で自分の体験や味わった苦しさ等を話し…という感じで、とりあえず傷ついてる相手の辛さを半分吸収しようとするタイプ


Sな慰め方をする人間は、自分の体験した境遇や体験から学んだ辛さ等、私情を一切持ち出さず、相手の現状と今相手が感じている辛さをとことん聞き出して慰めるタイプ


だと、私はみています。

どっちがいいかっていう話はこの際おいといて。


Mの方は、辛さの共有という行為も混じっているのに対し
Sの方は、自分の私情なしで、相手に接するスタイルをとっている。


これがどういう事かと言えば、Mの方だと慰める側も、相手を慰めると同時に自分の傷の昇華を行っているわけで。

Sの方は、自分の状態はどうであれ、とにかく相手の心がどうあるのかを読む方に徹底している。

(なんか、SかMかっつーより、男の慰め方と女の慰め方の違い※みたいになってきたが)

まぁ、ぶっちゃけ言えば、S的には、慰めるっていう行為も、一種のプレイなんですよ。


人って辛い時、心の感度がめっちゃあがってますやんか。

内臓ムキ出し状態も同然で。


その、弱っている相手のむき出しのブロークンなハートを
こう、「よ~し、よ~し、幸かった、、辛かったな、よ~し」
みたいにして…。


まぁまぁ、いい具合に刺激したくなっちゃうのがサディストなのですよ 。


そういう意味では、Sにとってはある意味慰めトークは攻撃であり、静かなプレイなのです。


どんな言葉をどこで言えば、相手が「うぉぉお、そうなんす!!そうなんすよ!!自分辛かったっす!!もう泣かせて!!!てか抱いて(!?)!!!」てなるかを、計算しながら慰めるワケね。


プレイって言い方(捉え方)だとなんかムカつくけど、どうせ慰められるなら、気持ち良くなる慰められ方された方がいいじゃないですか、人間だもの!!


(ついでに言えば、Sは甘えさせ上手でもあります)

人間は、欲してる言葉や思いもよらない優しい言葉をかけられた時、とことん無防備になりますから、そこを一気にガーッと巧みな優しさで攻めて……。


相手が「つらかったっす!」てなってるのをただ眺める&いいとこまで慰め尽くすのか

「肉体的にも慰めてやるよ!!カモン!!」ていう方向に行くのかは

それはまぁ各個人の自由ということで…。


いい具合にぐたぐたになったとこで、そんな見解から、慰め上手にはSが多いのだと思うのです。



追伸・「Sは、慰められる事が苦手なタイプが多い」
普段人の心を読んだり人をいじったりする方に徹底しているので、自分が逆に責められるとやる気をなくす+どうしていいかわからなくなるのです。

てゆーか、何だ、この文章、論じてるってレベルじゃねーぞ。



※(男と女の慰めうんぬん↓)

男は解決策を打ち出す様な慰め(慰めというよりは、アドバイス)をし

女は辛さの同調をする事で相手を慰める(つーか、解決方法とかはどーでもいいので、とにかく私の話を聞けやテメェ、と)
2007-06-15 01:02 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

SM議論その2 自己主張で見るSとM

「SはサービスのS
 Mは満足のM」

という名言を昔、友人が吐いた事があります。

Mは、わがままで自分の欲求をかなえて欲しい(快感を求める)考えを強く持ち。

Sは、調教とか何とか言ってるけれど、結局は相手を開発したい、育てたいみたいな気持ちがあるわけで

それが上手い具合に絡まったのがSMプレイと…

SMの女王様は、SMクラブの面接試験のときにMの役をやれるかどうかをテストされるんだそうだ。

Mの気持ちが分からないと、S役は出来ないからだってさ。

(この記事を書いた数年後、今はSMの女王様の講座があることを知りました……今はMやらなくても、ストレートで女王になれるらしい。)

こんばんは、なんとなく勢いだけで第二段です。

ただし、SM素人が書いてるので、素人丸出しな部分には目を瞑ってください。


男性でも女性でも、自らを「俺(私)Sなんだ~」と言う人は、完全なMっていう事から話を始めようかと思うんですが

結論から言うと、自己主張をさほどしない人間程、Sの可能性が高いんすよ。

自分にばかり興味が行く(自分がどう見られるかがすごく気になる)のがMだとしたら、自分の周りにまず気が行く方はSだと思う。

芸能人にMが多いのは、常に周りの目線を気にする環境に自ら自分を置くから。
(もちろん、全ての芸能人がそうとは言いませんよ)


自分の事をあまり喋らず、一見穏やかで気配りが上手い人は、S度数が高く
逆に、自分の事をべらべら喋る、感情的、攻撃的になりやすい人は、M度数が高い


Sは、自分の意見でおおっぴらに周りを動かすのを好まないからだ。

策略的とでもいうのか?

面と向かって自分の意見は言わずに、さりげなく相手に賛成する振りして、相手の言動を相手に気付かれないように誘導し、徐々に自分の思い通りに動かしたいと考えるはず。

こう言ったら、こう反応して、次はこう動くはず、と。


あ、ちなみに親切を押し付けてくるのは、Mの振りしたSの可能性が高いっすよ。

表面は礼儀正しくて、紳士(もしくはおしとやか)な人間が、実は頭をフル回転させて人を操ってるって言うの、なんかものすごい図だな。

で、極度のMは、こう言ったら次はこうなるかな?というところまでしか考えない事が多い(個人差はありますが)。

それは、相手を支配しようとは思わない上、支配はせずに相手に依存する性質上、嫌われたくないっていうのが、先に来るから。


本当に酷い例えを出すと、虐待されたり、親に冷たくされて育った子供は、ドSかドMかに育つものだと思います。


常に親の顔色を見ていて、こう言ったらこう言われる、なんで怒られるかわからないところで殴られる、みたいなのが続くと

親の行動を観察する
 ↓
パターンが分かる

流れ的にはこうなるな。


で、「それでも愛されたい、嫌われたくない、いい子にするから」っていう、愛情を求め続ける方に行くとドMに。

「なんかもう無理っぽいんじゃね、分かりました、もういいです」っていう、期待を捨てる方に行くとドSに。


潜在的な資質もそうだと思うけど、育ち方や環境でSかMかは決まると思う。


極端な育ち方をした人間ほど、色濃くS気質かM気質を持っているのはこのせいなんじゃないかと…。


ただ、勘違いしべきじゃないのは暴力好き=Sではないと言う事だ。

それはただの暴力主義の馬鹿位の見識でいいと思います。

そこまでいっちゃうと感受性の話も絡んでくるので、今回はこの辺で。

ただし、これはただの考察なので、信憑性は一切ないです。

人間は、誰しもSM両方の気質を持っているから。



あとですね

脚フェチ・胸フェチはM
尻フェチはS

という事も聞いた事がありますが…私、特にSじゃないけど尻が好き。


普段威張っている社長や、地位の高い人間にMが多いというのは有名な話っすけど、それはまた今度…書くか書かないかわかんないけど。

tag : 雑記

2007-06-14 01:31 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ラッキーアイテムは無意味だと思う件

「シモネタプリンス!!まだ諦めてはなりません!!」

「フフ…“蟻の門渡り”の意味も知らないボクに、プリンスの座は重すぎたのさ…」

「お戻りになってください!!」

「あばよ、いい飼い主に出会えるといいな…」

「シモネタプリンスー!!!」

「しつこいぞ!!オレはプリンス失格じゃけん!!」

「貴方ほどの変態は、あなたを置いて他におりません!!」

「なっ!貴様、ボクはまだ貞操を守っているのだぞ!?」

「貞操ではなく、本質を言っているのです!!」

「ワカンネー」

「この馬鹿!!変態!!プリンスなんて死んじゃえうんこ!!好き!!!」


ハイ、皆様おひさしブリーフ


パンティ


早速何事も無かったかのように、本題に入ります。


朝のニュース番組や、世の牝共のバイブルとなっている女性誌に、よく占いって載ってますよね。


血液型だの星座だの、何かにつけて占い占いうるせーなと日々思っているんですが、その中でも私が一番理解に苦しむのが、「ラッキーアイテム」とか言う項目なんですよ。

色がどうとか、風水がどうとか…。


アイテムを振り分ける占い師、よくネタ切れしねぇな、と思…

…ちょっと今から振り当て方とかについて、調べてくる。


ウィ、調べてきましたよ、グーグルで。


なんか、大体は、占い師の頭の中に沸いた占いの結果のイメージと重なるものを、その人のラッキーアイテムとして決めるみたいっすよ。

例えば、緑で丸いイメージが浮かんだとしたら


緑で丸い→ずんだもち


のような…。


いうなれば、アイテムを決める際に連想ゲームの要素が求められるんですね、ご苦労様です。


アイテム決める占い師、絶対アイテム決める時にいろんな本やテレビ(とくに料理番組とファッションや流行モノ特集とかやってる番組)見てそうだな。


占い師が、「あああ!アタクシの馬鹿!!赤くて平べったいイメージなんか浮かぶんじゃないわよ!!赤くて平べったいものなんかねーわよ!!」とかぶつぶつ言いながらラッキーアイテム決められてたら、すげー嫌。


そんな、占い師の苦労(※勝手な想像)をちょっと想像したが


やっぱアレ、わけわかんねーよ。


真冬に「あなたの今日のラッキーアイテムはビーチボール」とか言われたら、どうしたらいいんだよ


「ラッキーアイテムがハンドベルだったので、持ったまま登山したら熊避けになりました、本当にありがとうございました」

あるあ…やっぱねーよ!


ためしに、とあるラッキーアイテム占いサイトで、名前と今食べたいもの(ちなみに焼きソバと入力しますた)を入力して占うというのをやってきた。

結果

「@さんのラッキーアイテムは、しじみです…
 あなたの開運下着はサランラップです」

しじみ、食えないんだよな。


食うとたまにジャリっていうじゃん…その瞬間なんか鬱になる。


あと、サランラップ身体に巻くのはいいんだけどさ、その方法をやっても痩せないんだよ、知ってた?

ただ水分が出るだけだから、結果的に脂肪が燃焼してるわけじゃないらしいよ。


うーん…これはアレだな。

いっそ私、作家になったら

『今日のラッキーアイテム』

とかいう本、出すわ。


テキトーに300ページ位ブワーっとアイテムだけ描いといて

気分でパっと開いたページに描いてあるアイテムが

『今日のあなたのラッキーアイテムです☆』ていう…。

小学生位なら、引っかかってくれそうじゃねーすか。これ。

そこのお前、パクったら死なない程度に鈍器で殴るぞ。


ていうか、少女マンガ雑誌の付録とかにそういう小冊子ついてそうだな…。

アイテム考えるのメンドクセ^^

やっぱやめた~。


ちょっと焼きソバ食ってくる。

tag : 雑記

2007-06-09 23:42 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。