スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

【2014】デブカワnight【VOL6】 その3

 VOL2の続きです。深夜の新宿地下を揺らす混豚のステージは、まだまだ、朝まで続くのです。

 減塩さんの次に始まったのは、城之内まりなさんのぱい♥ずりショー。
 選ばれたお客さんが数名ステージに上がり、城之内さんの極上マッサージを受ける。
(過激なので、写真を載せられないのが残念です。)

満面の笑みでマッサージの順番待ちをする男性を見た司会者二人
「こんな大人のピュアな笑顔、見たことない!」
梅木さん「これ、帰り道死ぬフラグだぞ! パイズリで走馬燈を見るぞこの人(選ばれたお客さん)!」

 ……ちょっと待って、走馬燈で思い出したけど、私デブカワnightで走馬燈見たことがあるんですよ。しかもその走馬燈見たのが、この城之内まりなさんのパフォーマンスでだったんです。詳しく書くと長いので……というか、もう既にそれについては以前雑記で書いたので、おっぱいと走馬燈の関係についてはこっちの記事(http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-642.html)を読んでいただきましょう。

 お客さんへのサービスのあとは、ぱい♥ずりデモンストレーションタイム。

 IMG_2773.jpg

お客さん「xvideoかよ」
梅木さん「解像度が違います!!!」

 A1のポスターを綺麗に印刷できる位、解像度高いショーだった。

 続いて毎回恒例、LUUさんの撮影会。今回は審査員として参加されていたLUUさんですが、撮影会はデブカワナイトに欠かせないコンテンツの一つ。今回もナイスセクシーでした。


IMG_2779.jpg


梅木さん「すじざんまい(語感で察して下さい)!!!!!! 」


IMG_2785.jpg


 続いて女優でありパフォーマーでもあるアイハラミホ。さんのショーステージ。


IMG_2791.jpg

IMG_2797.jpg

IMG_2815_20141108215501e2a.jpg

IMG_2820.jpg


 圧巻のパフォーマンス。


IMG_2841.jpg


 そしてアイハラミホ。さんの衣装をさりげなく片付ける田実さん。

ショー後のアイハラさん「私の時はセクハラインタビューとかないんですね」
住倉さん「いやぁ何かそういう対象じゃないというか……ダンス激しいんでオナニーも激しそうだなっていうのは思いましたけど」

 アイハラミホ。さんは、この日プラスワン前にそれぞれ別の会場で2回のステージをこなしてのデブカワ出演だったそう。一回目は船の帆先で踊り狂い、二回目は銀座のディスコ系のイベントで踊り散らし、そして三回目は新宿の地下でデブカワナイトでカモメを飛ばしたと。あの、とても凄かったです(小並感)。

続きは追記で。

続きを読む

スポンサーサイト
2014-11-09 04:43 : アングライベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【2014】デブカワnight【VOL6】 その2

 VOL1の続きです。

 休憩をはさみ、最も滅茶苦茶だった二部へ。

 二部のしょっぱなから


IMG_2682.jpg


 出たーーーー!!!! マック赤坂(本物)!!!!!!
 



IMG_2681.jpg


 デブカワナイトでスマイルセラピーが始まる! ……なんだ、変に語感がいいな。


IMG_2688_20141026030738950.jpg


 マック赤坂さんといえばぶっ飛んだ政治活動ですが、なんでも、お金がなくて政治活動を止めたそうです。


IMG_2690_2014102603120594a.jpg


 止めた現在は何をされているかというと『ムービースター』とのこと。ムービーの本場、ハリウッドデビューもされたようです。さらっと書いてるようだけど、実際会場で聞いた時は死ぬほど笑いましたよ。生で見ると破壊力が違います、マック赤坂。それは最もwikipediaが面白い政治家。

 更にマック赤坂さんはハリウッドだけでなく、タイでもCMに出てるというので探してみた。





 ……ホントだぁ……。存在自体がパフォーマンス。

 ここでマック赤坂さんのサポートとしてステージに立ったNODOKAさんからひと言。

NODOKAさん「あと30分でおじいちゃん眠いから帰るよー」

 自治体の打ち上げじゃないんだから!


IMG_2701.jpg


 会場のお客さん全員と「10度 20度 30度!」をやって、マック赤坂さんはデブカワのステージから飛び立っていったのです。

 続きは追記で。

続きを読む

2014-10-30 00:32 : アングライベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【2014】デブカワnight【VOL6】 その1

IMG_2544.jpg

 ステージ最前列に近い席でこのイベントに最もふさわしくないメニュー(キャベツ)を喰ってるやつぁだれだ! (誰がどこで何を喰おうと自由だ!!!!!)

 約一年振りに行ってきました。元祖ぽっちゃりフェス、デブカワnight!!!
 今回はVOL6です。考えてみたらすごいですね、6回って……。前回2月は大雪で電車が止まってしまい行けなかったのですが、今回はうまい具合に台風も被らず観に行くことが出来ました。

【デブカワnight公式HP】
http://ameblo.jp/debukawa-night/

 オープニングからマンコ、マン毛、セフレという単語が容赦なく飛び交い、イベントスタート。
 一人目の出場者の入場曲が 『Hello,again ~昔からある場所~(my little lover)』という混沌の中、トップバッターのりゆぬさんがハナミズキを歌い上げる。


IMG_2553.jpg


司会の住倉カオスさん「オレこれよく行ってたフィリピンパブが閉店する時に聴いてジーンとした曲」
司会のハニートラップ梅木さん「デブカワ関係ねぇだろ。審査員のカジカさん(デブ専サラブレッドの異名を持つライター)に話を聞きましょうか、カジカさん?」
カジカさん「……え、はい」
カオスさん「油断すんなよ!!!」

 りゆぬさんの体型を「厚揚げのようでいい」と表現したカジカさんは、この日お子さん(5歳)の運動会に参加してからのデブカワだったそうです。

 2番手のOSHIEさん


IMG_2560.jpg


 セックスオンザビーチに合わせて踊り狂う&カラフルなおっぱい風船をステージ上から投げまくる!!!
 ごめんなさいあまりに動きが激しくて写真が上手く撮れなんだ……! ※デブカワnightは素早く動くぽっちゃり女子が沢山見られるイベントでもあります。

 途中、外国人男性がステージに登場&なんの前触れもなく、バナナを使ったセクシャルパフォーマンスが繰り出される。


IMG_2582.jpg

IMG_2585_20141018004547d99.jpg


 (遠目から何をしているのか察してください。)

 パフォーマンス後、外国人男性にマイクが向けられる。


IMG_2588.jpg


梅木さん「気持ちよかった?」
外国人男性「?」

 きょとんとする男性の横から、OSHIEさんから「この人、本当の外人です」との解説が。

 梅木さんは「マジの外人かよ!」と突っ込んだ後にぽつりと一言。

「なんか僕……忘れてたんですけど痴女みたいな人も沢山出るんですよね、このイベント。ただでさえ変なイベントなのに」

 審査員の川崎さん(カメラマン)が「出場者がバナナ食うだけでこんだけ盛り上がるイベントって……」とコメントする脇で、カオスさんが外国人男性に向かって
「ファック? ファック? (OSIEさんを指しながら)ユーファック?」
としきりに質問をぶつけている。

 それに対する外国人男性の彼の答えは


IMG_2589.jpg


「イエー(カオスさんとがっちり握手の後、肩を組む)!!」


IMG_2592_20141016021135ebd.jpg


 そしてこの顔である。

 三番目はぽっちゃり踊り手のつーちゃんさん


IMG_2602_20141016021137cc3.jpg


 あまりにキレッキレに動くので、正直ちょっと唖然としました。踊り手の文化に全然詳しくないので分からないんですけれども、色んな踊り手の形があるんですね、今。


IMG_2611_20141016021139bb1.jpg


梅木さん「つーちゃん、こないだプラスワンのステージ直したばっかだから勘弁して」
カオスさん「すげぇ動くおもちゃだなって思った。ところでご飯何杯くらい食べるの?」
つーちゃんさん「1.5杯くらい」
カオスさん「あ、意外と少ないですね。じゃ好きな体位は?」

 カオスさんの下ネタカットインが潮を吹く。この日のカオスさんのセクハラは、いつもに増して冴えていた。

※この日学んだどうでもいい知識※
【巨乳の人がジャンプすると、おっぱいが裏拍を打つ】

続きは追記で。

続きを読む

2014-10-18 01:52 : アングライベント : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

【2014】ローションフェス!!【08】

 8月9日、新木場ファーストリングで開催されたこの夏一番のヌルフェス、その名も「ローションフェス」に行ってきた。

 公式サイト
 http://lotion.event-kikaku.com/fes/

 レポ書く前に言うと、管理人朝日は濡れるの大嫌い、粘膜めいたもの(ぬめぬめしたもの)大嫌い、汚れるの大嫌い、加えて結構な潔癖症! プールと海も嫌いです。
 そんな人間が何故、ローションフェスという鬼門中の鬼門に突撃する気持ちを起こしてしまったのか、今になっても分かりません。ローションフェスというネーミングから連想するカオスの予感にテンション上がっちゃったのかな。


IMG_2287.jpg


 会場に入る前、入場口付近からすでにローション一色。
 フェス内容はただ単にローションまみれになって踊るという至って健全なものなのですが、どうにもエロスな気配が拭えない。素でこうなっているのか、あえて拭わないのかは、分からない。


lotionfes1.jpg


 いや、あえて拭ってないのかもしれない、だってオナホール売ってるもの。
 ちなみに飲み物を冷やすボックスの中にも、ローションが投入されていた。


IMG_2286.jpg


 会場脇には二本の水シャワーと数本のメリット。更衣室があったのは良かったものの、シャワー施設が完備されてないのが痛かった……。


IMG_2165_20140810233442c71.jpg


 そして会場と飲食ゾーンの中にはビニールプールが一つづつ。いずれもヌルヌルした液体が入っている。


IMG_2176.jpg

IMG_2174_201408102334437eb.jpg


 早速中に入って見ると、まだ人の少ない会場内では存分にスライディングを楽しむ男性達や、キャッキャしながらローションを触っている女性たちの姿が。男性は豪快にローションまみれになっているが、女性はこの時点ではまだ控えめに楽しんでいる人が多かった。
 そして当然床はぬるぬるしているんだけれど、会場内のマットは程よい柔らかさで、転倒したり寝転んでも安全な感じ。

lotionfes2.jpg


 しばらくすると会場内に人が増え、いつしかステージ前がナイスナンパゾーンと化し始めた。


lotionfes5.jpg

lotionfes3.jpg


 これ、マッサージしている女性とマッサージされている男性、知り合いではなくそれぞれ別グループの人です。その場で会った女性三人からただでローションマッサージが受けられるなんて、こんなシチュエーション、エロ漫画でもなかなかないで……。

 私はそんなソドム感溢れるゾーンの脇の方から、男性が手に掬ったローションを女性の背中に入れたりしてイタズラをする様子を、「ウワァ、知らん人からアレやられたらブチ切れるな……」と思いながら見てた。

 しかし、全く濡れていない(絶対に濡れない&転ばないという決心を以て、会場に身を投じていた)人間はあの場では重宝されるようで、全身ヌメヌメの人たちから「ポケットから煙草取って貰っていいですか、ついでに火も付けてもらえますか」「写真撮ってもらっていいですか、あ、その前にポケットからスマホ取ってもらっていいですか」などと声を掛けられた。

 いや、いくら潔癖であっても、多分一回濡れて開き直ればそれなりにローションを楽しむことができるのかも知れませんが、今回は駄目だったね。勇気が出なかったし、そこまで濡れる覚悟が出来ていなかった。アマチュアモンゴル相撲状態になっている男性たちを見て、あそこまでなれたらスゲェ楽しいだろうな……と思ったもの。


IMG_2197.jpg


 ただでさえヌルヌルしている会場に、スタッフがローションのみっちり詰まったポリタンクを担いでやってくる。


IMG_2192.jpg


 そして客に容赦なくローションを注いでいく!

 やや時間が押して近付いたフェススタート前、スタッフからフェスの注意事項が告げられる。

「会場はヌルヌルしているので、外に出る時はいったんテンションを落としてから出てください! あと、会場で転ぶ時は手を付くと骨折したり捻挫したりするんで、そのまま素直に受け身を取って倒れてください! では、今しばらくヌルヌルをお楽しみください!!!


IMG_2211.jpg


 そうして始まるローションフェス本番!


IMG_2221.jpg

IMG_2226_20140810233507685.jpg


 音楽に合わせ、飛び交うローション!


lotionfes6.jpg


 意外と踊ってる時は転ばないね、なんでだか。


IMG_2266.jpg


※ステージ上から会場に撒かれているのは水。

 つか、踊っているうちに足がローションまみれに……。


lotionfes4.jpg


 河童みたいになってる。





 DJタイムの合間に




 突然始まるエアロビタイム! 会場全体がローションまみれの一体感に包まれる!! Chaos!!!
 (画像の詳細は動画を再生!)


lotionfes7.jpg





 エアロビが終わった後は、DJ絶対にイカせる男タクヤ登場!! 物販コーナーで販売されていた尺八奥義「のど輪締め」タイルが舞い踊る!!!

 しかし私たちはこの後予定があったので、タクヤさんのプレイタイム途中で退場しました。


IMG_2285.jpg


 最初は汚れるのも全身ぬるぬるになるのも嫌だったんですが、このイベントは開き直れたら絶対楽しいと思った。次は覚悟を決めてローション大運動会行くしかねぇな、コレは。

 なのでまず、水着を買うところから始めようと思います。
2014-08-11 01:21 : アングライベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

AV男優の生でだらだらイかせて!! VOL2

 前回の続きです。

 次のコーナーは、会場に集まった男優たちに「なぜこのAV男優という特殊な職業を選んだのか?」という質問を投げかけるコーナー。

 これに関する理由は各男優様々。
 フーゾクに行く金欲しさに金を借りに行ったら、行った先で「フーゾク行くくらいなら、セックス出来る職業を紹介してやる」と言われて。
 就職した先輩の話がどれもつまらなく、どうせなら面白い職業に付きたかったから。等々。

 セックス通算7000本を超える猛者(乳首に換算したら14000粒だよ怖ぇ)も数人いる中、「AV男優はプライベートでもセックスをするのか」という話題に。

 する日もあればしない日も普通にある、という答えの中、黒田さんから飛び出したしみけんさんのセフレ被りの話※がメチャクチャ面白かった。

※黒田さんが1日で6発ヤッたセフレにケーキをプレゼントしたら、その女性は実はしみけんさんともセフレだった。更にその女性は黒田さんからケーキを貰った翌日、そういう趣味のあるしみけんさんへのクリスマスプレゼントとしてウンコを渡した。つまり、黒田さんから貰ったケーキが女性の体内を経てウンコとなってしみけんさんへ渡った。

 何ちゅー話だよと思われますでしょうが、イベントの内容はこんな話ばっかりでした。

 あと面白かったのは、酒井法子が呪怨2で寝転がった畳の場所は、しみけんさんがスカトロの撮影の時にウンコをした場所と全く同じだったっていう話でした。「あ!! のりピーが寝転んでる場所、前にオレがウンコした場所だ!!!」の台詞で腹筋が切れそうになった。

 次に、「ハードだった現場の話」に移る。

 AVの世界に入って一年目の望月 輝さんにマイクが渡ると、客席から「可愛い~」と声が飛ぶ。

望月さん「僕は最初、おしっこが好きで……」
久保田さん「今可愛いって言ったの誰だ?」
望月さん「それで、最初の現場がおしっこを全身に受ける現場で……たくさん」
久保田さん「風邪ひくで、ソレ」
望月さん「それで、受けるのは寝っころがってと……コップに受けてと、あと……」
久保田さん「綺麗な目でこっちを見るなよ!!」
森林さん「要するに、冬の寒い時期にたくさんおしっこ浴びせられて大変だったってことだよね」
望月さん「あ、はい……そんな感じです」


IMG_1436.jpg


 望月さんは終始、夕日の射す河原で、イタヅラをされた少年が雲に向かって告白しているような空気感を醸し出していた。望月さんの出てる作品、観てみたいなぁ。作中でもあんな夕日に立ちつくしてそうな感じなんだろうか。

 そのまま、望月さんの通訳と化していた森林さんにマイクが渡った。

森林さん「ニューハーフの童貞奪った※とこと同じ会社の作品なんですけど
平均年齢65歳のおばちゃん5人を相手にする現場で
久保田さん「こんな一瞬でおしっこの話消える!?」

IMG_1443.jpg


 森林さん曰く、その日撮影の楽屋を開けると、そこにいたおばちゃん達がお互いの裸を褒め合っているという、地獄のような光景が広がっていたらしい。自分の母親位のおばちゃんが「綺麗なおっぱいねぇ」「あなたこそ綺麗なお尻」とか言い合ってるのを想像するだけで、自分には何の業があるのか想像しちゃうよね。前世で賽銭箱に脱糞でもしたのかなぁ、とか。

 今回の出演者中一番の狂気(後述)を放っていた森林さんもそこまではまだ堪えられたものの、おばちゃんがウェットティッシュのことを「脱脂綿」と言っているのを聞いたところで心が折れたそうだ。

 大変な仕事だなぁ……。

 しみけんさん曰く、「生活保護の申請が通りにくくなってきた影響から、AVに流れてくるおばあちゃんが多い」という話に、この日一番の日本の闇を感じました。

※「最近ニューハーフになったばかりで女の悦びを知らないので、処女を奪ってください」と言って撮影に来たニューハーフがいたので、森林さんはニューハーフの目をつぶらせて上に跨り、処女ではなく童貞を奪ったことがあるそうだ。一言で言ったら、正常位ではなく騎乗位になったってこと。

IMG_1427.jpg

 一部の終わりに、各男優さんが「この仕事を続けるコツ」を挙げていった。ただし、ほぼ全員に共通していた意見が

・栄養管理
・SEX出来るありがたみ
・女性に触れられるありがたさ

 素晴らしい。ということで、続きは追記で。

続きを読む

2014-05-24 22:37 : アングライベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。