スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

信号ハウス

 引き続き北海道のアレが続きます。 
 せっかく北海道来たので、前に某テレビ番組で紹介された「札幌にある妖しい家」をどうしても見てみたくてですね。見て分かる通り、タイトルすらもどうしていいか分からんのですが、前回言った通りに今回載せる写真は個人亭のモノです。何か問題があったら、消す方向で。

 さて。
 そういうわけで帯広から札幌に移動した後、今回一番気になっていた物件を探していたら

IMG_1231.jpg


 突如として、その物件が目の前にその姿を現した。


sinngouhouse_minoritycamp.jpg

 こういったスポットに必ず一体は置かれている例のネズミのレプリカも、ちゃんと観測した。
 圧巻ですなぁ……。
 いくら個人亭とはいえ、この規模と衝撃は想像以上。

 続きは追記で。

続きを読む

スポンサーサイト
2014-05-16 03:11 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

幕別忠類ナウマン象記念館

 札幌へ向かう途中、幕別町で「ナウマンゾウ記念館」と書かれた看板を発見。なんとなく気になったので、寄って来た。

公式HP
 http://www.town.makubetsu.lg.jp/kyouiku/matikadogallery/naumanzokinenkan/naumanzo.html

 像の肌をイメージしたという外壁には、麦飯石が使用されているそうです。麦飯石って、岩盤浴に使われる石っていうイメージが強すぎて象のイメージ正直あんまり浮かばない……。
 で、こっちのサイトはテーマパークとしてのおすすめ度が載ってるんだけど……
 http://www12.plala.or.jp/k-hirao/kankou/41_18.html
 ★★☆☆☆って低いだろ! もっと推そうぜ、そこは。


IMG_1065.jpg


 パッと見たところ、町で造った資料館のようなので、珍的要素は薄いかもなぁと思ったのですが……そんなこたなかったね。


IMG_0976.jpg


 そんな被り物で、人がジャングルに溶け込めるとでも思ったか!
 なんで胴体部分から顔を出そうと考えたんだ……グレンラガンじゃないんだから。


IMG_0983.jpg


 資料館へ通じる道の前に広がる芝生には、ナウマンゾウ親子のモニュメントがある。公式サイトによると冬場はマフラーをして、ブランケットを被っているようです(今は五月なので、当然その状態の写真はありません)。


IMG_0985_2014051222385377f.jpg


 施設のエントランスには、色んな象の模型が飾られている。


IMG_0988.jpg


 この臨場感、いいですね。

 長くなるので、続きは追記で。

続きを読む

2014-05-13 02:37 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

帯広

 こんばんは、何ヶ月かぶりの躁の波が来て大変なことになりながらお送りしています。普段コキュートスの底のようなテンションなのに、いざ躁の波が来ると、新宿東口警察署前でキンチョール顔にぶっかけながら
「ふあぁぁぁッッッ!!! しゅ、しゅごいぃいッッドーパミンどぱどぱでてりゅぅううぅっっっっ!!!!!!!11」
くらい言いそうになるくらい凄い。通常時はほんとなんか……死―ン……って感じだから、波キテル時に色々やらんと駄目なのよマジで……。テンションはクソ高くて多幸感ぶち溢れているのに肝心の根っこがダウナーなもんだから、半笑いで画面の向こうに「ウヒヒ……つらぁい……えひひひ……ウヒィ……死にてぇえへぇ……」って語りかけてる。

 で、今はアッパー鬱※だから全然なんでもいいんだけど、本気で辛い時もそりゃあるわけ。人間だから。
 でも、その結構きつめの心情を綴ったツイートを見た人から「あのツイート、面白かった」って言われるの、正直辛い。君たちは笑っているが、私は泣いているんだ。
 ただ、感傷を笑いに変換できる人間でありたいという目標がそれなりに叶いつつあるということでもあるので、いつだって間をとって半笑いしてる。半笑いで歯間ブラシを弦代わりにスーホの白い馬ごっこしてる。あの、なんか、楽器、馬琴頭? 死姦ブラシに形似てるよね。なんでこの誤字なんだ?
(これ書きながら馬琴頭調べたんだけど、全然歯間ブラシに形似てなかった。一体私、何の楽器と勘違いしたんだろう……メンドクサイから調べないけど)

 なんちゅーか、世の中って、感傷と同じだね。細かいことまで複雑に考えれば考える程辛くなるし、逆にシンプルに考えればどうでもいいことばっかりで。私は感傷的になるのは作品の中でだけと決めているので、テキトーに、いついかなる時もニヤニヤして過ごす! 泣きたくなったら饂飩煮てわかめ入れて食う! うめぇ!

 ちなみに、最初の方に書いた顔面キンチョールは小学校の時に経験した。死にたい目的があったわけじゃなくただの興味でやってみたんだけど、キンチョールが顔に掛かった瞬間甘い味が口に広がり、目の中に沢山の光の玉が舞って、そのまま5秒程気を失った。だが重度の貧血のような、甘い味が目の奥に広がるのを感じながら倒れる心地よさがあったので、今再び顔面キンチョールを試したい気持ちになっている。来る初夏、キンチョールを手に新宿東口へ。がお~ん! ありがとうございました♥(新宿東口にあるライオン像にお金入れると鳴る音声)。

 さて5月のゴールデンウィークは北海道に行ってきた。そう、今回はこれが本題なんです!!! 
 つーか北海道何年振りだろう? ……二年半ぶりくらい? 今回も結構廻れたと思うので、順繰り書いていこうと思います。過去に廻った北海道の珍スポはこちら。

白鳥湖遊園地
http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-350.html
ノースサファリサッポロ
http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-551.html
レトロスペース坂会館(多分北海道で一番ヤバい場所だと思う)
http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-555.html
登別熊牧場
http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-354.html


 4日の朝帯広へ到着後、先に着いていた連れと合流するために帯広空港からタクシーで待ち合わせ場所へと向かう。


obihiro_minoritycamp4.jpg



私「あのお宅、コンパクトで可愛いですね」
タクシーの運転手「あれは公衆便所ですよ」


 適当な場所で下してもらい、待ち合わせまで時間あったので、帯広の町をふらふら。


obihiro_minoritycamp3.jpg


 早速発見アウト臭いネーミングの喫茶店。


obihiro_minoritycamp1のコピー



 つか名古屋かどっかにもあるよね、これと同じ名前の喫茶店。


IMG_0812.jpg


 なんか、牛が……。


obihiro_minoritycamp2.jpg


 どうやらホコ天の看板らしい。こんな雑な管理でいいんだろうか。ロープに踏み込んでまで写真撮ったりするの私くらいしかいなそうなので、いいんだろうが。


IMG_0970.jpg


 歴史を重ねた結果、謎の方向へ進化を遂げた喫茶店。これはもはや……喫茶店というカテゴリーに含めていい店なのか? そう思い掛けたけどピースボートのポスターが貼ってあるので、やっぱり飲食店ってカテゴリーでいいと思います。


obihiro_minoritycamp.jpg

 
 入り口から台所感満載な上、ミシンと大黒天を並べて置くこのセンス。
 入ろうかと思って中を覗いたんだけど、やってなかった……。
 あとなんとかっていうスーパーの写真にも変なものがあってそこも撮れればよかったんですが、発見したのが車内からだった&時間がなくて立ち寄れず残念。こればっかりはタイミングの問題だから、しょうがないけどさ。

 クソ郊外のさびれたパチンコ屋で朝っぱらから韓流の台を拝むババァと同じ精神状態になり出したところで、次回はナウマンゾウ記念館です。

【幕別忠類ナウマン象記念館の記事】
http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-688.html

※アッパー鬱→躁鬱の躁の方にスイッチが入ったり、パニックを起こしてウワー!!!! みたくなったり、衝動的な行動に出ちゃうような方を、個人的にこう呼ぶ。ヒステリーはまた別。ちなみに何にも出来なくなり、無気力無感覚になる方をダウナー鬱と呼ぶ。静かな方とも言う。アッパーよりも、ちょっと危ない。
2014-05-12 03:06 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

マッドタウン江古田

 この間、友達から誘われて行った江古田が結構面白かったので、何も書かないのもアレだし軽くレポ載せようと思います。

 江古田は昔一回行ったことがあるだけで、ちゃんと見たことはなかった。しかし、最近友人から「江古田にあるゴミ屋敷を見に行こう」と誘われ行ってみたら、そこは想像以上に磁場が狂った場所だった。

 前にこの友達とは別の知り合いから「江古田のゴミ屋敷みたいな家の前で、家主と思われる老人がぬいぐるみを振り回していた」という話を聞いていたこともあり、期待に胸が高鳴る。

 駅の南口を出て、異様な空気感漂う商店街を少し進むと


IMG_0719.jpg


 あった……。



IMG_0720.jpg


 何のことはない商店街に、突如として現れた謎の一軒屋。


IMG_0722_20131224023000ea8.jpg


 ゴミ屋敷というよりかは……なんだろう、発信系の珍スポに近い感じ。雰囲気としては、高円寺の無善寺っぽい。あっち(無善寺)は世界一綺麗なゴミ箱だが。(過去の無善寺レポはこっち→http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-414.html


IMG_0728.jpg


 こういうマッドコーティングスポットは、全体的に季節感が無茶苦茶。


ekoda1.jpg


 でもどちゃくそレイアウトの中にさりげなく季節のモノを何の違和感もなく放り込んでいるのを見ると、ちょっと安心します。あ、まだ社会と繋がりを持っているんだ……と。

 あと、一つ発見。危ない喫茶店(飲食店)の看板には100%の確率でパトランプが設置されているけど、発信系の屋敷には高確率でこいのぼりがディスプレイされている。


IMG_1870_2013122402283834b.jpg


 その証拠に無善寺にもあったもの、こいのぼり。


IMG_0723.jpg


 入り口の奥には商品棚らしきものが見える、もしかして商店なのか?
 この他、目の前の公園に安置されたナイスなゴミデコチャリもあったのですが、撮るのを忘れた。

 サンタに火を付け振り回す~ミッキマウスミッキマウスミッキミッキマウス!

 つーかこのゴミ屋敷、個人亭なのか商店なのか分からんので、記事に書いてよかったのか、今更不安になって来た……。

 その後は駅の反対側を何時間か掛けて探索。


ekoda2_2.jpg



 未だによく分からないんだけど、こういうおもちゃのリサイクルショップやゴミが積んであるようなガラクタ屋敷が「wi-fiスポット」を主張する意味は、一体どこにあるんだ?

 そしてこのソフビ屋前には


IMG_0732.jpg


 この名前はヤバイ!!!!!

 脳内サウナ状態の人間が見たら、ガン掘りとか種壺とか、まずそっちの意味でのとろまんを連想してしまう。

 緩まり過ぎたアナルに向かって「死体か!!!!!」と突っ込みをいれるゲイの話を思い出しつつ、とろまん購入。ネーミングは際どいけど、味は普通に美味しかったです。ちなみに豆乳クリームを食べました。これ以上は何も言いません。

 とろまんからさらに奥へ進むと江古田商店街、そして


IMG_0737.jpg


 謎のトーマスゾーンが出現。


haxtutenn_ekoda1.jpg


 いたるところにトーマス。なんなんだろうこれは? 商店街にトーマスが何体置いてあるか、探してみよう! みたいな、スタンプラリーの亜種みたいな催しなんだろうか……。とにかく、どの店先にもマッドなトーマスが設置されている。それは休業日の店であっても、同じこと。

 そして極め付けが、破損したイルミネーションを通行人に託そうとしている文房具屋。


IMG_0735_2013122402284025c.jpg


 こんなの置いといたら、絶対馬鹿な若者かガラクタ屋敷作り上げるようなおっさんが持っていくに決まってるじゃねぇか! 猫に鰹節、ホーディングにガラクタ! 生み出す環境には理由があるんだってことを、こんな場所で学びたくて来たわけじゃねぇんだ!

 そしてこの江古田散歩の様子をツイッターで流したところ、画像の様子に一番ヒイていたのは江古田出身のフォロワーでした。彼曰く「江古田は突然無意味で非生産的且つハードコアなことをおっぱじめるのでついていけません」「江古田商店街は(ピー)しかいないことで有名なんですよ」とのこと。江古田という町がファンキーなのは確か。


IMG_0721_20131224022958acc.jpg


 江古田、結構細かいネタがたくさん落っこちていて、歩くだけでも笑える場所だった。江古田に限らず西武池袋線はなかなか面白そうな路線なので、ジワジワ開拓してみたい。
2013-12-24 03:20 : B級探険日誌 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

【大群馬(グンマー)展】渋谷ヒカリエの8階で群馬愛を叫ぶ!

IMG_0621.jpg


「これは、高校球児のかさぶたですか?」
「いいえ、焼きまんじゅうネックレスです」

 すみません。焼きまんじゅうにネックレスとしての資質を見出したところに感心していいのか、思考回路の接続感度に不安を抱いていいのか、結構本気で分かりません。

 先週日曜日、所用※で静岡に行った後に偶然時間が開いたので、渋谷ヒカリエで行われていた大群馬展へ行ってきました。


IMG_0605.jpg

『群馬のおきて~グンマーを楽しむための52のおきて~』
 出版記念グループ展
「大群馬(グンマー)展」
http://dpz.cocolog-nifty.com/q/2013/08/post-e9cd.html

 ※所要というか、珍スポを探しに行った。しかし山の中を一時間以上探しても見つからなかったので、諦めた。


kino1.jpg


 静岡探検の収穫はこれだけ、無念。

 さて群馬県と言えば、ネットで検索すると


gunma2.jpg


 何故かこういう、秘境の部族感満載の写真が出て来てしまう謎を抱えている。きっと榛名湖にはモケーレムベンベがいるのでしょう。ついでに南国少年パプワくんのグンマ博士の二次創作絵も、よく出て来ます……日記に書いてやる!


gunma1.jpg


 いや、あの、別に仲悪くないですよ。群馬と栃木は両毛で繋がった仲ですし。
 というか正直、栃木県民は基本的に自分の県に対しても他の県に対しても、冷めているというのか、無関心というのか……(minority camp管理人は栃木出身)。

 この他にも「2012年都道府県魅力度ランキング47位」であったり、「県庁所在地の地価 全国最下位」であることが関係し、何故か群馬県がネットでいじられ始めたのをきっかけに、日本全土に群馬の魅力を伝えようと北村ヂンさんを初めとする群馬出身のライター達が集結。そして出版した「群馬のおきて~グンマーを楽しむための52のおきて~」の出版記念イベントである大群馬展が行われたと。

 渋谷ヒカリエの8階、フロアの一番奥に設置された大群馬ゾーン。無駄に洗練された展示スペースが並ぶ中、その一角だけ闇市的な雰囲気が漂っていた。

 肝心の群馬のおきて、せっかくだし会場で購入したかったのですが


IMG_0629.jpg


 売り切れていました。ここでの購入は叶いませんでしたが、AMAZONで買えるそうなので……アマゾン!? グンマはやっぱり未開の土地だったんだ!!




 本を販売していたスペースの横には、群馬Tfrom毛無峠販売コーナー。


IMG_0630.jpg


 これを着て小串鉱山跡へ繰り出せば、気分はもうヨイトマケ。


IMG_0611_20130904062518d36.jpg


 会場に入ってすぐ左手には群馬県と群馬県庁顔出しパネル。


IMG_0610.jpg


 ヒカリエのペナントを貼りつけるセンスがCOOL! しかし申し訳ないことに、一瞬床置き型の空調の顔出しパネルかと勘違いしてしまった……。


gunma3.jpg


 パネルの横には群馬関係ない展示も少し混じっていますが、何ら違和感なし。


IMG_0632.jpg


 入り口右手の壁一面には、北村ヂンさんの群馬珍スポレポートが展示されていた。秘湯ガラメキ温泉、珍宝館、命と性ミュージアム等々。(ちなみに命と性ミュージアムの某コーナーには、ヂンさんのお父様が監修した展示がある。)


IMG_0607.jpg


 ボタンを押すと、ダルマの片目がぐるぐる回ります。アへ顔で止めるもよし、白目にするもよし。これで音が鳴ったり不自然に光ったりする仕組みが付いていたら、急激にダイナミックコグマ感が増します。


IMG_0633.jpg


 これは……THE・ヤマダ電機!!! 隣のは栃木県宇都宮発祥のコジマ電気。2002年に裁判沙汰を起こした二社が、デコられ仲良く並んで展示されている。

 そしてヤマダ電機と言えば、あのメロディー。凡庸性の高さが異常。




 どうでもいいけれど、ヤマダ電機の替え歌はコレが一番好き。


ymd1.jpg


 続きは追記で。

続きを読む

2013-09-04 07:20 : B級探険日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。