スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

江戸川花火大会2014

 夏恒例、狂気の江戸川花火大会に行ってきました。今年は前日から千葉入りし、防衛に参加、つっても私はほとんど何もしてないですが……。

 去年の様子はこちら。
 http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-675.html

 早速江戸川の河川敷に行ってみると、フルチンさんからの前情報通り、ガチ過ぎるテントが張ってある。


IMG_1939.jpg


 大人の財力を江戸川で目の当たりにすることになるとは、思いもしませんでした。
 しかも、テントの名前というか場所取りの名前が「フルチンナマコテント村」


IMG_197211.jpg


 開き直ったハッテン場、もしくは未開の地に住む部族の村にしかなさそうなネーミングのグルーヴ感。
 割とブログ名を褒められる当minority campも、フルチンナマコテント村というネーミング前では、ただのお泊り保育園のような語感しか発揮出来ない。


edogawa2014_1.jpg


 この日は19時半まで江戸川で過ごし、テントに泊まる徹夜組に江戸川を託し帰宅。


IMG_1953.jpg


 迎えた花火当日は、少し雲があるものの快晴。


IMG_1980.jpg


 江戸川花火は毎回晴れるからすごいよなぁ。
 今回は爛々さんはじめヘルワチームの皆さん&eveさんたちと一緒に花火観ました、eveさんヘルワチームの皆さん差し入れご馳走様でした。


IMG_1964.jpg


 差し入れを御馳走になっていたら、フルチンさんが何かこん棒のようなモノを持ってやってきた。


IMG_1971.jpg


 これ原始人がマンモス追いかける時やジャガーぶちのめす時に使うやつ?

 いや違う、これ肉だ! 漫画肉だ!!!!


IMG_19661のコピー


 この写真撮ってる後ろで、別のグループの人(知らない人)達までもがフルチンさんの写真を撮っていたという……。もう少し言えば、本当はコレ両手に持って「悪魔神官!※」てやって欲しかったんだけれど、まさかそこまでは言えなかった。

 ※これ
akumasinkan01.png


 頂いたので、早速解体。
 牧歌的な光景の真横に、突如現れた野性の現場。


edogawa2014_2.jpg


 よく晴れた日曜日。
 サンドイッチをバスケットに詰めて野原へピクニックにやってきた僕らの横で、パパが突然、狩った兎をさばき出す! みたいなイメージが浮かびます。

 ダイナミックな見掛けと相まって、とてもおいしかったです。ご馳走様でした。


IMG_1985.jpg


 つーか誰だよ食パン持ってきたやつ!?

【続きは追記で】

続きを読む

スポンサーサイト
2014-08-05 01:30 : 事件 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

小さな世界の呪い

 小学3年生の頃、友達2人と「砂教」という宗教をやっていた。主な活動内容は「砂場の砂を被ると頭がよくなるという教えを広める」「砂を頭から被る」ということ。三日連続で頭皮を砂だらけにして帰ってきた私を見た伯母が「朝ちゃんが苛めにあっている!」と勘違いしたのをきっかけに解散。

 そして12年後、大学の身体表現の授業で暗黒舞踏の映像を鑑賞することになり、その時に流れた山海塾の卵熱(頭上から延々と砂が降り注ぐ演出の舞台)を観た瞬間「あ、砂教だ!」と思った。私たちは間違っていなかったのだ! 卵熱もっかい観たいんだけど、ネットに動画がないんだわ。残念。画像はあるので、砂教がどんなもんか気になる方は「山海塾 卵熱」で検索すると、大体のことを想像していただけると思います。

※こういうの
d2c30.jpg


 こんばんは、チュッパチャップスの回るヤツをアナルに突っ込んでオナニーしようとしたけど上手く回らなかった挙句、突っ込んだチュッパチャップスが取れなくなって病院に担ぎ込まれた知人の話はまだしていませんでしたよね?

 世の学生が夏休みに入った事ですし、今回はまだセックスのセの字も知らなかった頃のノスタルジーな記事でも書こうと思います。ちんぽとかアナルとか言いません、絶対です、ホントホント。ていうか、20年くらい経ってからじゃないと書けないよなこんなことっていう内容の記事を、書こうと思います。時効だと思って読んでくだされば幸いです。

 自分も今となっては毎日死と孤独に思いをはせる無気力中年なんですが、小学生の頃は活発でやんちゃな方だったんです。で、小学校2年だか3年の夏休みのある日、同じくやんちゃな友達と、千葉のでかい遊園地に行ったんですね。検索引っ掛かりたくないんで、極力名称は控える方向でいきます。

 しかし私、この王国の作るアニメは好きだけど、正直この王国自体は嫌いなんだわ。ここ10年は行ってないすね。

 嫌いな理由は二つある。
 まず、行き過ぎた金儲け主義が鼻に付くから。あと、昔母親がこの王国狂いで、幼い頃毎月連れていかれていたっていうトラウマがあるから。途中から行きたくなくて行きたくなくて、泣いてた。車内で「いきたくない(啜泣)」ていうと母からビンタ食らうし、もう首都高抜けてるしで、駐車場で係員さんから飴ちゃん貰っても泣き止まなかった。

 泣くと言えば、カリフォルニアの元祖夢の国にはウォル〇トがサイケなクスリをぶち込みながら泣く専用の部屋があるって噂があったけど、どうなんでしょうね。

 こんなどうしようもない食人鬼のゲロの様な世界で一番手軽に夢と魔法を見られるのは、やっぱりそういう薬を摂取するっていうのが一番の方法だから、しょうがないね。つーか、何が危険ドラッグだよ、なぁ。名前変えてもどうしようもねぇだろ、馬鹿かよ。

 ちなみに、ファンタジア(あの国制作のあのアニメ)は共感覚の人が見ている世界を映像にした作品だと言うが、マジックな茸を食う趣味があった知人がファンタジアを観て「これは薬やってるヤツの見ている世界そのものだ」と言っていたのを聞いて以降、私はファンタジアには薬中映像資料集というイメージしか抱けなくなった。

 冷静に考えればエレク〇トリカルパレードだって、相当薬臭い光景だよ、アレ。大人から子供まで、幻覚(光って動く巨大な模型)と幻聴(キラキラした音楽)を堪能する、夢の国を挙げてのトランスパーティでしょ、あれ。しかも色んな生物混じってるじゃない、黒人白人黄色人土人獣人外地底人なんでもござれの万国ジャンキー博覧会じゃない! たまんねえなぁ! おい!! LEDとLSDって一文字しか違わねぇぞクソが!!!

 あのパレードを部族に見せたら、シャーマンの幻覚だと言って確実に発狂すると思う。進路にペニスケースいっぱいに溜めた油をぶちまいて火付けて、弓とか黒曜石のヤリとか、バンバン投げ込んできそう。発情期のゴリラとかけしかけて来たりな、パオーンって。あ、これ象だ。

 話逸れましたね。そういう、母親による強制連行による王国嫌いではありましたが、その日は友達も一緒だし、行く前から楽しみにしていたわけです。

 朝も早くから入国し、友達と園内を駆け回っている最中。ふと、私たちの脳裏にこんな疑問が浮かんだ。

「スプラッシュ〇マウンテンとイッツ〇ア○スモールワールドの水、一体どっちがうまいのか?」

 その頃はまだペットボトルという概念が出現していなくてですね、水と言ったら蛇口で。その分衛生観念も今より希薄で、透明な水なら結構何でも飲めるくらいに考えてて。醤油があればなんでも食える、くらいのポテンシャルで。

 これは検証するしかないと、友人と二人で王国ウォーターアトラクションミシュランを開催した。水場は呼びますからね~、子供を。大人になった今は、世の中を、そして己の人生を怨む気持ちが私を静かな奇行へ走らせるのですが、当時はほんと何も考えずに色々やってた。

 まずは小さな世界に乗り込む。

 人形を見てぎゃーぎゃー泣くこどもや、人形や動物の模型の動き見てげらげら笑っている大人たちに紛れ、水を掬うタイミングをうかがう。しかし、友達と二人でインドのマハラジャゾーンの辺りで水に手を突っ込んだ瞬間、ボートが止まって、スピーカー越しに係員に怒られる&その後で親からも怒られるっていうコンボを食らったのですが。
 アレホント怖かったっすねぇ、ボートも音楽も止まってんのに、人形だけがカクカク動いてて。

 ていうか、正直怖いよね、あのアトラクション……。なんか全体的にカラフルな割に無機質で。外観のデザインからも分裂系の狂気を感じるし、こどもの人形しかない(大人の人形がない)のも終焉後の世界っぽくて怖いし、何よりどのフロアに流れ着いても同じようなメロディーで世界は一つ~小さな世界~みたいな歌流れてるのが、洗脳っぽくて怖い。変に目の澄んだ信者しかいない山奥の宗教施設に迷い込んだような気分になる。

 なんで夢の国だとか信じる者を救う場所だとか、そういう人の思考をコントロールする場所って、どこも揃って城っぽい建物を作るんでしょうか……。シンボル大切だから? 秋田のセックス教団リトルぺブルを見習ってほしいものです。マグダレナうまい馬井。





 で、ミシュランの結果なんですが、友人しか小さな世界の水を口にすることが出来なかったのです。(私は水掬った時点で見つかってしまったので、口に運ぶところまでは行かなかった。)
 なので友人に味の感想を聞いたら、「プールの水をもっと変な味にした感じ」だったそう。口にしてないんで分かんないですけど、あそこの水はコンクリと消毒液とシャボン液とりかちゃん人形の靴を混ぜたような味がしそうだな……。

 その後、何乗ったんだかちょっと忘れたけど二つほど空いているアトラクションをはしごした後、スプラッ〇シュマウンテンの前に宇宙山に行こうという話になった。

 だけど、どうも友人の様子がおかしい。宇宙山に向かう少し前から急に口数が減り、少々俯き加減になっている。※ここからかなり汚い話なので、汚物系の話が駄目な人は、ハッキリ言って読まない方がいいです。

朝日「どうしたの?」
友人「……さっきから、痰と唾が止まらない」
朝日「え、なんで?」
友人「わかんない、気持ち悪い」
朝日「トイレで出してきたら?」
友人「さっき出したんだけど、駄目なんだよ、飲みきれないくらい湧いてくるんだ」
朝日「吐きそうなの?」
友人「それはない、ただただ痰と唾が湧いてくる」

 聞くと、友人は小さな世界の水を口にした数十分後、急に喉の奥の違和感に襲われ、その後は風邪を引いているわけでもないのに痰が絡んでどうしようもないという状態に陥っていた。

 しかし友人は意地でもアトラクションに乗ると言い張り、同行していた私の親に不調がばれぬよう、細心の注意を払って宇宙山の列に並ぶ。サイケな内装やネオンの明かりに中てられたのか、列を進むたび、青暗い空間の中でも分かるほど、友人の顔色は悪化していった。

 ついに私の親までもが友人の異変に気付き、搭乗を控えた方がいいんじゃないかと説得したが、友人は頑として譲らなかった。正直私の方が「隣で吐かれたらいやだなぁ……」と思いながら、宇宙船に搭乗。

 走行中は、特に何も問題はなかった、私の隣の友人以外は。ジェットコースター乗ってるし、多分ワ―とかギャーとか言いたいんだろうけど、口内に湧くものが溜まってるから口を開けられなくて「ウッー……ンッー……」とか言ってる。私は友人の様子が気になって全く楽しめず終始無言。ブルスト片手に全裸でトランポリンするドイツ人並みの真顔で乗ってた。

 こんな夢の国、聞いたことがねぇよ。

 そんな調子でコースターは一周を終えた。
 そしてコースターを降りてみると、またもや友人に異変が起きている。さっきまでの青い顔はどこへやら、青雲の歌のような晴れやかな表情を顔に浮かべているのだ。ふざけんなよ。

 「あれ、いきなり顔色良くなってない?」と聞いたところ、友人は「走ってる最中我慢が出来なくなって口の中に溜まってたのを全部出したら、スッキリした」と……。

 ……きったねぇ……。
 今思い出して書いていて完全にヒいてるんですけど、当時は馬鹿だったので「キッタネェ!!!!」とその場で大爆笑!!!!

朝日「どの辺で出したんだ」
友人「多分、一番高いとこ」

 よりにもよって頂上で。アホだこいつ、と思ったが、宇宙山もまさか北関東のガキに痰壺代わりにされるとは思ってなかったでしょうね。でも、まぁ、宇宙は色んなことがあるから……ダークマターとか、スペースデブリの一部だと思えばいいでしょう。

 結局ウォーターミシュランの結果は不明のまま、小さな世界の水はマズく、そして口にすると唾と痰が湧き続けるという呪いが掛かる、という結論を胸に、私たちは夢の王国を後にした。水中、それは苦しい。

 そんなことがあってから10年位経って、また別の友達と千葉のでかい遊園地に行った。テンションひっくい、夢の国に不適切な大人二人で。

 なんせ私もその時一緒に行った友人もテンションが低いので、死ぬ前に一回楽しいとこ来っとこうか? くらいの雰囲気で園内を唯ぼんやり徘徊していた。今思えば、何で行ったんだ? この後に表記する事件以外は、ベンチに座ってポップコーンを土鳩にやってた記憶しかないんだけど。

 でもまぁさすがに何も乗らないのもつまらないし、次に目についたやつにでも乗る? と話しながら歩いていた時、私たちの目の前に宇宙山がその姿を現した。平日で人も少なかったし、これでいいかと宇宙山に入る。

 友達と何組か前にいる喧嘩するカップルの真似をしながら列に並び、ほんの10分足らずで搭乗口まで辿り着いた。搭乗後も二人して「はぁ……うん……そう……」みたいなマグロ反応しながら機械に揺られていたんですが、走行中に機械が突然スピードダウンし、やがて緊急停止。停止した直後にパッ! と明かりが点いた。記憶の限りでは、宇宙山の中身はサーカス小屋の中に組まれた立体駐車場みたいな内装で、私たちが乗っていた車両が止まった場所は……限りなく頂上に近い場所だった。

 そこはおそらく当時から10年前、小学生の時の友人が大量に唾を吐き出したっつってた場所。「ただ今走行中に安全装置が」みたいなアナウンス流れてたけど、この時に関しては、絶対あの時の小さな世界の水の呪いだと思う。

 それからコースターは20分ほど動かず、結局スタッフの手押しで降車口まで行き、帰りに乗り物の優先搭乗券みたいの貰った。

 その時を最後に千葉のでかい遊園地行ってないんですが、まぁー、次行くとしたら子供が出来た時くらいじゃないでしょうか。ただ、どっかの誰かと遺伝子情報を共有する機会が一生なさそうなので、今後多分一生行くこたないだろうねってことです、はい。

 とかいって半年後位に行ってたら、すっげぇやだよね。「スペース◎マウンテン止まったwwwwウェイwwww」とかって、ピースして画素数荒い写メ添付してツイートしたりして。きったねぇ茶髪のアースアンドエコロジーみたいな二人組の女とか背後に映り込んでたりして。

 やだー、二万円握りしめて遠くの県から出て来たバカい学生感すごーい!
 もう東京デ〇ィズニーランドなんか行かなぁーーい!!
2014-07-25 23:22 : 事件 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

江戸川花火大会2013

 毎年夏恒例、江戸川花火大会に今年も参戦してまいりました。


1513.jpg


 去年→http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-643.html
 2010年→http://wiltrud.blog91.fc2.com/blog-entry-361.html


 去年は河川敷ではためいていたフルチンの旗(看板)が、今年はついに市川駅ビルシャポー憩いの広場に進出!


IMG_0302.jpg


 フルチンチームとナマコチーム、どっちも「ボロンッ」とか「ぶらっ」っていう効果音が似合いそうです。

IMG_0306.jpg
IMG_0305.jpg
IMG_0311.jpg
16.jpg


 堂々と酒の近くに座り込む向月総裁。


IMG_0309.jpg


 セレ部。

 ところで、私たちのいる場所の後ろにいた別のチームの若い男女が、どいつもこいつも着物のパンツ丸見えだったんすよ。

 私が「パンツ丸見えなのはいいんですけれど、ここホモばっかですよ」と忠告する横で、eveさんが「向月さん、パンツ見えてる若い子いますよ!」と向月さんを召喚、ただちに隣のNステチームから「どこどこどこ!」と向月さんが飛んでくる。

 しかし注意をした後だったので男子は既にしっかりと着物を直していて、「あなたのせいじゃない! んもーっ!」と向月さんからしばかれる羽目になった。

 その出来事を筆頭に、今回も色んなミラクルが巻き起こった。

 バイトしていたラーメン屋が潰れ、オーナーが経営してる焼肉屋でバイトしないかと誘われ、なぜかハプバーで働かされた男子の話。

 初めて花火大会に参加したカワちゃんの友達の会社の先輩が、かふかさんの在籍しているSMバーに通っていることが判明したこと。

 百音子ちゃんが漫画で緊縛を描く際※にeveさんから詳しく緊縛の知識を聞き、聞いた知識をもとに漫画や扉絵を描いたら、緊縛に興味を持つ読者から「こういう、緊縛の絵が正しく描かれている漫画を読みたかったんです」というファンレターが届いたという話。

 異常、いや以上が今回の主なミラクルです。

※これ


※web配信はこちら
http://www.june-net.com/shop/cominfo2149.html

 でもその起こったミラクルの大体が、ハプバーやSM関係での出来事だということをお伝えしたく。普段、性癖ライフストリームのなかで迷った羊たちを導く役目を背負っている女王様やプロフェッショナル変態も、肩を並べて花火を見たい日がある……みんな、ここから離れるんだ。呪われるぞ!(来年の場所取りに向けて!)

 あと、eveさんから聞いたチンコスカウターを持つ女王様の話が面白かった。その女王様は男の顔を見ただけでチンコの形が分かるだけではなく、手付きや仕草でその男のセックス中の作法も分かる、らしい。今度紹介して下さるそうなので、楽しみです笑。

 私はこの花火大会で、綺麗なお尻の女性に顔面騎乗をしてもらうという目標が出来ました。今年か来年には実現したいですね、尻の谷間で悟りを開きたい。

 続きは追記で。

続きを読む

2013-08-08 01:20 : 事件 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :

MyStartとの戦い

ブラウザやタブ開くと勝手に表示されるMyStartの駆除してたら、もうこんな時間だよ! 朝じゃねぇか! ふざけやがって! 7月にパソコンが壊れたばかりだっつーに、これ以上追い詰めないでくれ頼むから!

怒りにまかせてブログ書いてるわけですけれども! 他の記事書かずに何やってんすかね私は!

前回同様、九月に入ってからも慌ただしい日が続いております。いやこれはホント……。

しかしそんな中でわけのわからん迷惑なソフトに勝手に入られちゃ、溜まったもんじゃねぇ! MyStartもhttp://juego.comも闇に滅せ!!

そういうわけで、MyStartとの戦いを終え、今現在これを書いているわけです。もーブラウザのどこ開いてもMyStarが表示されるんだもん、やんなっちゃった。

ちなみに私がこの被害に遭ったきっかけは、海外のフォントをダウンロードしたことがきっかけでした。
ここ→http://jp.ffonts.net/
このサイトからダウンロードするの、やめた方がいいかもしんねぇス……。すごく使いやすそうなフォントたくさんあって、魅力的なんですけれどね。

このままじゃどうしようもないので駆除方法を検索してみたら、同じようなMyStart被害に遭っている方が結構いらっしゃった。なので、駆除の際にとても参考になったサイトを貼って、今日は寝ようと思います。というか、自分自身へのメモ代わりに……またこういう事態に遭った時のため(今後は極力こういう事態に遭いたくないけど。)あ、私のOSはWindows7、使用ブラウザはfirefoxです。


1:こちらのページを見ながら駆除しました、ものすごく分かりやすいです。
http://blog.livedoor.jp/jingo2010/archives/52035728.html

2:こちらはBabylon Search削除の記事ですが、同じく参考にしました。
http://blog.livedoor.jp/gela_gela/archives/51842134.html

3:知恵袋では、これが一番わかりやすかったかも……私はこれで解決しなかったけれども、これで解決する方もいるかもしれないので、とりあえず。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1391871273?fr=rcmd_chie_detail


しかし、私は最初に貼った記事の方法を全て経てMyStartの駆除をした後でも、タブを開くたびjuego.comという変なサイトが表示されるという事態に遭い……どこまで迷惑なんだ、あのソフトは。

私はこういう迷惑ソフト対処法には全く詳しくないのですが、なんとかそれも解決だけは出来たので……方法に自信はないけど、こんな感じで解決しましたというのを載せます。

1:コントロールパネルとコンピューターのProgram Filesから「hao123」というファイルと、「Incredibar」を削除。一応両方確認してください、どちらかにしぶとく残っていたりします。(あとfirefox使っている方は、アドオンもチェックしてください。見覚えのないツールバーが勝手に追加されてたりします。)

2:ブラウザを開き、URL入力欄にabout:configと入れる。keyword.URLを検索して、about:blankと記入されているかを見る。
※この時点で私はkeyword.URLをabout:blankと入れていたのですが、なんでそれでjuegoが表示されていたのかが、謎すぎる……もしかしてそれが間違ってたのかな。


3:次にbrowser.newtab.urlを検索。右クリックで値を変更→記入欄に新しくタブを開いた時に表示させたいサイト(yahooとかgoogleとか)のURLを入力、何も表示させたくなきゃabout:blankと入力


これで一応解決しました……。

もしこういうのに詳しい方がここを訪問していたら、是非正しい解説をコメント欄にお願いします……!

そして私はそろそろ寝ます、おやすみマサイ。Jambo、KEN!
2012-09-17 07:36 : 事件 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

江戸川花火大会2012

江戸川花火大会2012


江戸川防衛軍の朝は早い。
そして江戸川防衛軍の戦いは、花火大会の二ヶ月も前から始まっている。

この記事の前に、浦和ナルシスの記事がありましたね。七月初め位に書いたやつ。実はそこでフルチンさんから、私はある衝撃的なものを見せてもらっていた。

その衝撃的なものとはメールフォルダなんですが、フルチンさんが見せてくれたメールフォルダには、こんな文面のメールがつらつらと並んでいる。


「場所取り、今の状況はこんな状況です」
「今日も守り切りました」
「お疲れさまでした」


花火大会の場所取りの、連絡網である。
そう、実はもうこの時から、防衛軍の場所取り合戦は始まっていたのだ。


江戸川花火大会2012



そういうわけで、期間が空いてしまったけれど、江戸川花火大会の日記を書こうと思います。一昨年の様子はこちら。(去年は自粛でした。)

毎年、SS席並みの場所※を確保してくださっているフルチンさん始め、防衛軍の皆様には大変感謝しています。

※打ち上げ位置が真正面
江戸川花火大会2012


同時にその場所取りの実況の素晴らしさに、毎回腹筋をイカされそうになっている。

前回もそうだったんですが、今回はなんであんなに面白いのか、ある種の恐怖すら感じる面白さだった。印象的なものをピックアップすると、まず、旗の話。

ある日の夜、「花火大会の日、フルチンの旗を立てようかな(後から来る人がわかりやすいように)……」という内容の呟きが、TLに流れてきた。発信者は、もちろんフルチンさん。

……旗!?

それはつまり、こういう事なんだろうか?


江戸川花火大会2012


まさかな……と思い、絵付きで「マジで立てんのかな!?」と呟いたところ、フルチンさんから返信が。

「え? 駄目?」

フルチンさんは、本気だった。


更に防衛軍の援護(場所取りには人数が必要)にeveさんが名乗りを上げた際の、二人の会話。


eveさん「一本鞭は必要ですか!?」

フルチンさん「E華会(隣で場所取りしてる団体)の男達はドMっぽいので、あったら役に立つかも!」

eveさん「了解です!」


追い打ちをかけるように「川の向こうから敵軍が攻めてくるかも!!!」という呟きも流れてくる。夏、江戸川のほとりは平成の合戦場と化す!

そんな激戦を経て、毎年、あの江戸川の特等席が守られているという……それを思うと、一つの戦国を見たような気分になると同時に、エノケンとび助冒険旅行のような滅茶苦茶な映画を観たような気分になれます。

そして当日、現地へ向かってみると

江戸川花火大会2012


ほんとに旗が……!


江戸川花火大会2012


テントまで!


続きは追記から。

続きを読む

2012-08-30 23:07 : 事件 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

朝陽

Author:朝陽
ただの白痴

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内記事検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。